読書メーターあなたの読書量を記録・管理

8月の読書メーターまとめ

わたー
読んだ本
35
読んだページ
5782ページ
感想・レビュー
35
ナイス
1559ナイス

8月に読んだ本
35

8月のお気に入り登録
1

  • maison

8月のお気に入られ登録
3

  • maison
  • ヨシ
  • Keigo

8月のトップ感想・レビュー!

わたー
★★★★★この作品を読めて本当に幸せだ。女王への挑戦権を得た天衣。浪速の白雪姫VS神戸のシンデレラという、奇しくも童話対決とでもいうべき対決だったが、その対局内容は凄まじいの一言。そして、1冊まるまる使って、天ちゃんの内面、ルーツ、想いをこれでもかと書き綴っているので、まさに天ちゃんのための1冊というべき濃い内容だった。目頭が熱い。ますます、天ちゃんを好きになったが、クズはさっさと頓死しろ。ちゃんと師匠らしいことをして、それがすごく刺さって感動したのに…この感動を返せ。
が「ナイス!」と言っています。

8月のトップつぶやき!

わたー

いつも感想が早いあの人とか、よくそんなに読む時間あるななあの人とか、趣味丸かぶりなあの人よりもはやく感想をあげれるとちょっと嬉しい。決して張り合っているわけではないのですが、ちょっと嬉しい。

わたー
2018/08/20 02:27

王女様は残念ながら私のイメージした中には入っていませんでした。最近、姿をお見かけしていなかったもので。

紀革一
2018/09/06 23:29

私もその中に入ってたりするのか気になってなんかないんだからね。

が「ナイス!」と言っています。

8月の感想・レビュー一覧
35

わたー
【試し読み】★★☆☆☆壮大な一大叙情詩が始まるような予感がしたが、試し読みだけではイマイチ判断に困るかなと。キャラをつかみかけて、さあ、これからだぞというところで終わっているので。また、序盤から重厚過ぎて胃もたれ気味だった。時流に真っ向から叛逆している内容でどこまで続けることができるのだろうか。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
【試し読み】★★★★☆あんまぁーーーい。異世界で『魔王』の名で恐れられてきた主人公が、心優しいヒロインに召喚されて、家族として生活していく物語。糖度MAXな甘い展開に、リアル寄りな幼女との会話シーン。自然と頬が緩むような内容に思わずほっこり。試し読み部分だけでも十分楽しむことができた。それにしても、著者は短期間に作品を刊行しすぎじゃないかな。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
【試し読み】★★★★☆謎の時間ループに囚われてしまった主人公。ループを脱出する鍵は、こっぴどくフラれてしまったヒロインと仲良くなることだった。というところから始まるラブコメ。攻略情報のないギャルゲを総当たりでプレイするかのような感覚に陥った。何度も繰り返すことで彼女の魅力がどんどん増していく一方、ループというある種のズルで関係を進展させていくという後ろめたさがいいスパイスになっていた。これから起こるであろう物語の「転」と「結」が楽しみだ。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
【試し読み】★★★★☆これはなかなか。嘘がわかる主人公、嘘を話さない川端、嘘で塗り固められた佐倉の3人を中心にした青春モノ。序盤は甘酸っぱいラブストーリーかと思って読み進めていたので、川端の親友の死の真相を探るというミステリ寄りに転がったのには驚いたが、安定した語り口で最後まで一息に読んでしまった。読み進めていくと、佐倉がどんどん魅力的に映っていくという不思議。結末が気になる。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★ようやく恋人同士になったのも束の間、パウさんの転勤で遠距離恋愛になってしまう二人。でも、長年、連れ添った二人には距離の壁なんて大きな障害にはならなかったな。というか、日常を普通に送っているせいで、再会した時の時のゴローさんの可愛さが炸裂していたんだが。もうね、あっまいの。でも、それが嫌じゃないの。そしてラストは、珍しく男を見せたパウさん。いい。凄くいい。ああ、堪能した。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★☆魔王軍の元幹部、地獄の公爵バニルを主人公にしたこのすばスピンオフのコミカライズ。本編のコミカライズではまだ登場していないアイリスが可愛いし、受付嬢さんは不憫かわいい。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★☆デイルとラティナが里帰りで旅立つまでを収録。やっぱりラティナは可愛いなあ。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
【試し読み】★★★★★VR FPSのプロゲーマーとなった主人公が、ぼくの考えたさいきょうのチームでプロチームを結成する物語。チームのメンバーが主人公以外、十代の女の子だったり、登場人物の女性比率が高すぎたりするが、チームとしての問題点に一つ一つ向き合い解決していく姿は、王道のスポ根モノとして面白かった。そして、とある挿絵が素晴らしすぎる。特に、妹ちゃんの浮き出たアバラが最高だと思いました。全体的に挿絵のクオリティとフェチズムが高いので大満足。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
【試し読み】★★☆☆☆ニュンペーという希少種族になったとあるプレイヤーが、まったりVRMMOを楽しんでいくという作品。主人公のプレイ日記を読んでいるように淡々と進む物語は、先行作品とテイストが似ていたように思える。あと、VRMMOモノなのに、主人公はいつログアウトしているんですかね?セルフでデスゲームをやってるんですかね?
が「ナイス!」と言っています。
わたー
【試し読み】★★★☆☆ドルオタな主人公が転生した先で魔王の少女をアイドルとしてプロデュースする物語。主人公の行動が完全に警察案件な点を除けば、転生モノの基本に忠実な作りになっているので、軽く読むにはよかった。ややご都合主義が先行するのはご愛敬かなと。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★完結。1巻で提示されていた通りの結末で、これ以外のラストなんて考えられないのに、巨大な喪失感だけが残る最期だった。眠らずの輝将とのラストバトルは、陸海全ての戦力を総動員したかつてない規模での戦争。展開ひとつひとつに手に汗を握り、そのあっけない幕切れとそこから続く真のラストに、目元をぐちゃぐちゃにしながら読み終えた。個人的に納得はできないが素晴らしい。良いものを読んだ。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★原作に忠実に、そこに大暮維人のエッセンスが混ざることで、素晴らしい化学変化を起こしていたように思える。内容はひたぎクラブ後編とまよいマイマイの序盤。アニメではカットされていたくだりも収録されているので、原作ファンには嬉しい限り。このままのクオリティで最後までコミカライズしてほしい。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★前回とは打って変わって短編メインの構成。個人的には、原作の持つ毒や皮肉は短編にこそ如実に現れると思っているので、短編中心の方が良かったりする。次巻にも期待。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★精霊たちを全て殺され、絶望の淵に立った士道に残された、決戦前への時間遡行。始原の精霊に対し、精霊全員でのデート攻略とその後の総力戦は、まさにシリーズの集大成というべきこのシリーズ『らしさ』が詰まった内容で面白かった。30年の妄執に囚われた澪のたったひとつの秘めた想いと、その想いを察しながらも、それでも澪を救うために奔走した士道。二人の想いの果ての結末は、確かにトゥルーエンドとしか表現できない。そして、物語は次なるステージへと。いったい私はいつまで作者の掌の上で踊らされなければいけないのだろうか。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★☆☆安室さんファンに捧ぐ1冊。話題になっていたので読んでみたが、可もなく不可もなく。安室さんのカッコよさにときめけばいいのか、シリアスな笑いに笑えばいいのか難しい。
?&!
2018/08/27 10:09

わたーさん。こんにちは。ミステリが大好きな?&!です。?&!はミステリファンで安室ファンではありませんし男性ですのでもちろんときめきません。?&!は本編では描かれない安室の日常と本編との整合性に「なるほど~!」と感心しながら読んでいます。なんといっても青山剛昌本人が全力総監修していますからファンの自己満足なときにおちょくりの同人誌とは一線を画していると思うのです。(?&!のレビューは8月8日のところにあります。)

が「ナイス!」と言っています。
わたー
【試し読み】★★☆☆☆ライトな空戦モノ。ライト過ぎるのが私には合わなかったかなあと。近未来を舞台としているのにろくに説明をせずに、ただヒロインを大量に投入されても…ヒロインが魅力的ならまだよかったが、試し読みまでではそうとは言えず、残念。主人公の目元が、往年のギャルゲよろしく隠れていたのだが、なにか意図があるのだろうか。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★C94新刊。サバサバ系の気っ風のいいお姉さんの北斎ちゃんと、しっかりものでちょっぴり背伸びをしたいアビーちゃん。二人の掛け合いが最高に尊い。特に、FGO3周年フェスで公開された二人の私服姿。Twitter上で掲載された時に読んだが、改めて読んでもまたいいものだ。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★フォーリナー2人による日常マンガ。5月の段階ではゲーム内で絡みもなかったはずだが、よくぞここまでの作品をだしてくれたものだと感謝しかない。尊みの塊。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★FGOフェス2018で発売された、FGO3周年記念のムック本。今回のフェスのコンセプトである旅行をテーマに、総勢39騎のサーヴァントたちの姿が収録されている1冊。フェスの思い出が蘇ってくるようでとても良かった。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★2017年初頭の武蔵ちゃんから10月実装のパールさんまでを収録。武蔵ちゃんが初っ端から多くの誌面を費やしていて、なんで私のカルデアにはお迎えできていないのだと絶望した。現在開催中の2018年水着イベントのキャラにも言及されていたのは良かった。ただ、水着エレナの再臨段階が間違っていることが気になったかな。
Fate/Grand Order material V
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★C94新刊。今回の増刊号はFGOのぐだぐだイベント3、ぐだぐだ帝都聖杯奇譚の裏話。サンキューpako、サンキューlack。そして、ナイスキャスティング経験値。経験値は…マンガの…天才じゃぁぁあああ。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★☆C94。いい感じの表紙イラストがなかったので代用。カッタとQPのFGOケモミミ合同誌…に、ゲストもイラストを寄稿しているのですごく豪華な一冊に仕上がっている。初出はpixiv系のイベントのようだが、そこから書き下ろしを加えているので実質、新刊のようなもの。堪能した
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★C94新刊。収録されているネタは1100万DL突破のころなので、まだまだ尽きないですよね、次回も期待しています(ニッコリ
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★C94新刊。ちっちゃなぐだ子とじいじの話も第6弾に。エドモンに嫉妬するじいじが可愛すぎかよ。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★C94新刊。表紙だけは夏真っ盛りだが、内容は年末年始を中心に。半年前とは思えない懐かしさに、安定の面々でとても楽しめた。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★サテーさんがTwitterで定期的に呟いているFGOまとめを1冊にした同人誌。2018年1月~2018年7月までを収録しており、この半年を振り替えるにはもってこいの内容。そして、会場限定のおまけ冊子の破壊力たるや。2部2章尊いんじゃああ。いったいいつこれを描いたのかだけは謎。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★某ネット通販サイトではDVD扱いになっているため登録。標記のとおり、サービス開始から第一部ラストまでに実装された概念礼装を画集としてまとめた1冊。何度も出てきて恥ずかしくないんですか?な礼装から、結局、手に入れることができなかった礼装まで、どの礼装にも思い入れがあるので、感慨深い。このまま第二弾、第三弾と定期的に出してくれると嬉しい。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★遂にタール火山基地攻略が始まった。サンダーボルト宙域の遺産、ビッグガンを擁するダリルのサイコ・ザク。対するはアトラスを中心に据えたスパルタン部隊。サイコ・ザクを巡る争いは佳境へと至る。双方の絆を改めて描いた後に、泥沼の戦場を描写しているので、ハラハラしっぱなしだった。続きをはやく。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★アニメではサクッと流されてしまったイカちゃん回を丁寧に描いているのでとてもよかった。丁寧に描きすぎていて、原作以上にイっちゃってるキャラになっているのもご愛敬。闇堕ちあいちゃんが次回、どう殻を破るのか楽しみにしたい。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★この作品を読めて本当に幸せだ。女王への挑戦権を得た天衣。浪速の白雪姫VS神戸のシンデレラという、奇しくも童話対決とでもいうべき対決だったが、その対局内容は凄まじいの一言。そして、1冊まるまる使って、天ちゃんの内面、ルーツ、想いをこれでもかと書き綴っているので、まさに天ちゃんのための1冊というべき濃い内容だった。目頭が熱い。ますます、天ちゃんを好きになったが、クズはさっさと頓死しろ。ちゃんと師匠らしいことをして、それがすごく刺さって感動したのに…この感動を返せ。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★二年生の夏はまだまだ続くんじゃ。チエちゃんの浴衣姿は二回目だけど可愛いんじゃあ。言うことなし。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★デスアイランド編完結。終始ぞわぞわしっぱなしだった。台風というアクシデントをものともせずに、スケジュールさえ操ってみせる天使と、天使の仮面を剥がそうと体当たりでぶつかっていくブルドーザー。好対照な千世子と夜凪がこの間でも光っていた。そして次なる才能は、カメレオン型俳優の鬼才、明神阿良也。彼との邂逅がなにを生み出すのか楽しみだ。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★☆序盤の頃のような勢いはなくなったが、安定したイチャイチャが展開される。これはこれでいいものだ。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★後々、マインの暴走に振り回される神官長とのはじめての邂逅。この頃は、長い付き合いになることなど微塵も思っていなかっただろうに。なんだか感慨深い。原作でボロ泣きしたマインと家族の絆の前には、メディアの違いなんて関係なかった。そして物語は第2部へと。作画は引き続きなので安心して待っていられる。
が「ナイス!」と言っています。
わたー
★★★★★一見すると穏やかに流れていく日常と、その裏で胎動する闇。バトル自体は少ないが、それでもランサーVS真アサシン戦は迫力があってよかった。そして、真アサシンの宝具解放でシメ。マンガ映えする作画が最高にクール。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2014/06/12(1567日経過)
記録初日
2013/10/01(1821日経過)
読んだ本
2785冊(1日平均1.53冊)
読んだページ
693349ページ(1日平均380ページ)
感想・レビュー
1984件(投稿率71.2%)
本棚
10棚
性別
職業
技術系
現住所
静岡県
自己紹介

ライトノベルが好きです。最近はライトノベルばかり読んでいます。読メ登録は2014年6月からです。
常に面白いラノベに飢えており、積ん読が沢山あるのに新作に手を出したりしています。気軽にお気に入りしていただけると嬉しいです。
ちょこちょこと感想をあげていきますが、基本的に採点は甘めです。自分が後で見やすいためだけに、星5段階で評価しています。

ブログを始めました。
そちらも是非。
http://watar091.hatenablog.jp


好きなシリーズ
キノの旅
その他時雨沢作品全て
俺ガイル
SAO
AW
HO
禁書
ロウきゅーぶ
天使の3P
青春ブタ野郎
ウチの娘~
エロマンガ先生



好きなシリーズは多いので隙を見て更新していきます。
(2017年1月更新)

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう