読書メーターあなたの読書量を記録・管理

まつど@理工
さんの感想・レビュー

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loading
Loading

まつど@理工
さんの最近の感想・レビュー

ベッドサイドを科学する―看護に生かす物理学

ベッドサイドを科学する―看護に生かす物理学

平田 雅子
本書は文系物理程度の知識があればすべて読める(高校生も興味があれば手に取ってほ…続きを読む
建築学生のハローワーク (建築文化シナジー)

建築学生のハローワーク (建築文化シナジー)

(2012年改訂増補版)52種類の職業と建築とのつながりを説明してくれる本。「…続きを読む
【新版】使える!土木工学‾工学で現場力をパワーアップ (元気の出る土木の現場シリーズ)

【新版】使える!土木工学‾工学で現場力をパワーアップ (元気の出る土木の現場シリーズ)

新川 隆夫,吉川 正,鬼木 剛一
はじめて手に取った土木工学の本。現場ですぐ使える知識を分かりやすく説明したと書…続きを読む
数学教育学研究ハンドブック

数学教育学研究ハンドブック

<2010年10月初版>数学教育に関する良質なリファレンス。大学生で数学教師を…続きを読む
食と農の社会学: 生命と地域の視点から (MINERVA TEXT LIBRALY)

食と農の社会学: 生命と地域の視点から (MINERVA TEXT LIBRALY)

桝潟 俊子,立川 雅司,谷口 吉光
食と農をめぐる諸問題を社会学のアプローチによって次の3つの視点から解き明かす。…続きを読む

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/07/31(2839日経過)
記録初日
2013/06/21(2879日経過)
読んだ本
833冊(1日平均0.29冊)
読んだページ
200842ページ(1日平均69ページ)
感想・レビュー
248件(投稿率29.8%)
本棚
9棚
性別
URL/ブログ
http://tokeeplearning.blog.fc2.com/
自己紹介

理数、学参、ラノベ系用アカウント。(ふつうの読書は まつど@人文 の方でやってるのでそっちもよろしく。プロフィールの下にリンクあり。)

理工アカウントは勉強用に閲覧目的でフォローすることが多く、あまりお気に入り返しをしません。

勉強用のライフログです。本を読んで疑問に思うようなことを記録するためにやっています。ですので、間違いもたくさんあります。気に障るようなことも書くかもしれません。基本は自分に対して問うているものであり、特定の他者を攻撃する意図はありません。このことを重々承知のうえお気に入り登録をお考えください。

最近はTwitterの方にいることが多いです。
https://twitter.com/matsudotsuyoshi

★自分で自分が本当に欲しいカリキュラムをつくってみる遊びのすすめ HP「私家版 カリキュラム研究所」 (2013-2014年)
http://tokeeplearning.blog.fc2.com/
現在は教育学部に所属して、カリキュラムやシラバスをデータベースに整理して内容分析や視覚化を図ることで、生涯学習における意思決定を手助けをすることができないかどうか模索しています。fc2のサイト更新は当分見送り。



★アニメ私的ベスト100 (2017年)
http://tyorobu-matsudotsuyoshi.hatenablog.com/entry/2017/05/09/234330
ネットで読めるアニメ批評や感想を収集して、創作などに生かす方法についても模索しています。



★読書猿・アイデア大全関連ツイートまとめ (2017年)
https://togetter.com/li/1111449
引き続き、ネットの学習コンテンツを収集し整理するために学習を続けていますが、納得のいく形で提供できないためTwitterなどで限定的に公開するに留めています。最近では読書猿ブログの手法を批判的に考察するなかで、自分のできそうなことを考えています。





まつど@人文 
http://book.akahoshitakuya.com/u/336423
音楽メーター(停止中)
http://ongakumeter.com/u/14797
鑑賞メーター(停止中)
http://video.akahoshitakuya.com/u/117864
ブクログ(停止中)
http://booklog.jp/users/matsudotsuyoshi
メディアマーカー(停止中)
http://mediamarker.net/u/tyorobu/

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう