読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

陸抗
読んだ本
61
読んだページ
12171ページ
感想・レビュー
61
ナイス
963ナイス

10月に読んだ本
61

10月のお気に入り登録
2

  • 禍腐男狂紳士タッキー
  • でんか

10月のお気に入られ登録
1

  • SJW

10月のトップ感想・レビュー!

陸抗
高校の先生に騙され、三重の神去村で林業をすることになった平野勇気。当初は逃げ出したくてたまらなかった生活も、日々変化する山の魅力に魅せられ、ここで生きようと決心する。神去村のモデルになった、美杉村は一度だけ行ったことがあるんですが、スイー津スタンプラリーで訪れただけでは、魅力は分からなかったでした…。映画を見て、もう一度訪れたら、違う魅力に気がつくかもしれないですね。
が「ナイス!」と言っています。

10月のトップつぶやき!

陸抗

蔵書を整理しようとして、感想書いてからにしようとしたら片付かない…。さらに、息子に風邪をうつされて、本を読む時間もない。

蜜柑
2017/10/22 15:36

お大事に‼(^-^)/

陸抗
2017/10/22 16:53

蜜柑さんへ ありがとうございます(*´ω`*)

が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
61

陸抗
大の目線で始まり、最後の「世界が広がった」にやられた。ハンナを仲間にし、初めてのライブは、漫画から音が聞こえるような熱量が伝わるから、更に音でもきちんと聞きたい!と作者さんに言いたくなる。新しく加わりそうなピアノ奏者。加わったら、どんな音色になるんだろう。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ほとんど女性が生まれない獣人は、人間の女性を番(つがい)とする。方法はさまざまで、気に入った人を拐ってくる、生贄のように捧げられた女性を貰う、等々。一話は生贄の女性を番にした獣人の話。後は変化球もの。とにかく獣人の執着が凄くて、番は家の外に出さない、他の誰にも番を見せたくない。さらには、逃げられないように足を潰すとか…。番同士の、手紙のやりとりさえ禁止してた事には驚いた。それじゃ、逃げたいと思う女性がいても仕方がないんじゃ…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ネタバレ森司とこよみちゃんの関係は、進歩してるんだよね?ふりだけで三途の川、渡らないでー。こうやって少しずつ、免疫力をあげないと、内蔵に大ダメージを与えかねないんですか、この2人。事件の方は、嫌な人間関係、上下関係のオンパレード。学校や家など、閉鎖された空間での出来事だと、第三者に気がついてもらえるのは難しいし、自力での回避は無理だよね…。あと、あの家がまた登場。もう、燃やす以外の解決法が思いつかないんだけど。いつか、森司達が、良い解決法を編み出してくれるのかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
木根さんが、なんでソフトを買い続けるかの答えが…笑えない。習慣じゃあ、仕方がない。老後に見る予定というのも、ゲームに置き換えると旦那さんが言ってたことそのままだから笑えない。好きな映画を繰返し見るのは、おかしいのかなぁ。息子がドラえもんの映画を、繰返し見るのを止めないけど。同じ映画を、2時間後にまた見るーと言っても見せるぞ。また?とは聞くけど。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
叔母の遺書に従い、市議会議員をするそよ子と、住み慣れた動物園から、別の動物園へトラが移動させられる事が決まり、何とか阻止したいトラのオスカー。オスカーの取った方法は、薬で人間になり、お飾り議員だったそよ子を鍛え、平行して原因を探ること。序盤に出てきた、不動産の二郎はなんのために出てきたのか分からず、そよ子も最初の仕事っプリは最悪だった…。これでお給料もらってたら、給料どろぼうって言われるよ…。トラたちは格好良かったけど、後は…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
