読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年5月の読書メーターまとめ

月猫夕霧/いのうえそう
読んだ本
13
読んだページ
2029ページ
感想・レビュー
5
ナイス
27ナイス

2022年5月に読んだ本
13

2022年5月にナイスが最も多かった感想・レビュー

月猫夕霧/いのうえそう
村山先生の本も見かけると買ってしまっている気がします(天文の先生には、指名買いする方が多いです)。村山さんって、難しいことをわかりやすく、かつ楽しそうに話すのが好きなんです。この本も宇宙の法則を一つの綺麗な数式で表現したいという想いが物理学の原動力だということを楽しそうに説明していきます。とはいえ、その数式はいくら見ても訳が分からないのですが……。
が「ナイス!」と言っています。

2022年5月にナイスが最も多かったつぶやき

月猫夕霧/いのうえそう

3月は薄い本(同人誌でなくディアゴスティーニ)や写真集でドーピングして、久しぶりに目標の15冊3000ページ以上に行きました。4月は年度末進行も無いから、ドーピング無しで達成したいなぁと。 2022年3月の読書メーター 読んだ本の数:19冊 読んだページ数:3177ページ ナイス数:68ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/86522/summary/monthly/2022/3

が「ナイス!」と言っています。

2022年5月の感想・レビュー一覧
5

月猫夕霧/いのうえそう
司馬遼太郎をなにも読んでないのも良くないと思って「街道をゆく」シリーズを読み始めて、ついに20巻まで来ました。今回は中国の内陸へ。40年前の中国なので、今と政策などが違う様子も見え隠れします。旅は日本人というか稲作の源流を探すような感じになってます。雲南辺りの人が日本まで流れ着いたのかどうかはともかくとして、気候が似ている点などで長江流域と日本の間に一定の影響は有ったのかもしれませんなと少し思いました。
が「ナイス!」と言っています。
月猫夕霧/いのうえそう
江戸琳派の代表選手、酒井抱一の活動を時間軸で振り返ります、という本ではあるのですが、この本の珍しいところは絵画だけでなく俳諧も(というか俳諧の方をメインとして)記載しています。普段展覧会に行っても俳諧の話は出てきませんから、これだけ俳諧の話が出てくると新鮮だし、そもそも俳諧があまり得意でないので良く判らないな~と思いながら読んでおりました。それにしても、描いた絵の中にも俳諧が下敷きになっている作品が有るという指摘は新鮮でした。
が「ナイス!」と言っています。
月猫夕霧/いのうえそう
山口恵梨子女流による将棋界豆知識を漫画にしたものです。この本ではすっかりボケ役の山口女流ですが、昨年度は勝率ランキングで4位になる強豪です。先日も女流順位戦で昇級しましたし、今後の活躍が注目です。とはいえ、この本の中にも書いてますが、最近普及の時間を減らして強くなることに時間を割いた効果でもあるので、ABEMAなどの対局中継の聞き手として見る機会が減ったのが残念で。また高見七段に言いたい放題を言って、おいっと言われるのが見たいです……(全く本の感想じゃないな、この文)
が「ナイス!」と言っています。
月猫夕霧/いのうえそう
村山先生の本も見かけると買ってしまっている気がします(天文の先生には、指名買いする方が多いです)。村山さんって、難しいことをわかりやすく、かつ楽しそうに話すのが好きなんです。この本も宇宙の法則を一つの綺麗な数式で表現したいという想いが物理学の原動力だということを楽しそうに説明していきます。とはいえ、その数式はいくら見ても訳が分からないのですが……。
が「ナイス!」と言っています。
月猫夕霧/いのうえそう
国立天文台の渡部副台長の本は見かけると手に取っているように思います。この本では古代の遺跡などが天体の動きと関連があるのではないかという仮説を追いかける古天文学をテーマにしています。この分野、昔の星の並びをコンピューターでシミュレーション出来るようになってから一気に発展しましたね。それにしても藤ノ木古墳に描かれた星図は、いったいいつの時代の空を描いたものなんでしょうね。というか、いつの時代に描かれたものなのかを検討できる精度で描かれているのも凄いことです。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/01/02(4295日経過)
記録初日
2013/08/06(3348日経過)
読んだ本
646冊(1日平均0.19冊)
読んだページ
128055ページ(1日平均38ページ)
感想・レビュー
136件(投稿率21.1%)
本棚
22棚
性別
現住所
東京都
外部サイト
URL/ブログ
https://lunacat.yugiri.org/
自己紹介

鉄道、美術、地理、歴史を雑食

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう