読書メーターあなたの読書量を記録・管理

tata2017年の読書メーターまとめ

tata
読んだ本
14
読んだページ
3865ページ
感想・レビュー
14
ナイス
563ナイス
月間平均冊数
1.2
月間平均ページ数
322ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

tata
★★★★☆ 調律師のお話。作者が違うが恩田陸さんの蜜蜂と遠雷を読んだあとに読んだのでまた違った視点というか、興味があったので、すごく入っていきやすかった。 ふたごの姉妹の話の先が知りたい。少し物足りない気がするぐらいもっと読みたいと思う作品でした。
tata
2017/08/31 16:15

ピアノに関わる物語は「ピアノの森」「蜜蜂と遠雷」と想像する部分での重なる部分が多くて読んでいて面白い・特に今作とピアノの森は森でも共通しているから(もちろん勝手に、個人的に、だが)

が「ナイス!」と言っています。
tata
★★★★☆ 最終巻。最終巻だからか、規模の大きな内容の古書を扱う。 間が空いてしまってたので登場人物の一部がなんとなくでしか思い出せなかったが、なんとかなる。読み始めて見るとなんだかんだで次へ次へとあっさり読んでしまった。
が「ナイス!」と言っています。
tata
ネタバレ★★★★ これを読んでいる最中コンビニに行く時すごい意識しながら観察してしまって面白かった。 白羽を囲い込んだ時がなかなか狂気じみていたが、途中でナイフで刺してやろうだとか赤ん坊を泣きやまさせる方法だとか何気にもっと狂気じみていることが所々見えるところとかすごい。 最後は再会することで生き生きするっていうね。笑
が「ナイス!」と言っています。
tata
★★★★★ ほろっと涙が出た。 彼も彼女も最後の方に書いていたように、そういう生き方を「選択」したんだという。 すごく良いお話でした。
が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

つぶやきはありません

読んだ本14elkイメージ