アメコミは見てないので、タイトル位しか分からなかったけど、正義のヒーローのお約束につっこんだらダメだよね。楽しまなくちゃね。ジョーズは、テレビをつけたらたまたまサメが人を襲ってるシーンで、トラウマになった気がする。エヴァは…。職場の子にテレビシリーズ全話借りて、弟と一緒に見て、木根さんと同じ反応してたかもしれない。割と淡々と見る方なんだけど。タイトルだけで内容が思い出せなかったので、通りすがりの旦那さんに、解説してもらった。しかし、エヴァって凄いよね。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
子供料理レシピ、家にも欲しいなぁ。幼稚園の工作は、自由参加だったのでやらなかったけど、これがあれば子供に作らせた、かも?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
木根さん、ジブリ映画観たこと無かったんだ。とりあえず、居酒屋のおやじ、火垂るの墓を勧めるな!小学生低学年の頃に観て、未だにトラウマになっとるわ!映画の吹き替えがひどいと、字幕を選択するよね…。木根さんの友達も、しっかりと類友で安心した。木根さんに根気よく付き合う佐藤さんも、類友か。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
要さん、そのプロポーズは無いわ。女性陣がタッグ組むのも当然。遺伝だから仕方がないで、諦めませんよ。黒豆ゼリーにまつわる親類の話は、他人事じゃないので耳がいたい。マサさんのお孫さんの胃袋も掴む、ぼったくりの威力は流石(笑)
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ネタバレ「わたしのおうちはどこですか」百合子の告白が、悲しかった。いいちゃんを助けるための演技も含まれていたけれど、正太郎へのうっぷんもけっこう溜まっていたみたい。今回爆発させたことで、いつもの関係に戻って欲しい。あと母親って、子供と一緒に成長するものだから、入れ替われば全てが上手く逝くわけでもないのに。「ハートのジャックはどこに消えた」今回は珍しく、死体が絡まない事件。結果オーライだったけど、彼女が苦しんだ数年を、無かった事には出来ないよね。何気ない台詞で傷つけた彼も、そうとう苦しんだけれど…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
元アイドルで刑事の、キックこと七夕菊乃の事件簿。菊乃が、竹を割ったようなさっぱりした性格なので、読んでいても痛快だった。作者さんの仕掛けた罠には見事にはまり、怪しいと思ってた人が実は…。ラストの真犯人、生きてると思ってたなぁ。面白かったので、続きも読みたい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
映画の趣味が独特で、映画の話をしたいけど、趣味が合う友人がいない木根さん。昔はたまに映画を見てたけど、今はなかなか時間が取れなくて見てないなぁ。ドラえもんの映画なら、沢山見てるけどね(苦笑)木根さんの好きな映画は、バック・トゥ・ザ・フューチャー位しか知らないけど、好きな事を熱く語る木根さんは好き。自分の知らないことを教えてもらえるって、楽しいじゃないですか。ゾンビ映画は怖くて見れないけど、Z級の多さに笑った。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
息子が幼稚園で借りてきた絵本。すいかをみんなでいただきます。夏に読んだら、種を飛ばして遊べたね。(4才5ヶ月)
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
拐われた高校生達が、閉じ込められた建物の中で、強制的に人狼ゲームに参加させられる。今までの展開と違い、今回は、誰が人狼か探ると同時に、建物からの脱出を試みてた。首輪を外す方法を探し、隠しカメラの死角で作業する。今回の主人公の行動力は、シリーズの中で一番気持ちのいいものだった。しかし、かなりの人数を拐ってきてるはずなのに、ニュースになったりしてないのかな。 最後に、誰がどの役だったか、知りたかった。
陸抗
2017/10/24 11:47

この本を読みながら、もし、このゲームにコナンが参加させられたらどうなるかなとか想像したり。人狼を吊るす段階では、最初の2~3回は仲間を指差し回避を目指し、その後は証拠を集めて人狼を暴きそう。それと平行して、コナンが拉致されたことを知った探偵役が、拉致した組織を探しだし、コナン達を救うんだろうなぁ。

陸抗
2017/10/24 11:52

コナンが村人側なら、割りと想像しやすいけど、もし、人狼側なら…。殺したふりをして、犠牲者を仲間に引き込むんだろうか。

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
京で、吉岡道場に殴り込みをかける武蔵。清十郎の剣に翻弄され、伝七郎に情けをかけられる。又八も登場したけれど、なにしてんだ…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
妻が行方不明になった高校教師と、妻が殺された刑事。どちらの妻にも共通したのが、新興宗教の関与だった。教師と刑事、交互の目線で物語は進むけれど、正直どちらも人として魅力無し。新興宗教のからくりと、真犯人が明かされた時の衝撃はかなりのものだった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
殺される前に殺す。ただ、それだけで動いてるようにも見える武蔵。本当に欲していたものは、おつうと沢庵坊主からもらった。おつうもまた、自分の本心を沢庵から教えてもらったようで。又八はやめた方がいいわ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
仲間を集め、かごの鳥の皇帝を救う展開になっていくのかな。どことなく、ふしぎ遊戯を思い出す展開。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
病院の待合室にて。子供に鼻をほじらせるのを、やめさせるのを期待したら違ってた…。ぞうさん、ねずみさん、かえるさんは鼻をほじほじするのが大好き。だけどお母さんたちは、はなをほじると指が抜けなくなったり、鼻が腫れたり、鼻が折れちゃうよ、と止めさせようとしてくる。ここで終わってくれたらと思うのは、読み手が親だからかな。(4才5ヶ月)
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
ここにきて、新たな竜が登場。そういえば、ユリウスは翼が無かったと、今気がついた…。あと、ドラゴンの能力でユリウスが持ってないもの…。ブレス?ドラゴンの呪いが解けてハッピーエンドよりも、ドラゴンの姿も国民に受け入れてもらえる方がいいな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
パトマが帰ってきたので、ニーラムは王にならずに済むとか、そんな単純な話ではないよね。インドの王になるなら、万里子は離れるしかないだろうし。黒幕はあっさりと退場したので、あとは2人の恋の行方か。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
「ほらこの夜、またあいつらが」モルダー、あなた疲れてるのよ。そうか、疲れてるのか。ならしょうがない(何が)。全てにおいて、もやもやっと終わってしまった。すっきりしないけど、明かされたとたんにこっちが追い回されるなら、知らないままでいいです。「きみに照らされて」猫飼いさんだけでなく、ペットを飼ったことのある人なら、共感出来るはず。死んでしまうのは悲しいけど、時間が経つと、暖かな思い出が残るよね。「最後の魔女」追い詰められた少女が、これでやっと救われるかと思ったら、まさかの展開。
陸抗
2017/10/20 12:50

少女の友人が、罠を仕掛けるのは早々に気がついたけど、どれだけ少女が傷ついて来たのか、想像しなかったの?ラストがほんとにもう、いたたまれない。

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
戦で名をあげるために村を出たものの、負け戦で逃げる武蔵と又八。ひたすら強くなりたいと、戦い続ける武蔵と、怖がり木陰で女を抱く又八。生きざまががらりと変わり、進む道も違えた2人だけど、また会う日は来るのかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
雨の中、オランダ坂で迷子になった乙女がたどり着いたのは、雨の日の夜のみ営業するカフェ。オーナーの用意する、一日一品だけのスィーツは、長崎の名物ばかり。美味しいお菓子とお茶と、王道な恋愛模様に、お腹いっぱい。オーナーの仕事は早々に気がついたけど、カフェを開ける理由は、人間観察なのかと思ってました。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
軽度なのか、グレーゾーンなのか。発達障害というほど重くないけど、発達支援センターに通う息子の、「幼稚園嫌い!」をなんとか出来ないかと手に取った一冊。幼稚園が嫌いな子は、行って帰るだけで100点満点って言葉で、肩の荷が降りました。朝だけぐすって、迎えに行くとニコニコなので、嫌いでは無さそうだけど…。本では、小学生の子の宿題や時間割の事にも触れられていて、ちょっと憂鬱になりました。まだ年少組だし、今から、持ち物の準備を一緒にする訓練をするかな。声かけ等は前に、支援センターの先生に教わったのを実践してます。
陸抗
2017/10/18 22:12

毎朝「幼稚園嫌!嫌い。!」と、幼稚園の駐車場で叫んでた息子ですが、今朝突然「幼稚園大好きになっちゃった」。…どうしたらニコニコ登園するか悩んで、息子の好きなキャラの着ぐるみを着るかとか、いっそマリオのコスプレするかとか、本気で悩んだ時間はなんだったんだと言いたい。

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】茨城県立図書館に出動した特殊部隊。そこで待ち受けていたのは、業務部の嫌がらせだった。女性のいじめって、えげつないよね…。戦闘時、業務部の人たち前線に立たせたら?、とか言いたくなりそう。郁の周りの人間が良いお手本になったみたいで、郁の啖呵のお陰で、戦闘時に足を引っ張るような状況は回避された。けど、両親まで引っ張り出されて、辛くて泣いたのに、引きずらない彼女の強さを見習いたい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
神去村の、日常に焦点を当てた続編。舞台となった美杉村の風景を思い浮かべながら読んだので、そこかしこに神様がいても、納得してしまう。清々しい、山の中の空気をたんまりと吸ったような読後感。ただ、津にふりがながふってあったのが…。読めない?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
専門用語の説明が冒頭に入り、お陰で分からなかった部分もしっかり理解出来ました。ただ、今回新たに登場した天上人の説明は、次かな?長寿なネオニティ、16才で死んでしまうダフネー症。普通の寿命をもつ人類。命の重さなんて変わらないはずなのに、差別が蔓延してる。狭いコクーンだから、余計な人間は要らないと、平然と線引きしてしまう。始祖はどうして、こんな制度を作ったんだろう。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】柴崎の方の罠が上手くいかないからか、今度は郁に焦点が。査問よりも、寮での生活がきつそう…。これが学生なら、更にイラガラセとかありそうだけど、一応大人なのでかそれはなし。ただ、安心できる場所が寮の中では部屋だけってのは、辛いなぁ。柴崎が同室じゃなければ、部屋でもほっと出来なかっただろうけど。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】柴崎を慕う、朝比奈登場。からくりを知らなければ、柴崎にも春が来たかとのんびり考えるとこだけど。用意周到に、罠を仕掛けるよね…。特別編は、僻地の図書館の手伝いと、温泉旅行。郁は、堂上教官の裸をどこまで見た!?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】最終巻。気がついたら、夢の世界に閉じ込められた一子と柾季。脱出するために、RPGのノリで村を見つけて村人に話を聞いたら、勇者様!?それと平行して、覧はひかると、柾季が関わった事件の関係者探し。柾季も、一人でなんでもやろうとするから、しわ寄せが覧達に行っちゃうんだよ…。りぼんvsジャンプの戦い(笑)は、一子に軍配が上がったけど、この戦い、最近の作品にも現れてません…?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
少年の身の上が明かされ、このまま一緒に旅を続けるかな。ネロの壊れっぷりが悲しい。今まで人を遠ざけてきたツケが回ってきたと言えばそれまでなんだけど、これじゃ国は滅びるわ…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】何も語らず、ひたすら拳で正義の味方をしている柾季の重い過去と、真代に振り回される現代が交錯する。柾季は、人に頼るのが苦手なのか?やっと使い魔に頼ろうとしたら、タイミングは最悪だったり…。とんでもないところで終わってるので、作者さんに石を投げる人はいたかも?
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
没落貴族の両親が夜逃げし、一人残されたセシリアは、後見人を得るためにヒースと結婚する。けれど、ヒースが亡くなり、彼の残した遺言書には、部下のクラウスと再婚するように書かれていて…。男性と偽り、小説家としても活躍するセシリアだけど、ヒースの沢山ある遺言書には、振り回されっぱなし。それだけ、ヒースがセシリアとクラウスのことを心配してたのだろうけど。2人が読書を通じて、心を通わせていく過程は素敵。今後、図書館を作るために奮闘する2人を、ずっと見ていたいくらい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】毬江ちゃんと小牧教官の、2人の強さを見せつけられた。毬江ちゃん、良化委員会と立ち向かうの、怖かっただろうに。特別編の、着飾った郁を守る堂上教官の心境は、複雑そう。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】堂上教官の過去編と、稲嶺指令救出劇。王子様の正体は、図書隊員は全員知ってるようで。そりゃ、いい見世物だよなぁ。堂上教官には悪いけど。郁の両親の仕事場見学は、なんとかやり過ごせそうだけど、お父さんが郁と堂上教官の関係に感づいたか?端から見たらバレバレだもんね。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】堂上教官に向かって、思いっきり「あの時本屋さんにいたのが堂上教官だったら、図書隊員になりたいと思いません!」って言い切っちゃったよ…。あーあ。それでも、郁の事情を踏まえて、仕事の融通利かせるんだもんなぁ。特別編2が、凄く好き。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】郁のピンチに颯爽と現れ、必ず助けてくれる堂上教官。そりゃ、意識するでしょ。手塚も同様に助けてもらってるから、郁にライバル心を燃やしたか。郁と手塚が仲良くなるきっかけが、「付き合おう」もどうかと思うけど(笑)
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】幼稚園の、同じクラスのお母さんに貸す為に引っ張りだしたので、久しぶりに読みました。図書館戦争は漫画で読み出したので、当初は堂上教官の微妙な反応の理由が分からなかったけど、今なら小牧教官と一緒に笑える!柴崎の、見守りたい気持ちも良く分かる!あと、何故気がつかない、郁!お腹抱えて笑いそうになった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
CMを見て、気になってたので手に取ったものの、期待外れだった。主人公の典道が、なずなを助けるために同じ1日を何度も繰り返す。けれど、特にハラハラするような場面もなく、終わりかたも素っ気ない。もう少し、2人のその後を匂わすような記述があっても良かったんじゃないかな。
April
2017/10/16 14:07

そのコメントにものすごく共感しました。なんとなく不完全燃焼な終わり方でしたよね、もう一工夫が欲しくなるような作品でした。

陸抗
2017/10/16 14:27

Aprilさんへ タイムリープものだと、良作が多いのでつい、凝った内容のものを期待してしまいますね(^o^;)

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
本来なら、守られるべきの乙女ゲーの主人公(自覚なし)が、騎士になり、大切な者を守るために剣を振るう。その為に世界の歯車は狂ってしまい、破滅へと向かう可能性も。恋愛対象者のアルンバートが前世の記憶を持ち、ゲーム内容も何故か知ってるため、主人公のニアを手伝いつつ事件解決のお手伝いもしてくれるけど、損な役回りな気もする。ニアに、当初は不審者扱いされてたし。アルンバートと友人の、ゼフェロスと良い雰囲気になってきてるけど、これが今後にどう影響するのかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
シュメール文明と、宇宙人の事情を絡めたSF作品。お家騒動に巻き込まれた王家の人間が、青の惑星に移り住む事で文明が発達した。何も知らずに生きてる青の惑星の人には、いい迷惑なんじゃ…と、思える場面もあったり。補佐官の作り方は、効率的なんだろうけど、救いが無さすぎなんじゃ…。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
原曲は聞けなかったので、せめて漫画でと。サンホラだから、幸せなラストにはならないだろうと覚悟はしてたけど…。メルツとエリーゼ、テレーゼが、周りの人間の思惑で、聖女にも魔女にもされてしまうのが辛かった。ここから更に、悪いほうへ進んで行くのかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
調剤薬局にて。息子のリクエスト。アンパンマン、まだまだ好きみたい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
調剤薬局にて。アンパンマンを卒業した息子のリクエスト。「カレーパンマン強いねぇ」と、喜んでた。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
銀行の支店を舞台に、大きな事件を暴いていく物語。連作短編なので、主人公が毎回変わり、どの人に共感するかで読み手の行員のタイプが分かります(笑)最後まで、生死不明の人がいるけど、何処かで生きてて欲しい。あと、家族が居る人の、崩壊寸前の様子を見るのは辛かった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
高校の先生に騙され、三重の神去村で林業をすることになった平野勇気。当初は逃げ出したくてたまらなかった生活も、日々変化する山の魅力に魅せられ、ここで生きようと決心する。神去村のモデルになった、美杉村は一度だけ行ったことがあるんですが、スイー津スタンプラリーで訪れただけでは、魅力は分からなかったでした…。映画を見て、もう一度訪れたら、違う魅力に気がつくかもしれないですね。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
原作つきだからか、どこか荒川節は控えめに感じた。仲間を集めて、皇帝に成り代わるか、皇帝を救うかは、岱燈次第か。おまけ漫画は、安定の面白さだった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
花を食べ、人の姿になれる花犬と、彼等の力を借りて狩りをする花操師。主人公のコトナと、花犬のセキとの、噛み合わない会話や態度に違和感を感じたりもしたけれど、別の花犬、ハルシの事が明らかになってから、ぐっと面白くなった。ただ、花犬が何故人間になれるか、の辺りの説明が欲しかったかな。ひょっとしたら、花操師と恋に落ちる花犬もいたのかな。もし、続きが出るなら、その辺りも書いて欲しい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
日本三大がっかり名所や、日本三大美人、三大秘境等、さまざまな三大○○をテーマにしてます。岩手の三大麺は、全部美味しかったなぁ。また岩手行きたい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
愛理の目当ての人って誰なんだろ。花魁全員にちやほやされたいってだけなんじゃ、と、思わなくもなかったり。野菊の放った言葉を 、彼女はどう受け止めるのかな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
最終巻。アンネが執拗に、メフィストにつけ回される理由も判明し、しっかり伏線が張られていたことにやっと気がついた…。ハルとアンネの絆と、彼等の諦めない気持ちがハッピーエンドに繋げてくれた。次回作も楽しみ。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】柾希の幼馴染の魔女、宇卵登場。彼女(?)なりの考えで、ウィッチクラフトを使って、周りを幸せにしてる…つもり?今まで出てきた魔女と比べて、責任を背負う気は全く無さそう。場を引っ掻き回す役目かな。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
【再読】商人の家で暮らす翠蘭は、叔父の唐の皇帝の命令で、公主として吐蕃の王へと嫁ぐことになった。身分を偽ることの戸惑い、見知らぬ土地へ向かう不安を抱える道中、何者かに襲われ…。昔、コバルト文庫で全部読んだものの、懐かしくてまた読みました。久々のあの人もいる!とか、妙なテンションで読了。集英社文庫からは、続きは出てないようなので、読みたくなったらコバルト文庫版を引っ張り出すしか無さそう…。
でんか
2017/10/05 15:43

なつかしい作品の名前が!ストーリー、当時の少女小説としては画期的(というかなんというか?)でしたよね。集英社文庫では途中で止めなのか……この先を思い返すと、確かにそれもありかも、と思うことです。

陸抗
2017/10/05 16:28

でんかさんへ 懐かしいですよね。コバルト文庫は全部持ってるんですが、つい手にとってしまいました。昔のコバルトは、結構いろんなジャンルがありましたよね。翠蘭の今後を思うと、ここで終わるのもありかもですが、もう少し出てもいいかなって気もします。

が「ナイス!」と言っています。
陸抗
叔父に使用人として扱われ、揚げ句に持参金目当ての結婚を迫られ逃げ出す没落貴族のセシリア。逃げた先で出会った、悪魔伯爵の元で新たに生活することになり…。結婚が嫌で逃げるのは分かるけど、何故妹2人を置いてくる。叔父が、セシリアが逃げた詫びに、妹2人を差し出す可能性を考えなかったのか。実際、なにもしなかった叔父に、ものすごい違和感。あと、セシリアは、好みの相手なら簡単に流されるのか?始まりからそんな感じだったので、感情移入は出来なかった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
「桜の花の紅茶王子」サクラと吉乃の仲違いに、周りの人間がやきもきしてる。ただ、ラストのアッサムと奈子の台詞にええってなった…。確かに、あの2人と同じ展開じゃ、漫画としてはダメなんだろうけど。でも、残ってる方法って。「嘘解きレトリック」史朗さん編、終了。登場したときは、掴み所のない人だったけど、今は人間らしくなったみたい。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
領民を虐げる領主の娘として、処刑された彼女は、死んですぐに同じ領地で生まれることに。領主の一家を断罪したカイドは、新たに領主としてライウスを修めていた。生まれ変わった彼女、シャーリーが、カイドの元でメイドとして働くようになり…。無知も罪だといえばそうかもだけど、お嬢様の立場で領民の状況を知ろうとすると、周りの人間に害が及ぶ可能性があったんじゃないかな。彼女がどう償うのか、それは今後の課題だろうけど、とりあえず酷いところで終わってる。何となく、展開は予想出来るんだけど。酷い。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
自宅を、いずれレストランへリフォームするのは、何となく予想してたので驚かなかった。バリアフリー設計だから、車椅子の人も入りやすいお店になりそう。ただ、楓には、お店を手伝えないジレンマみたいなものも、ありそう。樹とつぐみが再会し、仕事をまた一緒にやるのは、どんな結果を招くのか…。次も期待。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
全てにおいて、完璧すぎるヘルミーナ。その為、婚期を逃していたのだけど、叔父の紹介で結婚することになったエーリヒは、彼女以上に変な人だった。エーリヒへの誤解が解けるたび、ヘルミーナはエーリヒへの恋心を募らせていくけど、それと同時進行で2人でとんでもないこともやらかした。仲の良い場面が少なかったのが淋しいけど、楽しかった。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
最終巻。クリストファーがどんな罠を仕掛け、ゲームを終わらせようとするか、最後まで気が抜けなかった。殺された人の頭文字で綴られた暗号は、DNAかと深読みしすぎたみたい。19世紀のロンドンでは、まだDNAの塩基配列は発見されてなかったような…。最後は大団円だったものの、犠牲者の数が多すぎた。
が「ナイス!」と言っています。
陸抗
どこでもいっしょのキャラのプロフィールと、グッズの紹介。私と息子がトロが好きなので、グッズはあれこれ欲しくなるけど、売ってない…。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/01/18(2864日経過)
記録初日
2009/10/14(2960日経過)
読んだ本
5664冊(1日平均1.91冊)
読んだページ
1063342ページ(1日平均359ページ)
感想・レビュー
2783件(投稿率49.1%)
本棚
4棚
性別
血液型
O型
現住所
三重県
外部サイト
URL/ブログ
http://caramelcafecafe.blog.fc2.com/
自己紹介

いろんな本を読んでみたいと思いつつ、特に小説は
好きな作家さんだけ読むことが多いです。
が、友人と本の貸し借りをする機会が増え、
好きな作家さん増加中。
感想記入率を上げるために、頑張ってます。
目標、1日1冊(小説・漫画問わず)。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう