読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

林田力
読んだ本
152
読んだページ
23098ページ
感想・レビュー
151
ナイス
2220ナイス

9月に読んだ本
152

9月のお気に入り登録
18

  • よねはら
  • 白玉堂餡子
  • 17
  • dr2006
  • さっちも
  • shigeki kishimura
  • うっちー
  • トリオネア
  • ひさか
  • 中嶋 太志
  • 月渚
  • fukumasagami
  • まめけん。
  • オスカー
  • イトノコ
  • みつ
  • となりのトウシロウ
  • nyaru47659288

9月のお気に入られ登録
7

  • kokada_jnet
  • 17
  • トリオネア
  • ひさか
  • fukumasagami
  • となりのトウシロウ
  • 地下鉄パミュ

9月のトップ感想・レビュー!

林田力
私の子供の頃は横山光輝『三国志』前60巻がストーリー物の長編であった。それ以上となるとオムニバスの『ゴルゴ13』や『こち亀』であった。ストーリー漫画で100巻を超える話となるとは、それだけでも素晴らしい。
が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
151

林田力
上弦の弐・童磨や上弦の壱・黒死牟との戦いが描かれる。彼らは圧倒的な力を持っている。周囲のものを全て薙ぎ払う攻撃力がある。上弦の参の猗窩座も圧倒的な力を持っていたが、武闘家的な強さであり、まだ一対一の闘いが成立していた。これに対して上弦の弐や上弦の壱は銃剣突撃の日本兵にマシンガンで攻撃するような差を感じる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
人類が滅んだ日本でヨーコとアイリの少女二人がバイク二人乗りで旅をする漫画。超高層ビルに対して「お墓みたい」との感想を抱く。観光客ばかりの場所への旅行は疲れる。人間がいないとのびのびできる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
マクドナルドは2021年9月29日の肉の日から「ごはんバーガー」の2つの新商品「ごはんチキン にんにく黒胡椒」と「ごはん海老 旨辛仕立て」を期間限定販売します。「ごはん海老」は、ごはんバーガー初のえびカツ使用です。「ごはんてりやき」も復活します。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
「ローソンが潰れてできた大きめのローソン 性善説を信じる」(32頁) 神の見えざる手が働く市場の性善説を信じたくなる出来事である。日本では市場原理を敵視する公務員的管理主義の発想が根強い。店舗の新規出店を市場原理に委ねると、チェーン店が個人経営を店舗を駆逐する一方、チェーン店は採算が取れなくなれば簡単に撤退してしまい、住民は買い物難民になるとする類の見解である。しかし、市場原理は需要があれば需要に応えるものである。むしろ、公務員的な管理主義は需要ではなく現状の供給から逆算して考えがちである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
「下水道工事」は日本人請負業者の賃金未払に怒りを爆発させる労働者の闘いを描く。公務員の責任逃れ体質が腹立たしい。但し、賃金未払に対する労働者の闘い一辺倒の内容ではない。登場人物の個人的な物語もある。本書の帯には「プロレタリア文学とモダニズム文学の相克の時代」とあるが、出来事の写実だけではないというモダニズム文学の要素がある。 この要素は表題作「オリオンと林檎」で一層強まる。真剣に社会問題に取り組むというよりも、運動ごっこを楽しんでいるだけのように見える。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#東急不動産だまし売り裁判 は声出しOKです。音読しましょう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
昭和の感覚ならばパワハラで追い込まれて退職したことも被害者が悪いと「悪い噂」になるだろう。そのような昭和の感覚のままの業界ならば退職代行を使おうと使わないと「悪い噂」は変わらない。21世紀的な感覚では面談に唯々諾々と応じる方が都合の良い存在とマイナス評価になるだろう。むしろ、一切の説明をせずにコミュニケーションを断つ潔さにカッコよさを感じることもある。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
前職の会社が本人の承諾なしに情報を提供したら、個人情報保護やプライバシーの侵害になる。採用候補者からの委任状や調査同意書を取得する方法はありますが、適性や能力に関しての問い合わせに限られる。差別につながる調査は違法性を問われる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
無意味な面談を拒否したということが本人のマイナスになるとの論理は成り立たない。それで反感を持ってマイナス評価を下すならば、それが不合理である。そのような人物ならば何をしても評価は上がらず、面談に応じることは無意味である。退職代行を使うことでマイナスになるものではない。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
社内公務員的存在にとって退職代行が不都合であることは社内公務員的存在のデメリットに過ぎない。自分の時間と精神的安寧を犠牲にして社内公務員的存在の点数稼ぎに協力して不愉快な時間を過ごす意味はない。退職代行を使うことのデメリットは社内公務員的存在のデメリットであって、本人のデメリットでしかない。自分の点数稼ぎしか考えない社内公務員的存在は何をしようと本人のためになることをすることはなく、その協力を前提としたメリット・デメリットは意味がない。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行で不利益を受ける存在は、延々と面談を繰り返し、退職を妨害する社内公務員的存在だけである。事務的な手続きについては手慣れている代行業者の方が本人が行うよりもスムーズだろう。これに対して、社内公務員的存在の面談は翻意させるにしても、アリバイ作り的に面談するにしろ、本人と会わなければ仕事にならない。それ故に退職代行に脊髄反射的に反発する。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行を利用し、面談を拒否して退職すると後々「悪い噂」が出て不利になると言うこと自体が恥ずかしいことである。職場の宴会に参加しないと、この会社で円滑に仕事が出来なくなるという類の時代錯誤の発言である。批判者は「いい印象は残さないでしょう」という主観で退職代行に反発しているだけだろう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行は面談せずに辞表が通る労働基準法に照らして当たり前の状況を実現する。雇用関係の法令を守る企業ならば面談を強要することはできない。面談を拒否して退職することは当たり前のことであり、面談を強要する義務は誰にもない。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
最初は「退職なんて言うな」と頭ごなしに否定する。それで諦めれば良いとする。曲げない人には部署異動やら休職やら退職以外の解決策に誘導しようとする。それでも曲げないと今退職することのマイナス面やリスクを色々と話す。それでも曲げないと引継ぎを持ち出す。引継ぎ要員がいないから辞めさせないという論理は、典型的なブラック企業のものである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行のニーズの出発点は無駄なコミュニケーションを避けることである。退職希望者が出ると社内公務員的な存在が延々と面談を繰り返し、退職を妨害する社内公務員的存在が登場する。論理に一貫性がなく、こちらの要望を通さず、諦めてもらいたいという動機だけで、次々と否定論をあげるだけである。もっともな理由を述べたら、別の問題点をあげてきて、次々と論点をそらしていく。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行が利用される自然なケースとして「退職の相談をしたい」と切り出したところ、「そのようなことを言うな」と頭ごなしに否定された場合である。真面目に相談しても意味がないから、二度と直接話そうとはせず、ある日突然、退職の通知が送られたり、退職代行業者から連絡が来たりする。これは労働者の言い方が悪いと労働者側にコミュニケーションに応じるように責任転嫁するならば、世の中のパワハラも不当労働行為も皆、労働者が悪いとなるだろう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行は、退職手続きは自分がやることが当たり前という昭和の常識を打ち破るサービスである。退職手続きは自分でやるべきという固定観念を壊したことが退職代行という新しいサービスのイノベーションになる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
京都地裁(増森珠美裁判長)は2021年9月10日判決で京都府警の情報不開示の一部を違法とし、不開示を取り消した。妻とのトラブルについて京都府警が聞き取った自身に関する情報の開示を求めた京都市の男性が府警に不開示とされた部分の開示を求めた訴訟の判決である。 男性は聴取された記録を対象に、自身の個人情報の開示を府警に請求。警察安全相談記録簿の一部開示を受けたが、相談内容や相談要旨などは「対象外」として開示されなかった
が「ナイス!」と言っています。
林田力
病院や医者が黒幕という点は、反延命主義の死なせる医療が問題視されている現代的な設定である。敵役ながらヒーロー側への呪詛は刺さる。ヒーロー側は信頼関係を装ってスパイ行為を働いていた。日本の公安と同じ手口である。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
「奥山に猫またといふものありて、人を食らふなる」という話がある。噂を恐れて臆病になり過ぎることを戒める話である。これは「夜更くるまで連歌して、ただひとり帰りける」時に起きた。このため、学生時代は夜遅くまで遊んで帰るから駄目であるという教訓話にも使われた。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
群大病院第2回患者参加型医療推進委員会ではコロナ禍で面会が制限され、家族と一緒にカルテを観る機会が減っていると指摘された。林田医療裁判(平成26年(ワ)第25447号損害賠償請求事件、平成28年(ネ)第5668号損害賠償請求控訴事件)で立正佼成会附属佼成病院は佼成病院がキーパーソンと定めたものの意見しか聴かなかった。群大病院とは大きな違いがある。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
群馬大学医学部附属病院が2021年9月27日に令和3年度第2回患者参加型医療推進委員会をオンライン開催した。林田医療裁判を考える会からも傍聴した。患者参加型医療は、患者さん自身が自らの疾病や医療を十分理解し、主体性をもって医療に参加するものである。委員には患者、医療事故に遭われた患者又は家族が含まれている。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
猗窩座との戦いに決着がつく。猗窩座の過去エピソードにはマンガで描けなかった物語がある。アニメではじっくり描かれるだろうか。 同じく鬼を退治する物語の『鬼切丸』ではヤンキーのような人間の醜さが鬼を呼び寄せていた。『鬼滅の刃』では悲しさを背負っている鬼もいる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
第6巻から院生として活躍する。囲碁マンガとしては本番であるが、勝負の世界に入った厳しさがあり、漫画の雰囲気が変わる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
第1巻から第5巻までの学生生活の中での囲碁への取り組みは囲碁に関心のない読者も入りやすかった。脱落する読者が出てこないか気になる。第7巻でインターネットを騒がしたsaiの話題が出るなど過去の話題も取り入れている。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
私が大丈夫だから、あなたも大丈夫というのは随分自分本位な論理である。しかし、この自分本位さが清々しい。何故ならば自分本位の決めつけは、自己の中で完結しており、相手の応答を求めることはないからである。むしろ、大丈夫という言葉は「大丈夫か」と相手への質問に使われることが多い。この質問は卑怯である。単に相手に「大丈夫です」と言わせたいだけである。本当に大丈夫かどうかは関係ない。むしろ自殺しても関係ない。自分本位の論理は相手に求めないため、相手に負担や我慢を押し付ける無能公務員体質よりも心地良い。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
茶道の書籍である。多くの茶道の書籍の出典となっている。掛物を茶道具の第一とする。「掛物ほど第一の道具はなし、客・亭主共に茶の湯三昧の一心得道の物也、墨跡を第一とす、其文句の心をうやまひ、筆者・道人・祖師の徳を賞翫する也」。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
禅宗では仏像や仏画の代わりに自ら師とする人の書蹟を拝することから墨蹟が尊重され、茶の湯の世界でも墨蹟を第一としています。村田珠光が大徳寺の一休宗純に参禅し、印可の証明として授けられた墨蹟を、茶席に掛けたのが由来とされます。このように禅僧との関係性を抜きにして墨蹟を論じることはできないのです。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
和尚は寺の住職の敬称です。禅宗では僧侶が修行するための専門道場があります。禅寺の住職になるには専門道場で最低三年以上の修行が必要です。老師は専門道場で長年修行を積んだ後、師家より印可を授かった僧の敬称です。大本山の管長となるには老師でなければなれません。老師は、極少数の特別な称号であり、和尚と老師は厳格に区別されています。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
患者の長男は入院中の母の経鼻経管栄養の流入速度を医師の許可なく勝手に速めました。延命につながる治療を全て拒否しました。酸素吸入も拒否し、酸素マスクが日中外され、患者は死ぬまで自力呼吸を強いられました。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
林田医療裁判を知っている方達は、家族の中にも色々いて中には、自分たちの利益などから親に死んでほしいと思っている悪意ある家族もいること、この一部の家族の悪意が林田医療裁判のポイントであることを理解しています。 さいたま市立病院でも2020年9月5日に息子が入院中の母親の首を絞めて殺人未遂容疑で逮捕された事件が起きました。一部の家族の悪意は現実に起きる問題です。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
私達は林田医療裁判の経緯を知った者として、病院は患者に死んでほしいと思っている一部の家族の意思を通して良いのか、医療は人道的であってほしいと願うから世間と共に議論して考える為に公開質問状を出しています。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#鬼滅の刃 #無限列車編 が2021年9月25日にテレビ放送されたが、CMが多すぎて各駅停車と揶揄される。地上波の視聴者は特急券を購入していないので仕方ない面がある。せめて『君の名は。』『天気の子』のように映画の内容と連動したCMがあれば面白いだろう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
綿矢りささんデビュー20年です。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#鬼滅の刃 #無限列車編 流に言えば駅弁は、うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!
が「ナイス!」と言っています。
林田力
サンジのSOSには賛否両論がある。メンバーそれぞれに得意不得意があり、得意分野で活躍すればいいとすれば良い話になる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
出没!アド街ック天国の2021年9月25日(土)は「うま~い!さいたま市」です。イクラかけ放題のマグロ中落ち丼や溶けない新感覚アイス、ご当地あんかけラーメンなどを紹介します。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
炭治郎の最初の任務は血鬼術を使う鬼でした。次の任務も元下弦の鬼でした。どちらも新人の実力に見合ったアサインではありません。しかも、炭治郎は骨折していても次の任務にアサインさせられました。那田蜘蛛山も最終的に柱二人を派遣したものの、その前に最下級「癸」の三人を送っており、戦力の逐次投入の感があります。 また、炭治郎の最初の任務は禰豆子がいたから勝てたようなものです。この時点で禰豆子は鬼狩りに絶大な貢献をしています。ところが、その成果は共有されておらず、柱合裁判で査問されてしまいます。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職手続きは自分がやることが当たり前という前提が出発点になると退職代行が出てくる余地がなくなります。その固定観念を壊したことが退職代行という新しいサービスのイノベーションです。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
上弦の鬼会議が行われる。鬼舞辻無惨は下弦の鬼に対するパワハラ会議が悪名高い。しかし、上弦の鬼への理不尽さは後退している。童磨のように態度が良いと言えないものもいるが、下弦の鬼のように虐殺しない。上弦の鬼の能力を下弦の鬼よりも評価しているためであろう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
アニメ映画。尸魂界(ソウル・ソサエティ)篇を彷彿とさせる展開である。山田花太郎に治療されるなどデジャブがある。尸魂界篇は神漫画と言えるくらいの盛り上がりを見せた。それと重ね合わせることは上手い。一方でマユリが有能さを発揮せず、コンが役に立つなど珍しい点もある。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
院生を目指す。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
最終章「千年血戦篇」が始まる。週刊少年ジャンプ連載時は『ONE PIECE』『NARUTO』と共にの三枚看板だった時代は過ぎ、人気は低迷していた。突っ込みながら読まれる傾向があった。しかし、改めて読むと物語がよくできている。ボスキャラの能力も現在の改変、過去の改変ときて未来の改変になった。ルキアの奪還、織姫の奪還、一護の能力の奪還ときて、石田雨竜の奪還となった。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
我妻善逸と獪岳(かいがく)の戦いである。獪岳が屑か感情移入できるかは意見の分かれるところである。善逸は雷の呼吸の一の型しかできなかったが、獪岳逆に一の型以外はできて、一の型だけできなかった。炭治郎は雷の呼吸の一の型を見よう見まねで実施した。一の型を習得することがどれだけ困難かによって獪岳の見方は変わる。炭治郎と行動を共にする前の善逸が泣きわめくだけの存在であることも意識しなければならない。獪岳にとっての善逸は、そのイメージであった。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
不良気分は依存性薬物から胚胎する。他人を巻き込む。誘惑して同類に引き込む。依存性薬物を得るために盗賊を働く者、脅迫して金品を巻き上げる者も出てくる。一度この泥田に足を突っ込むと身動きができなくなる。卑しい依存性薬物に足を踏み入れて生涯を誤ることは愚の極みである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
自らの理性に訴えて依存性薬物を退けなければならない。思慮に余る場合は隠さずに公開しなければならない。それが新たな被害の防止になる。薬物問題は秘密に事を運ぼうとすると、その結果はますます悪くなるばかりである。公開しなければ罪は深くなる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#ほぼ存在しない二文字 マンションだまし売り業者には誠実という文字は存在しない。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
私の子供の頃は横山光輝『三国志』前60巻がストーリー物の長編であった。それ以上となるとオムニバスの『ゴルゴ13』や『こち亀』であった。ストーリー漫画で100巻を超える話となるとは、それだけでも素晴らしい。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
依存性薬物の売人は最も低級で俗悪で下劣な生業である。罪のない人々に依存性薬物を販売すると人格が下劣になる。好きだからと言って毒を食べたら死んでしまう。依存性薬物を吸引するよりも本を読む方がどれだけ良いか。どうして、掃きだめの中に落ちていくのか。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
最終決戦が始まる。無限城の雑魚鬼は下弦程度の力を持たされている。無残のパワハラ会議の下弦の鬼虐殺は戦力を自ら損なったものと否定的に評価される。しかし、雑魚鬼でも下弦程度の力を持たせているならば、既存の下弦の鬼を解体しても惜しくはないことになる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
富岡義勇のコミュ症ぶりが描かれる。『古見さんは、コミュ症です。』と同じ面白さがある。炭治郎が優等生的であるため、義勇のようなキャラに魅力を感じる。風柱・不死川は半グレ・ヤンキー的でどうみても危ない。それでも「兄貴を侮辱するな」に笑ってしまう。シリアスの中のギャグが面白い。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
無惨が鬼になった経緯が明らかになる。世界征服のようなことを考えるタイプではない。『ジョジョの奇妙な冒険』の吉良吉影のように本当は静かに暮らしたいタイプであった。悪役側も天下国家の呪縛から解放されている。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)と霞柱・時透無一郎の悪口合戦が描かれる。壷が歪んでいて、左右対称に見えないことは悪口になるのだろうか。芸術としては良いのではないか。『へうげもの』ではあえて歪みを追求した。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
ブラックファントムがラスボスで、パンドラとは共通の敵のために共闘という構図は分かりやすいが、萎える。ブラックファントムは誰が見ても悪であり、エスパーと非エスパーが共存できるかという難しい問題を避けることになる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
介護施設でも新型コロナウイルス感染者が出ても病院に搬送できず、施設に「留め置き」される例がある。「放置は虐待のひとつだ。そこに「看取り」の前倒しはないのか!? 入居者本人が、家族が、国を、行政を、医療機関を <訴える日> は近い」(山口道宏「保健所「看取り」を誘導は本当か>コロナで「留め置き」される介護施設」メディアゴン2021年9月19日)
が「ナイス!」と言っています。
林田力
治療戦略として自宅療養は愚策である。早期治療のセオリーに反する。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)には早期発見早期治療がかかせない。重症化した後の入院治療は困難を極める」(「早期発見早期治療へ」医療ガバナンス学会MRIC Vol.176 2021年9月13日)
tsuneki526
2021/09/22 16:37

言っていることはまっとうです。でも現実の治療戦略に、ほとんど影響を及ぼしていないのはなぜなのか。医療ガバナンス学会は何のためにあるのか。いろいろ考えてしまいます。

林田力
2021/09/23 19:11

政官財の医療利権に真っ向から対立するためでしょうね。 但し、学会側には20世紀的な集団主義的な福祉を理想とするきらいがあり、個人の選択を求める既得権打破の層に刺さりにくいというところはあるでしょう。

が「ナイス!」と言っています。
林田力
浦和中学の生徒は師範学校の生徒とは仲が悪かった。浦中生から見ると、師範学校生は官費で勉強している連中であった。ここにはTax Eaterではないという民間感覚がある。戦後に浦和中学校は浦和高校になったが、県立浦和高校であることが誇りになり、私立よりも上という感覚を持つようになった。そこは誤りと言えるだろう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
四コマ漫画では、自分の不幸に気づく自由も奪われている人を見て悲しむ描写がある。これは大切な感覚である。精神論根性論が支配する日本では不合理な目に遭っても前に向きに頑張ることを美徳する風潮がある。しかし、それは悲しいことである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
貧困問題を取り上げたことは良いが、「生涯豆腐屋でくちはてるか」が登場人物に発破をかける台詞になっていることは戦前の価値観の害悪を感じる。立身出世主義に毒されている。豆腐屋は消費者に価値を提供している。豆腐屋で複数店舗経営するなど大きい夢を持つこともできる。山本一力『あかね空』は江戸時代後期に深川で開業した豆腐屋を描いた。江戸時代よりも戦前の方が封建的に感じてしまう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
2021年9月21日は「中秋の名月」です。月見バーガーや月見サンドを食べながら、月見します。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
兵部京介や蕾見不二子の過去では不二子の反骨精神が旺盛である。公務執行妨害という警察官に対して、法律と関係ない説教を強要するのは公務ではないと反論する。正論である。まだ幼いという点もあるが、兵部の方が優等生的である。この二人が現在は逆の立場になっている。最も逆というのは国家権力に都合の良い視点である。真面目な人間だからこそ、兵部のような選択になると見ることもできる。兵部と異なり、あまり感情移入できないが、芥見下々『呪術廻戦』の夏油と五条の関係も似ている。学生時代は夏油の方が優等生的であった。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
チルドレンの幼少期と兵部達の第二次世界大戦時代という二つの過去の物語がある。チルドレンの回想では前任の指揮官が再登場する。管理することしか考えない公務員の嫌なところが改めて描かれる。以前の話では、この公務員にも辛い過去があったという虐待の連鎖があったようなまとめ方をしていたが、そのような人間的理由を出さなくても、組織の中の公務員というだけで十分に冷酷になれるものである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
兵部がエスパーの受ける理不尽さを指摘する。エスパーは政府の道具になることを拒否すれば、犯罪者になってしまう。チルドレンは自らの意思で人助けを選んだことになっているが、拒否したら犯罪者になるならば選択の自由は存在しない。兵部に共感する。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
序盤の主要キャラの関係性が新たなキャラで繰り返される。主要キャラの関係性は安定したため、新たなキャラで行う。長期連載の一つのパターンである。『GS美神 極楽大作戦!!』では横島のゴーストスイーパーの能力は大きく変わったが、関係性は変わらなかった。これは偉大である。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
兵部がカッコいい。エスパーの解放を考えている。相手を倒すために手段を選ばない卑怯者ではない。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
フェザーの正体が分かりそうになる。未来のチルドレンの集合意識か未来の明石薫か。兵部に狙われるユーリ。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
アフリカのサバンナでブラックファントムの刺客と対決する。パンドラも登場しないと物語が活きてこない。BABELとブラックファントムが戦うだけでは陰鬱な展開になってしまうだろう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
四コマ漫画で兵部京介は本気を出せば7日で世界征服するとシミュレーションされる。敵のボスが舐めプをせず、早い段階で本気をぶつけていれば主人公を倒すことができたと思える物語は数多く存在する。『鬼滅の刃』の鬼舞辻無惨や『BLEACH』の藍染惣右介、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の大魔王バーンなど枚挙に暇がない。鬼舞辻無惨は戦略ミスが真面目に指摘され、読者から愚かと評される。これに対して兵部は遊び心が明白であり、自然さがある。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
温泉旅行と転校生の話
が「ナイス!」と言っています。
林田力
緊急事態宣言を今月末で全て解除検討とありますが、緩めれば第六波になることは毎回繰り返して十分予想できることです。目の前の数字から政策立案する弊害です。そもそも現時点で大きな問題になっていないのは医療を受けられない自宅療養者が我慢と犠牲を強いられているからに過ぎません。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
抗議した人を警察を使って有罪にした。さらに冤罪を作り上げようとする。どうしようもないほど悪辣である。一方で助役の息子の改心は、あまりに物語として都合良すぎて興覚めである。とはいえ改心した人物と友情物語にならずにフェードアウトした点は良かった。昨日の敵は今日の友展開は一層の興覚めである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
「商売をしたからって助役の息子に食われてしまうばかりだ」との台詞がある(44頁)。これでは真っ当な商売ができない。公務員に上納しても商売が成り立つくらいに頑張るような精神論根性論は有害である。公務員に上納しても商売が成り立つならば、その分、消費者から搾取していることになる。そのような商売は有害である。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
戦前の旧制浦和中学校を舞台とした小説。学校だけでなく、貧困問題なども描かれる。冒頭から浦和町の助役の息子が権威を背景に豆腐屋の豆腐を無料で食べる。日本の公務員は途上国並みに利権にまみれて腐敗している。『青天を衝け』第27回「篤太夫、駿府で励む」(2021年9月19日)でも官軍の兵が町人への強請りたかりしているとの指摘がなされた。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
敵に「話しかけるな」と言う我妻善逸は戦いのリアルを踏まえている。漫画的な事情では敵が自分の存在や技を読者に説明するという役割を果たす必要があり、戦いの最中に会話をする傾向がある。そのようなメタ的な事情を無視する善逸は立派である。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
ヤマトはすっかり人気キャラクターになった。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
東堂は話が通じない。ディスコミュニケーションが笑いになる。バトル漫画とラブコメというジャンルの相違はあるが、『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』と笑いの質は重なる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
試験勉強の話。学生の本文は勉強と感じさせる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
ゲリラ豪雨で川が氾濫するとの予知。現実に2019年の台風19号で多摩川が氾濫し、東京都世田谷区の二子玉川で浸水被害が起きた。超高層ビル中心の開発は水害リスクを増大させる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
やはり、医師一人の判断に任せることは危険であり、チーム医療や倫理委員会の審議は必要です。ここは公開質問の2番「本人の意思を推定する取り組み」、3番「繰り返しの意思確認を実現するために取り組み」の実践にも関係しますので、公開質問への御回答をお願いします。医療は人道的であり続けてほしいです。そのためには、市民だけでなく医療従事者・経営者などと共に広く社会に公開して議論を深めて行くことが不可欠と考えます。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
日本の命の選別は、かつて「姥捨て」があったように「高齢者だからもう死んでもいいでしょう」などと高齢者の命を軽く扱う思想の人がいることは確かであると考えます。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
パンドラの全面対決。本気の戦いになるとヤバい。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
お見合い話は短編で終わると思いきや長い。明石薫だけ意識が変わっていく。破壊の女王(クィーン・オブ・カタストロフィー)になる伏線か。物語としてはパンドラが登場しないと面白くない。倒すだけの単純な敵キャラではなく、魅力的な存在である。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
中学生編に入る。何もないところで事故が起きる。その原因はビル建設工事であった。建設工事は当たり前のように我が物顔で行われているが、それだけのリスクが存在する。 エスパーの存在が認知されている社会ではエスパーはスポーツ選手になれないという設定がある。ドーピングと変わらないためである。フェアである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
鬼を退治する物語。『鬼滅の刃』のブレイクによって改めて注目されている。ヤンキーのような人間の醜さが鬼を呼び寄せる。『鬼滅の刃』のような慈しみの出る幕はない。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
竈門炭治郎の最初の任務は血鬼術を使う鬼であった。次の任務も元下弦の鬼である。どちらも新人にはムリゲーだろう。最初の任務は禰豆子がいたから勝てたようなものである。禰豆子が鬼狩りに貢献していることを報告、共有していたら、柱から査問されずに済んだだろう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
鬼殺隊はかなりのブラック企業である。最終選別の藤襲山(ふじかさねやま)は一般の候補者では倒せない鬼がのさばっており、管理ができていない。定期的に上位者が入って伐採する必要があった。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
戦いの後で竈門炭治郎と倒された鬼が会話することは炭治郎らしさがある。戦いの最後で回想が入るのは『BLEACH』と重なる。こちらは相手との交流よりも独白である。こちらはこちらでオサレである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#鬼滅の刃 骨折していても次の任務にアサインさせる鬼殺隊は林田医療裁判を考える会が支援する早川労災裁判並みにブラックです。労災申請は妨害されそうです。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
酸素マスクが必要な状態であるが、立正佼成会附属佼成病院では日中は酸素マスクもしなかった。夜間だけ酸素マスクをした。その理由を医師は、もとより酸素があるほうが本人は楽であろうが夜は手薄だからと述べた。夜間に亡くならないように、夜だけ酸素マスクをして朝になると外されるという苦しい日々が繰り返された。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
林田医療裁判(平成26年(ワ)第25447号損害賠償請求事件、平成28年(ネ)第5668号損害賠償請求控訴事件)では患者が亡くなった日のカルテに「SpO2 80台でありながら本日をむかえた!ご永眠」と記載されている。SpO2 80台は、酸素吸入をすればこの時点で死ぬことはなく、より長く生きられたことを示すものである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
SpO2はパルスオキシメータで測定した経皮的動脈血酸素飽和度である。新型コロナウイルス感染症で注目される指標になった。通常人は90%台後半であり、90%以下になると酸素マスクが求められる。SpO2が75%になると心虚血性変化をもたらす危険がある。SpO2が50%となると組織障害をきたし、意識障害や昏睡状態に至る危険がある
が「ナイス!」と言っています。
林田力
慶應義塾という感覚がある。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
聖徳太子を描く歴史漫画
が「ナイス!」と言っています。
林田力
2021年台風14号の名前はチャンスーです。台風がチャンスなのかと不謹慎な想像をしてしまいました。さらにチャン一と読めてしまいます。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
ヒロイン要素の乏しい漫画であったが、三輪がヒロインぽくなった。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
過去編の続き。夏油がダークサイドに墜ちた経緯が語られる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
過去編に入る。正直なところ、五条先生は主人公以上にヒーローなので盛り上がる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
黒閃はバーゲンセール気味である。皆がかめはめ波を撃つようになる、スーパーサイヤ人になることはバトル漫画の宿命か。黒閃は通常の技がパワーアップするだけであるため、それほど面白くない。領域展開の方がコンセプトは面白い。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
人気絶頂アイドル事務所電撃解雇の原因というクイズで大麻と回答することは常識人である。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
今日は緊急事態宣言延長に加えて台風14号と大変です。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#大人になってわかったこと選手権 マンションだまし売りの深刻さです。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
面子で雁字搦めの武家社会を町人的な視点から風刺する。現代になぞらえれば公務員感覚に対する民間感覚となるだろうか。宮本武蔵のカッコつけは嘲弄の対象である。それでもカッコつけるだけ、現代の保身第一の無能公務員体質よりましである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#警察不祥事 警察組織の不公正に対して、保身第一の公務員体質の狡猾と冷酷無情に対して、何度怒り、何度呪詛したことか。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行を使うか使わないかは手段ですが、面談を拒否して退職することは当たり前のことであり、面談を強要する義務は誰にもありません。 それを否定できないとなると「悪い噂」などという根拠のないことでしかマイナス面も指摘できません。 昭和の感覚ならばパワハラで追い込まれて退職したことも被害者が悪いと「悪い噂」になるでしょう。そのような昭和の感覚のままの業界ならば退職代行を使おうと使わないと「悪い噂」は変わらないでしょう。21世紀的な感覚では面談に唯々諾々と応じる方が都合の良い存在とマイナス評価になるでしょうか。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
面談もなしに、辞表が通る状況は当たり前のことです。 労働法をどのように解釈しているのでしょうか。 退職代行を使うか使わずに拒絶するかは人によって異なるでしょうが、無駄なコミュニケーションを避けることがニーズの出発点です。 雇用関係の法令を守る企業ならば面談を強要することはできません。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
「野分」もっと会って話し合えば互いに良い結果になったのではないかと思うことは野暮である。コミュニケーション至上主義が強かった昭和に、このような作品があることは味がある。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
日本は途上国と言えるだろう。新型コロナウイルスに感染しても入院できず、自宅に放置される。2021年8月は変死遺体で過去最多となる250人が新型コロナウイルスに感染していた。2020年3月からの合計は817人である。自宅に放置されて死亡して変死扱いされる。公務員は責任逃れの論理が狡猾である。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
第12章「諸国民の生活」では薬物関連死者数の表が掲載されている(437頁)。依存性薬物による死は社会問題として特筆されるものという扱いである。薬物関連死者数は総数でも人口100万人あたりでもアメリカ合衆国が圧倒的に多い。依存性薬物に甘い社会は薬物関連死者数も多いという当たり前と言えば当たり前の結果である。依存性薬物は有害である。合法化して管理という論理は成り立たない。「覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか?」の感覚は正しい。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
巨大IT企業の独占的地位の乱用と批判されるケースとして、Amazonが内海聡『医師が教える新型コロナワクチンの正体 - 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン』(ユサブル、2021年)を掲載しなくなった件がある。これはワクチン接種を推奨しない主張が不都合と判断されて掲載しなったと批判される。これはAmazonの恣意というよりも、国家の進めるワクチン接種推進に忖度した結果である。国家権力の規制を強化することは、取引の透明性や公正性にとって逆効果になりかねない。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行が利用される自然なケースとして「退職の相談をしたい」と切り出したところ、「そのようなことを言うな」と頭ごなしに否定された場合です。真面目に相談しても意味がないから、二度と直接話そうとはせず、ある日突然、退職の通知が送られたり、退職代行業者から連絡が来たりします。これは労働者の言い方が悪いと労働者側にコミュニケーションに応じるように責任転嫁するならば、世の中のパワハラも不当労働行為も皆、労働者が悪いとなるでしょう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行が利用される自然なケースとして「退職の相談をしたい」と切り出したところ、「そのようなことを言うな」と頭ごなしに否定された場合です。真面目に相談しても意味がないから、二度と直接話そうとはせず、ある日突然、退職の通知が送られたり、退職代行業者から連絡が来たりします。これは労働者の言い方が悪いと労働者側に責任転嫁するならば、世の中のパワハラも不当労働行為も皆、労働者が悪いとなるでしょう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
ハンバーガーの奥深さを知ることができる漫画です。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
本人の嫌がる嫌がらせを本人を評価しているが故に善意の行動と正当化することは昭和の典型的なハラスメントです。 そのような論理ならば世の中の大半のパワハラは成立しなくなるでしょう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行で不利益を受ける存在は、延々と面談を繰り返し、退職を妨害する社内公務員的存在だけです。事務的な手続きについては手慣れている代行業者の方が本人が行うよりもスムーズでしょう。これに対して、社内公務員的存在の面談は翻意させるにしても、アリバイ作り的に面談するにしろ、本人と会わなければ仕事になりません。これは代行業者と話しても仕方ないものです。それ故に社内公務員的存在にとって退職代行が不都合である不都合であることは確かでしょう。とは言え、これは社内公務員的存在のデメリットに過ぎません。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
セブンイレブンが「からあげ棒」の全国販売を終了する。生産国のコロナウイルス感染拡大の影響。鶏肉の供給が減り、唐揚げが食べにくくなる懸念がある。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
ファーストフード店が美味しくない学食より人気を集めている。消費者に支持された店が繁盛することは健全である。美味しくない学食に客が戻るようになったが、消費者には嬉しくない。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行への批判は「皆が残業している時に付き合い残業をせずに定時で帰ると白眼視される」ことと同じ次元の感覚だろう。昭和の非常識は21世紀の常識になる。無駄なコミュニケーションが苦痛であり、それを避けたいという人の問題意識に応えないと、退職代行の問題に向き合うことにはならない。真の意味で社員に優しいホワイト企業ならばコミュニケーションの負担をかけない。そのような企業ならば退職代行のニーズも乏しいだろう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#林田医療裁判 #中野相続裁判 が相互支援している文京七中・早川労災裁判(平成30年(行ウ)第427号公務外認定処分取り消し請求事件)が2021年9月13日に東京地裁631号法廷で口頭弁論が行われ、結審した。原告が意見陳述し、ブラックな職場実態を話した。 「診断書に「病状の悪化が予想されるので、職場の変更は禁ずる」とあるにも関わらず、強制配置を繰り返しました。1986年、1987年と2年続けて強制配置され、3年後には再再度配置換えで、とうとう寝たきりにまで悪化して、病欠に入ったら、辞めさせられた」
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#クソ現場祭り2021 はマンション投資の迷惑勧誘電話がノルマになっている職場や住環境破壊のマンション建設工事現場です。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
竈門炭治郎は嗅覚に優れている。2020年は新型コロナウイルス感染で嗅覚がなくなったり、香水という歌が流行ったりした。炭治郎の設定は嗅覚に関心が高まる2020年を先取りしていた。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#鬼滅の刃 富岡義勇風に言えば「生殺与奪の権を医師やキーパーソンに握らせるな」となる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
公務員による飲食店経営者への横暴の話がある。保健所の職員が飲食店への立ち入り検査と称して酒を無料で飲ませろと強要する。日本の公務員の腐敗は発展途上国と変わらない。新型コロナウイルス対策で保健所が大変との指摘があるが、大変なのは保健所にたらい回しにされてPCR検査も受けられず、入院もできない市民である。保健所が仕事もできないのに権限を持ち続けていることが問題である。酒類提供禁止などの自粛に飲食店の不満が高まっている。私はSocial Distance徹底を重視する立場であるが、公務員への不満は理解できる。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
出版社の倒産で失業者となった六助と千鶴子がカレーライス店を開業する小説。この種の物語は開業までが前座で、開業からが本題となることが多い。これに対して本書は倒産から開業までを丁寧に描いている。最初からカレーライス店の物語を期待する向きには肩透かしがあるかもしれないが、むしろ起業の物語は起業までが大変である。その意味では面白く読めた。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
第二次世界大戦の傷跡が残っている。六助の父親は中国で戦犯として処刑された。「棺桶の材木を燃やしたり、豚を略奪したりしたのは、死刑になるほどひどいことだったのでしょうか」という台詞がある(189頁)。これは被害者感情からは。豚を略奪されたら民衆は餓死するだろう。自分達は豚が必要である、民衆は何とか別の食べ物を探せばいいということは無能公務員的発想である。「パンがなければケーキを食べればいい」とはならない。自分達の保身と利益のために負担や犠牲を押し付ける。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
お客に困らないという点が重要です。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
山形県警では、職場内で同僚の財布から現金を盗んだとして、2021年8月10日に鶴岡警察署に勤務する男性巡査部長が減給の懲戒処分を受けた。山形県警では1か月の間にあわせて5人が懲戒処分などを受ける異例の事態となった(「「危機的状態」…相次ぐ不祥事で山形県警が緊急署長会議」YBC山形放送2021年9月9日)。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
引退した伝説の殺し屋を主人公とした漫画。今は町の商店を営んでいる。カップラーメンが好きである。高級品ではなく、身近な食べ物が好物なキャラクターは自然体で好感が持てる。値段と価値は比例しない。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
エスパーが登場する。エスパーという非現実的存在を物語に出すことは物語の現実感を壊しかねないが、エスパーであることが物語展開上、必要になるシーンがある。 暴走族総長の金平力は依存性薬物を持っている。典型的な悪役である。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#ガチで大嫌いなものランキング マンション投資の迷惑勧誘電話です。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
因果関係に至るまで長引くでしょう。 公務員は自分の責任が免れればよく、問題を解決する意識が皆無であり、因果関係不明としか言わないでしょう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
巡査部長は、焼酎などを長時間飲んだ。夜になり自宅から約5キロ離れた牛丼店を訪れ、店内の券売機を蹴って立ち去った。店員の男性が店外まで追いかけて注意したところ、投げ飛ばされたという。巡査部長は容疑を否認し、「自宅で焼酎を飲み始めたのは覚えているが、飲んでいるうちに記憶をなくし、逮捕されるまでのことを覚えていない」と話している(「「宅飲み」で泥酔の警官、牛丼店で店員投げ飛ばした疑い」朝日新聞2021年9月6日)。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
警視庁西新井署刑事組織犯罪対策課の巡査部長、瀬月内(せつきない)恵太容疑者(42)=東京都江戸川区東葛西8丁目=は泥酔状態で牛丼店を訪れ、店員を投げ飛ばしたとして、暴行容疑で現行犯逮捕された。 逮捕容疑は2021年9月8日5日午後9時40分頃、東京都江東区の牛丼店近くの路上で、店員の50代男性を投げ飛ばし、腹を蹴るなどしたこと。男性は頭を打つなどして約1週間のけがを負った。巡査部長は柔道の有段者だという。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
漏瑚らは自然への恐れが呪霊となった感がある。これに対して真人は半グレ・ヤンキー的な人間の醜いところが呪霊となった感がある。人間を否定する自然が人間の醜さが露骨に出て悪い意味で人間らしい真人をトップに担ごうとするものだろうか。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
日経平均株価が2021年9月7日に5か月ぶりに3万円の大台を回復しました。成長戦略を掲げた菅義偉首相退陣で株価が上がることは皮肉です。菅首相にとって新型コロナウイルス対策よりも成長戦略に取り組みたかったでしょう。公務員と政治家との関係では公務員のやりたいことではなく、政治家のやりたいことを貫徹することが正しいことです。公務員の抵抗勢力を排することがリーダーシップになります。しかし、国民のニーズを無視して自分のやりたいことを優先することは失敗です。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
文京七中早川労災裁判が2021年9月13日(月)午後4時から東京地裁631号法廷で行われます。原告と弁護士が陳述します。多数の傍聴ご支援をお願いします。法廷は短時間です。万一、座席不足でも、ぜひ控室でお待ちいただき、「最終陳述書」のお受取りと、まとめの会のご参加・ご発言等をお願いします。早川労災裁判は林田医療裁判・中野相続裁判と相互支援しています。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
「社内公務員的な存在が延々と面談を繰り返し、退職を妨害する」ことに対抗することが何で変な辞め方になるかが理解に苦しみます。 「皆が残業している時に付き合い残業をせずに定時で帰ると白眼視される」という次元と同じ話をしたいならば結構ですが、そのような方とは労働問題を語れないでしょう。 無駄なコミュニケーションが苦痛であり、それを避けたいという人の問題意識に応えないと、退職代行の問題に向き合うことにはなりません。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#マクドナルド は #月見バーガー #月見ファミリー を2021年9月8日から発売します。 #今日から月見しよう #月を見る心が上を向く をTwitterでは宣言文句にしています。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
火山頭の漏瑚はファミレスでは一般人を燃やして、いきがって五条先生を倒そうとする典型的な噛ませキャラであった。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
退職代行サービスはブラック企業だけでなく、自称ホワイト企業の退職でもニーズがある。自称ホワイト企業では離職率が低いことをセールスポイントとし、退職者を出さないようにしようとする。そのために退職希望者が出ると社内公務員的な存在が延々と面談を繰り返し、退職を妨害する。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
東京外環道訴訟第12回口頭弁論では原告の意見陳述も行われる。陥没・空洞・地盤緩み地域の地盤補修のために、地域住民に説明なくトンネル内から調査ボーリングが20か所も実施されたことや立ち退き(家屋取り壊し、更地化)交渉が進められている状況を陳述する予定である。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
同時代を生きた音楽家による音楽家の伝記である。伝記には、その人が何をしたかを書いてあるというイメージがあるが、本書は一風変わった内容である。ショパンへの詩的な称賛が延々と続いている。日本人は人間ドラマを読みたがる傾向があるが、その種の陳腐さを求める傾向に冷や水を浴びせるものである。 序盤はショパン本人よりもポーランドの気風の称賛になっている。ショパンはポーランド出身であり、外国人がショパンの音楽にポーランド文化を感じることはあるだろう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
菅義偉首相が退陣します。新型コロナウイルス対策という優先順位の高い課題を軽視したことが失敗原因です。コロナ対策への専念が総裁選不出馬の理由になることは皮肉な結果です。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
警視庁立川警察署交通課の男性巡査部長(59)が、新型コロナウイルスの影響を受けた個人事業主を支援するための持続化給付金100万円を妻に不正受給させたとして、2021年9月3日、詐欺の疑いで書類送検され、懲戒免職となった。持続化給付金の不正受給は相次いでいるが、警察官の立件は全国初とみられる。 書類送検容疑は、2020年11月下旬、配送荷物を仕分けするアルバイトをしていた妻を家政婦と偽り、新型コロナの影響で収入が減ったと虚偽申請して、同12月上旬に中小企業庁から給付金100万円をだまし取ったこと。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、警視庁は3日、詐欺の疑いで立川署交通課の男性巡査部長(59)を書類送検し、懲戒免職処分とした。「不倫相手との交際費の足しにしたかった」と供述している。警視庁によると、警察官による給付金不正受給の立件は全国初とみられる。書類送検容疑は昨年11月下旬、実際はアルバイトの60代の妻にコロナ禍で収入が減った家政婦だと偽らせ、給付金100万円を詐取した疑い。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
警視庁は3日、新型コロナウイルスの経済対策で国が個人事業主らに支給する「持続化給付金」をだまし取ったとして、立川署交通課の男性巡査部長(59)を懲戒免職処分にし、詐欺容疑で書類送検した。書類送検容疑は妻が実際にはやっていない家事代行の仕事を名目に、コロナ禍で収入が減ったと偽り、持続化給付金をだましとったこと。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
最後に戦うのはダイとポップ。物語の出発点に戻った。ポップがこれほど頼もしいキャラになるとは想像できなかった。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
#警察不祥事 を明らかにすることはSDGsターゲット16.6「あらゆるレベルにおいて、有効で説明責任のある透明性の高い公共機関を発展させる。」に向き合うことである。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
警察組織は民間感覚から逸脱している。民間感覚からすれば不祥事警察官はどこかで間違っている。この世にありもしないもののために世の中を不幸にしている。警察批判の水かさが増してくるばかりである。隠蔽体質という堤防も、もう一押し、流れが強くなれば切れてしまう。その時が来れば、木端微塵に押し流してしまうだろう。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
宿舎では内規で飲酒が禁じられているが、東京パラリンピックの警備で東京都に派遣された山梨県警の警察官らは2021年8月28日夜、持ち込んだ酒を飲んだ。その後に5人から6人が外出した(「パラ警備担当が飲酒、トラブル 山梨県警から派遣、全員帰任」時事通信2021年8月31日)。数人は性風俗店に行った。29日未明、JR錦糸町駅(東京都墨田区)付近で市民といさかいになった(「パラ警備の山梨県警警察官、飲酒後トラブルで全員帰任」朝日新聞2021年8月30日)。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
東京パラリンピックの警備で東京都に派遣された山梨県警「特別派遣部隊」複数の警察官が宿舎で飲酒した後に外出し、路上で近くを通りかかった人と口論になるトラブルを起こした(「パラリンピック 警備の警察官数人が飲酒後通行人とトラブル」NHK 2021年8月30日)。一部の警察官は外出後に性風俗店を利用していたという(「パラ警備外れた山梨県警、東京派遣の複数警官が飲酒後に外出し市民とトラブル…性風俗店の利用者も」読売新聞2021年8月31日)。
が「ナイス!」と言っています。
林田力
冤罪被害者はどのような気持ちだっただろう。どれほど悔しかっただろう。冤罪被害者の無念さは手で触れるように理解できる。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/11/04(3644日経過)
記録初日
2011/11/04(3644日経過)
読んだ本
4491冊(1日平均1.23冊)
読んだページ
833610ページ(1日平均228ページ)
感想・レビュー
4406件(投稿率98.1%)
本棚
1棚
性別
外部サイト
URL/ブログ
http://www.hayariki.net/
自己紹介

林に田んぼに力と書いて「はやしだ・りき」です。全て小学校一年生で習う漢字です。名字を林や村田と間違えられることがありますが、林田です。
趣味は読書です。好きなジャンルは歴史小説とSF小説です。両者は対極に見えるかもしれませんが、現代とは異なる社会という点で共通します。現代とは異なる世界に没頭することが好きです。この点ではファンタジーも当てはまりますが、人間社会の現実感が薄くなり、没頭しにくくなります。漫画も好きです。

マンションだまし売り被害を描く『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社、2009年)著者。
 東急不動産(販売代理:東急リバブル)から新築マンションを購入したが、隣地の建て替え計画等を売主が知っていたにもかかわらず故意に告げなかったとして、売買代金の返還を求めて東急不動産を提訴した。東京地方裁判所は2006年に東急不動産の消費者契約法違反を認定し、売買代金の全額支払いを命じた。
 「被告(注:東急不動産)は、本件売買契約の締結について勧誘をするに際し、原告に対し、本件マンションの完成後すぐに北側隣地に3階建て建物が建築され、その結果、本件建物の洋室の採光が奪われ、その窓からの眺望・通風等も失われるといった住環境が悪化するという原告に不利益となる事実ないし不利益を生じさせるおそれがある事実を故意に告げなかった」
 この判決は不動産取引に関して消費者契約法4条2項(不利益事実の不告知)を適用し契約の取消しを認めたリーディングケースである(今西康人「マンション販売における不動産業者の告知義務」安永正昭、鎌田薫、山野目章夫編『不動産取引判例百選第3版』有斐閣、2008年、31頁)。

 この東急不動産だまし売り裁判を契機として、インターネット上では東急リバブル・東急不動産に対する批判が急増した。「営業マンの態度が高慢」「頼みもしないDMを送りつけてくる」など「自分もこのような目に遭った」と訴訟の枠を越えた批判がなされ、炎上事件として報道された(「ウェブ炎上、<発言>する消費者の脅威-「モノ言う消費者」に怯える企業」週刊ダイヤモンド2007年11月17日号39頁)。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう