読書メーターあなたの読書量を記録・管理

燃えつきた棒
さんの感想・レビュー

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loading
Loading

燃えつきた棒
さんの最近の感想・レビュー

はじめての認知療法 (講談社現代新書)

はじめての認知療法 (講談社現代新書)

大野 裕
認知療法(認知行動療法)は、うつ病や不安障害などの精神疾患の治療法として、薬物…続きを読む
オイディプス王 (岩波文庫)

オイディプス王 (岩波文庫)

ソポクレス
オイディプスが、自らの罪を知ったとき両眼を突いたのは、共同体の規範の強い要請が…続きを読む
考える人2004年夏号

考える人2004年夏号

『「赤」の誘惑』補遺(6)蓮實重彦:今回は、正岡子規に始まり、カフカからミシェ…続きを読む
考える人 2004年春号

考える人 2004年春号

だんだん読む所が減ってきて、調子が良くなってきた。 神々の処方箋」第八章「棄…続きを読む
考える人 2003年秋号

考える人 2003年秋号

「醜い日本の私」(中島義道):不快という感情の成り立ちについて考えさせられた。…続きを読む
考える人 2003年夏号

考える人 2003年夏号

新潮社
蔵書を処分するのに手始めに雑誌からと思い手に取ったが、案外読む所が多くて閉口し…続きを読む

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/01/04(2176日経過)
記録初日
2005/06/30(4921日経過)
読んだ本
1033冊(1日平均0.21冊)
読んだページ
301194ページ(1日平均61ページ)
感想・レビュー
320件(投稿率31.0%)
本棚
29棚
性別
年齢
64歳
血液型
B型
職業
無職
現住所
千葉県
自己紹介

小学校3年の頃、ネフローゼで半年学校を休んだ。
3か月は病院で過ごし、あとの3か月は家で寝ていた。
その退屈な日々に大きな歓びを与えてくれたのが、秋田の親戚が
贈ってくれた講談社の少年少女世界文学全集だった。
「トム・ソーヤの冒険」、「十五少年漂流記」、「宝島」、「ロビンソン漂流記」
などを夢中で読んだ。
海外文学にはその時の恩義がある。
残りの人生で幾らかでもその借りが返せればと思っています。

海外文学、西洋哲学、貧困関連図書などを中心に2000冊程収集しています。生きているうちにどれだけ読めるか挑戦してみます。

職業:剽窃家、引用師、海外文学収集業、狂瑕疵。

収集している本は、こちらで
http://booklog.jp/users/maigret
twitter
https://twitter.com/moetsukitabou

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう