読書メーターあなたの読書量を記録・管理

曲月斎2016年の読書メーターまとめ

曲月斎
読んだ本
208
読んだページ
55686ページ
感想・レビュー
208
ナイス
6916ナイス
月間平均冊数
17.3
月間平均ページ数
4641ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

曲月斎
コロンブスが南米大陸から持ち帰ったことで、主食になる素材でもないのに爆発的に世界中に伝播していった唐辛子。そのスピードたるやすごいものです。胡椒を席捲し、遥か東海の小島まで至るのですから。個人的には第1章が難物でした。農学的な観点から起源を探る部分ですが、ここを乗り越えるとあとは一気呵成。元々は何年も収穫できる木本性の植物であったというのはちょっと驚きでした。今も微妙に欧州の北側では普及せず、多様な品種が続いている。入門書であり専門書の風を押さえた素敵な1冊。今の方が味覚が保守化しているのかもしれない。
曲月斎
2016年05月23日 09時29分

これは読み友さんからのリンク。おもしろい1冊です。鳥がトウガラシを平気で食べるとは知らなかった。

曲月斎
2016年05月23日 18時26分

胡椒は熱帯でしか栽培できないけど、唐辛子は温帯でも栽培できる訳で。舌の上では味ではなく痛覚と感じていると聞く辛みを求める人間って不思議です。

が「ナイス!」と言っています。
曲月斎
NHKでの羽田圭介との対談を観て手を伸ばした1冊。自意識過剰、俯瞰的等々、自画像を見立てているけど、実は犀利な視線と挙措を持っている人物ではないかな。個人的には中、高の恩師の言葉を思い出した。「何か一生懸命やっている自分を斜め上から見下ろしているもう一人の自分がいる」と師は言っていたけど。そこで止まれば次がないのだけど、筆者は「感動」という形で止揚しているんじゃないかな。決して冷笑的に捕らえる必要はないことだし。「結果より、自己ベストを求める」なんて泣かせる一言じゃないか。悩む時には「応援の1冊」かも。
曲月斎
2016年03月22日 02時16分

高知・金高堂本店で購入。店員さんが探すのに手間取っていると、先輩が「前、前。平積みのところ」と助け船を入れているのもおかしかった。正直のところ、星野源の本より読みやすかった。時々、えっ、と思うような漢字(効果覿面とか、歴とした、とか)を遣っていたり、「~していかなければならない。と感じた。」みたいな表記に戸惑いつつも。

曲月斎
2016年03月22日 02時23分

なお、本書は2010~14年に「ダ・ヴィンチ」に連載されたものを加筆、修正したもの。単行本よりさらに加筆して文庫化。

が「ナイス!」と言っています。
曲月斎
子供のころ、まだあった景色である。白衣姿の傷痍軍人がアコーディオン片手に奏でる傍ら、義手の男が正座をして頭を下げる。日常のように繁華街で見かけていた裏側にある(あっただろう)思いを綴った短編集。サラッと読めば、それなりの音だけど、引っ掛かって読むと別の顔を見せる。短編だけに寸景を切り取った形のものが多い。でも前後の余白をどう想像するのか、その余白の美を感じさせる1冊。普通の人が普通ではなくなる戦争という仕掛けへの穏やかな抗議でもある。浅田自身の年齢と経験が書かせる1冊であると思うし、余人では書けない。
曲月斎
2016年10月14日 01時02分

本書はキンドル版で読了。「折々のことば」で紹介されていたのも手を伸ばし一助となっている。

が「ナイス!」と言っています。
曲月斎
書いてあること=椛島有三の「日本会議」、伊藤哲夫「日本政策研究センター」はともに生長の家原理主義者の安東巌に帰一するというのが本書の読み。70年安保の学園紛争での民族派系学生の動きや「元号法制定」を通して運動は地下水脈のように続いていた。左派学生の多くが転向したのとは対照的に。権勢の淵源は「動員力」だ。君が代に一体感を持ち、宗教的な差異は感じさせない運営能力、事務能力。組織力は票である。議員、特に小選挙区制の下の議員には確実な票になるという点で魅力だ。民主的を装う手段で民主主義が歪んでいく不思議。
曲月斎
2016年06月08日 01時17分

第3。最終目標は明治憲法の復帰だそう? だが、話している内容が「教育勅語」のレベルをあまり出ていない。非常事態法は「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」だし、家族条項は「父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ」だし。思想的に深まっているとは思えないけど、その分、わかりやすいということなのか。「君が代を歌って一体感」という筆者の観察につきるのかも。

曲月斎
2016年06月08日 12時43分

第4。70年安保のころの熱気の埋み火とすれば、今の日本青年会議所辺りの動きを見るにつけ、統制されることが快感なのだろうか。統制されている組織に所属していることで認識してもらえる、という感覚が生まれているのか……。

が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

曲月斎

世間は連休モードですが。この3冊、併行して読むのをおすすめします。付箋紙だらけになってしまった。

世間は連休モードですが。この3冊、併行して読むのをおすすめします。付箋紙だらけになってしまった。
が「ナイス!」と言っています。
曲月斎

2015年のおすすめランキング。1位は「世界の辺境とハードボイルド室町時代」でした。http://bookmeter.com/u/25109/cat/365992

が「ナイス!」と言っています。
曲月斎

「第一次世界大戦史 - 諷刺画とともに見る指導者たち」 (中公新書)がおもしろい。日本史だとほとんど登場しないWWIが立体的に見えてくる。青島占領がドイツの皇帝をここまで怒らせていたとは……。

が「ナイス!」と言っています。
曲月斎

最近、我が家にはどこかに4次元空間への穴があるのか。読みかけ、あるいは読み直したいと思った本が消えてしまう。見つからない……。単に整理整頓ができていないだけなのだけど。

が「ナイス!」と言っています。

読んだ本208elkイメージ

1月20

2月12

3月15

4月20

5月19

6月16

7月12

8月23

9月17

10月17

11月17

12月20