読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

igaiga
読んだ本
23
読んだページ
8216ページ
感想・レビュー
23
ナイス
752ナイス

11月に読んだ本
23

11月のトップ感想・レビュー!

igaiga
面白かったけど登場人物が複雑すぎー。特に犯人。この人の複雑さは読み終わった後でも理解できない。犯人も理解できないが、匿名の電話した人もまた歪んでるなぁー。この人たちに振り回されたホテル側・・・なんかとても気の毒。
が「ナイス!」と言っています。

11月のトップつぶやき!

igaiga

【献本プレゼント】読書メーターで、瑞々しい青春小説「ふたご」の献本に応募しました!応募締め切りは11月30日!応募はこちら→ https://bookmeter.com/giftbooks/213

が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
23

igaiga
刀之津診療所だけ5回くらいは読んだー(笑) なんというか・・・大人になってたんだね(T_T) 嬉しいやら寂しいやら。「身内」と呼べるあの人が登場はしなかったものの変わらず元気で嬉しい。xシリーズに向かう大切な話もあったろ位林さんのクズっぷりもあったり。割と豪華な1冊。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
予想の斜め上をいくオチだったなぁー。途中まではワクワクして読みましたので、出来れば「そこ」でとどめてくれるとまた違ったのではないかと。でも、この終わり方でも十分楽しめました。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
これもれんちゃん&紫子さん目当て。こっちの方が楽しそうで好きだなぁー。しかしフランソワ・・・君の名前はあの建物の名前ではないはず。そしてS&Mではあの方が結婚するとは驚いたよー。これって簡単に短編扱いでいいの??
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
よく発達障害で警察庁に就職できたなぁー。かなり個性的なメンバーでした。警察小説ながら殆ど警察小説っぽくなく(^^;)犯人に対しては気持ち悪いの一言でした。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
近未来のアナログ人間の話。長いんだけど山萩さんの流れを考えると妥当な長さ?いや・・・違う。やっぱり長い。でも、小ネタがいちいち面白くて声出して笑ってしまいました。特に落語家アンドロイド。あれは・・・本人の顔わかるだけにおかしかった。あとゴジラの夢も。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
まさに今の日本が危惧している内容。天皇制の有無であってり、女系天皇ということで今騒がれているけれどもしかしたらすでに・・・的な話でとても興味深く読みました。「徳」とついている天皇は怨霊だらけとか!?となると、次の天皇のお名前に「徳」ありますよね?それも気になるー。
山本真一郎
2017/11/23 12:12

井沢元彦氏は著作「逆説の日本史」の中で「聖『徳』太子」怨霊説を唱えていますね。

igaiga
2017/11/24 09:35

そうなんですねー。私は聖徳太子は「カンナ」で読んだ説がお気に入りでしてそっちだったらいいなと思ってます。

が「ナイス!」と言っています。
igaiga
本を書いている人の文章がなんというか想像力ありありでこまった。「こんなふうにしたのだろうか?」とか。そういうのが多くて興ざめです。ドラマよりも波乱もなく、そういう意味ではよくこの題材で朝ドラになったなーというくらい波乱のない羨ましい人生に思います。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
れんちゃんと紫子さん目当て。Vシリーズで説明不足だったれんちゃんと纐纈さんの出会いの模様が描かれてます。森さんの短編集は妙にぞくりとする感じで好きだ。で、解説が富樫義博さん・・このころはお元気だったのかな。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
酷いね(笑) 金本はどうなったんだろう。奥田英朗さんの「最悪」みたいな話かなー。ジェットコースター的に悪い方向へ転がりだすっていう。佐々木が気の毒だったなぁー。せっかく幸せが舞い込んできたと思っていたのに。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
本編終了から2年後という設定なのにいまだ「棚旗」奈々だったとは!いつ・・・いつーーー桑原になるのー!!と力む(笑)吉原の話はほかの本でもいろいろと読んでたのですんなり頭に入りました。白山はもう2~3回読まないと分からないかも(笑) それにしてもやっぱりQEDは最高だなー(〃ω〃)読んでて幸せな気持ちになります。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
今回あのメインの2人は何だったんだろう・・・?フィオナがメインでしたが・・・何というか、あまり面白みを感じませんでした。やっぱり神父2人メインの方が面白いなとつくづく感じてしまった1冊。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
美味しそうな料理とそれにまつわる謎と悪意。近藤さんの得意技だー。円の笑顔につられて毎日でも行きたい気分になりますが、甘そうだなー。外国のスイーツの甘味が苦手なので美味しく感じれなかったー。でもスパイスの効いたカレーは食べたい。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
番外編。ハルチカ以外の人物の区別がつかなくて(^^;)片桐元部長は何とか・・・かろうじて・・・「ブラックリスト十傑」の人じゃなかったっけ??というレベルです(名越さんだっけ??)ベルマークって今でもあるんですか?私が小学校時代の話だと思っていたので驚きです。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
古典部の話だけど古典部以外の話やら対談もあり。好きな作家さんとの対談もあり嬉しくよみましたが、やっぱり古典部の短編小説がこの中では一番楽しめました。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
面白かったけど登場人物が複雑すぎー。特に犯人。この人の複雑さは読み終わった後でも理解できない。犯人も理解できないが、匿名の電話した人もまた歪んでるなぁー。この人たちに振り回されたホテル側・・・なんかとても気の毒。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
S&M再読おわったー。あまり長さを感じず面白く読みました。っていうか、私、再読なのに!人物相関図しっかり読んでたのに!!!儀同さんのお隣さん・・・しっかり読んでたのに!!物語に振り回されてた(爆)四季さんに振り回されてしまった(^-^;)
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
初めましての作家さん。とても面白かった。しかし・・・この作家さん、作家になる前は一本釣り漁師!?そんな経歴の作家って初めてでそっちもびっくり。やる気がないが仕事はできる向井くんがよかった。不気味な村もまたよかった。面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
設定がありえないっ。鏡はどうするんだろう?ガラスに映った自分の姿は?買い物でふとした時に呼ばれる「おばあちゃん」は??などがぐるぐる回って「これはない」と思ったー。いい人ばかりというのもちょっと物足りず、カオルちゃんの想像通りの人だったら逆に面白いかもと思ったら最後までみんないい人だった。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
織田信長の正妻のお話。歴史に疎い私は今回もやっぱり初めましての人でしたが、外で戦っているからこそ奥ではのんびりひざまくらっていう夫婦の形は羨ましく思います。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
面白かった。短編が多いので気軽に読めて、柳さんの屈折した人柄などもわかり(笑) そしてジョーカーゲームの短編(〃ω〃) もちろん最高に面白いんだけどJT(タバコのね)からの依頼というのにも驚いた。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
鮎川哲也賞~(〃∇〃) 割と王道でした。もしかして犯人はとんでもない方向からくる?と思ってましたがそういう意味では予想を裏切る普通の当たり前の犯人。ゾンビ怖いんだけど。重光が拾った手帳に実はヒントが??なんて思ってたら違ってた(^^;)
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
これは・・・もうほぼほぼホラーだよね(TдT) 作者が医者だし。なんか・・・なるべく医者に掛からないように健康体でいたいなとしみじみ思う1冊でした。
が「ナイス!」と言っています。
igaiga
好きなシリーズ。最初の2編は分かりやすい。でも表題作。なんであの2人が招待されているのか?ヒキジイがいることより謎。そして結局どうやって殺されたの??ミステリークロックの謎ばかりでそっちが雑だった気がしました。ただ「ぬーしゅ」と純子さんの心のツッコミは好きだわ(笑)
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/03/04(2477日経過)
記録初日
2011/01/01(2539日経過)
読んだ本
1747冊(1日平均0.69冊)
読んだページ
590225ページ(1日平均232ページ)
感想・レビュー
1702件(投稿率97.4%)
本棚
3棚
性別
年齢
45歳
血液型
O型
職業
事務系
現住所
秋田県
外部サイト
URL/ブログ
http://igaiga38.blog9.fc2.com/
自己紹介

ミステリーが好きなのでミステリー多め。それ以外の本ももちろん読みますがファンタジーとSFがやや苦手&グロは平気ですがただただグロだけのホラーは苦手です。

同じ本を読む読メの皆様に癒される日々です。皆様の感想にニヤリといつもしてます。

ブログ&ツイッターやってますが、作家さんのリプライに怯え連携解除っ。読メだけでやっていきます。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう