読書メーター KADOKAWA Group

2024年2月の読書メーターまとめ

kitten
読んだ本
25
読んだページ
6619ページ
感想・レビュー
25
ナイス
825ナイス

2024年2月に読んだ本
25

2024年2月のお気に入られ登録
1

  • オレオ

2024年2月にナイスが最も多かった感想・レビュー

kitten
図書館本。久々にしをんさんのエッセイ。年代がバラバラで、10年以上まえのものから、コロナ禍の頃の文章もある。何かを好きになると、ずっと好きのまま、飽きないらしい。今、流行りの推し活をずっと昔から続けておられる方。出不精なはずなのに旅行記が面白かった。即身仏の世界にびっくり。
kitten
2024/02/29 12:38

2022年のBUCK-TICKライブの話があって、ちょっとほろりとした。しをんさん、あの衝撃に耐えられただろうか。文章には書けないかも。BUCK-TICKの訃報を聞いた時、真っ先に思い浮かんだのはしをんさんだった。

が「ナイス!」と言っています。

2024年2月にナイスが最も多かったつぶやき

kitten

2024年1月の読書メーター 読んだ本の数:30冊 読んだページ数:9389ページ ナイス数:1068ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/622979/summary/monthly/2024/1

が「ナイス!」と言っています。

2024年2月の感想・レビュー一覧
25

kitten
図書館本。依存症にかかった女性たちの物語。うーん、偏見がきっついなあ。意志が弱いとか自己責任とかそういう問題じゃなくて。アルコール依存症の人がお酒を飲むのは風邪を引いた人が鼻水たらすのと一緒。症状のひとつで止められない。背景にあるのは、「孤独」なんだろうなあ。悲しいお話だった。特に、第4章のバースデイのラストがきつかった。お酒でものまなきゃ、やってられないって。評価、星2。テーマが重くてしんどかった。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。久々にしをんさんのエッセイ。年代がバラバラで、10年以上まえのものから、コロナ禍の頃の文章もある。何かを好きになると、ずっと好きのまま、飽きないらしい。今、流行りの推し活をずっと昔から続けておられる方。出不精なはずなのに旅行記が面白かった。即身仏の世界にびっくり。
kitten
2024/02/29 12:38

2022年のBUCK-TICKライブの話があって、ちょっとほろりとした。しをんさん、あの衝撃に耐えられただろうか。文章には書けないかも。BUCK-TICKの訃報を聞いた時、真っ先に思い浮かんだのはしをんさんだった。

が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。脳腫瘍になり、悪魔(?)との取引で命のかわりに記憶を失った女性のお話。うーん、そう来たか。読了感は決して悪くないけれど、ちょっと無理がないかい?と思ってしまったなぁ。2年間の記憶喪失ってピンポイントすぎて逆にぴんと来ないな。終盤の展開は、さすが辻堂さん、としかいいようがない。評価、星3。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。パパになってすでに17年以上たつが、知識のアップデートのために読んでみた。とにかく注意が必要なのは産後うつのお話。あと、個人的にはSNSにも注意が必要と思ってる。この本みたいに正しい情報ならいいけどさ、変な情報に振り回されると困る。昔に比べると、男性の育児参加はかなり進んでいると思うが、過渡期なだけに個人差が激しそうだなあ。イクメンはすでに死語。何にせよ、ママに寄り添うことが一番。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。久美子二年生の夏のコンクールまで。うわー、リズと青い鳥、実際に聞いてみたいなぁ。みぞれ覚醒の演奏を聞いてみたい。これ、アニメだとどう表現されるんだろうね。女子同士の大好きハグ、これはもう、百合に近いのではないか。黄前相談所は盛況だったけれども、これがラストの伏線になるとは。正直、コンクールの結果は予想通りだった。そんな甘くないよね、と。黄前組、誕生となって、続く。評価、星3。アニメでどうやって音の表現できるのか気になるね。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。響けユーフォ、第二楽章のスタート。クセの強い一年生がたくさん入ってきて、黄前相談所は今日も盛況。って何の話だか。オーディションはやっぱり緊張するよ。先輩よりうまい後輩がどう立ち回るかってのは、吹部では永遠のテーマなのかもしれない。後編へ続く。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。一般向けの、ポリファーマシー削減のお話。一言でまとめると、「信頼できるかかりつけ薬剤師をもち、相談しろ」かな。お薬を患者さんが勝手に減らすのはよくないので。どれもこれも減らせばいいってもんじゃないし、どれが重要な薬か、ってのは薬剤師なら一目でわかるが、患者さんから見るとそうではないかも。逆に、一般の人はここまで薬のこと知らないのか、と思った。薬剤師は、知識があるがゆえに一般の視点を持てないことが多い、と自戒。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。村山さんの本は久しぶりだけど、SFの連作短編集。村山さんがSFって思ったけど、もともと村山さんの書くお話は、現代ものでも少しファンタジー入ったものが多かったから、SFでも別に問題はないわけで。しかし、宇宙規模ともなるとスケールでかいわ。銀河系の果てまで届く物語。個人的には、「魔法の船」の話がお気に入り。あとは、挿絵が表紙になってる一話目も、悲しい話ではありながらよかったな。そういう気持ちって、時代どころか種族もこえてしまうのね。平和な日を願う。評価星3
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。がんの治療法、ブルーバックスで。少し前は、手術、放射線、化学療法の三本柱だったが、現在は免疫療法もはいって四本柱になってるのか。治療法はどんどん進化していて、治療成績もよくなってる。あとは、コスト面かな。遺伝子検査が高すぎる。もうちょいコストダウンできるようなイノベーションがほしいけど、これでも昔に比べるとはるかに進歩してるんだよね。情報のアップデート大事。一般向けだけど結構詳しかった。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。岬洋介シリーズだけど、なかなかにゲスい話がしんどくて、 岬〜、はやく来てくれえ!って流れだった。出てきてからは、恐ろしい勢いで話が片付いていくから、すごいよなあ。まさかの、御子柴弁護士登場かと思ったけど。評価、星3
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。乙女の本棚シリーズ、太宰の「駆込み訴え」。初読だったけど、どういう話なのかは知っていた。うわー、病んでるなぁ、というのが率直な感想。これは何?単純な話であるわけはないんだけど、人の感情というのは、多面的なもので。愛しているというのも、憎んでいるというのも、どちらかが嘘というわけではなく、両立しているように見えるな。しかし、こんなの書いていいのか?あちこちから怒られないかな。イラストはいかにも不穏な雰囲気でよいね。
kitten
2024/02/18 19:30

太宰の「駆込み訴え」をなんで知ったかというと、藤野恵美さんの「ふたりの文化祭」。腐女子トークの中で出てくる。「イエスは総受け」とか、もっとやばい言葉もでてきたなぁ。もともとの原作も不謹慎だが、ここからさらに妄想を広げると本当にやばい。

が「ナイス!」と言っています。
kitten
レッドスワン再読。優雅が最高学年にあがり、いよいよトレーニング再開。わずか二分とはいえ、ピッチに立ち、世界中の度肝を抜く。そして、女性陣に怒られる九条圭士郎。さすがに、優雅のプレイは覚えていたが、その他の部分はいい感じに忘れてる。あれ、青森市条用の戦術ってなんだったっけ?忘れてるからこそ、再度楽しめるんだが。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本、朝井さんの連作短編集だけど、これがもう9年前かあ。この頃はまだ朝井さんも若くて、高校生の心情とかも理解しやすかったんだろうなあ、とか、本筋と関係のない感想。最終話だけ、ちょっと悲しい話だったな。評価、星3
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。うーん、タイトルだけで気になって見てみたけど、それなり。参考文献の資料が多いからちゃんとエビデンスのある話なんだろうけど、本文だけ読むと、「ほんまでっか?」という感じもした。こういうの、全部信じてその通りにしようって思うのが、まずダメだと思う。子どもに合うか合わないかをきちんと見極めないとね。
kitten
2024/02/15 11:52

ちょっと期待外れかな。エビデンスの内容をもっと詳しく知りたかったんだけど。

が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。原田さんのアート小説は、ふたたびのゴッホと、ゴーギャンの話。ゴッホが自殺に使ったかもしれないリボルバーは、実際にオークションに出されていて、原田さんはそこから着想したんだろけど、どこからがフィクションなのかわからないのが面白い。さきに「たゆたけども沈まず」を読んでてよかった。ファン・ゴッホの状況がわかった上で読まないと、難しかったかも知れない。原田さんの作品よむと、アートを見に行きたくなる。なかなかいけないけど。評価、星3
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。更年期について、なんとなく知っているけれどももう一度再確認の意味で借りてみた。女性では閉経前後10年くらい。症状は人それぞれ。全然ない人もいる。男性更年期という話もあり、ストレスなどの影響で男性ホルモンが低下した場合におきるけど、こちらは年代関係なくおこることあり。ただ、どちらにしても症状だけではうつ病との鑑別は難しい。奥さんもそろそろだからチェックしていきたいが、この本見せた瞬間に怒られそうな気もする。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。久々に乙女の本棚。うわー、やっぱりこのシリーズはいいわ。しきみさんの絵が付かなきゃ、今どきの子は坂口安吾なんて読まないと思う。それにしても、この安吾の文章にしきみさんの絵の組み合わせが絶品。相乗効果がすごいわ。また、図書館で探して借りてみるか。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。ぶたぶたじゃない矢崎さん。ある特定の過去の時間にタイムスリップできる、という短編集だけど、「自分ならどこの時点に戻りたいかな?」といろいろ想像してしまう。でも、最終話みたいなこともあるんだよな。結局、今の自分がベストだと思う。ぶたぶたじゃなくても軽くて読みやすい。評価、星3.
が「ナイス!」と言っています。
kitten
奥さんの蔵書から。昨年、ノーベル経済学賞を受賞したゴールディンの著作。アメリカで過去100年の間に、どのように女性が社会進出してきたか。それでもうまらない男女の賃金格差の原因は。著者の考えはおおむね納得できる。ただ、この本は基本アメリカの話で、日本には当てはまらない、と言いたいところだが、日本の方がもっと酷いので何とも。結局、子育てのところでどうしても差がついてしまうのね。私が思う単純な解決策は、キャリアを望む女性は、そうでない家庭的な男性を結婚相手に選ぶことでうまくいくのでは?
kitten
2024/02/09 22:23

我が家の場合、私が仕事をセーブしてて、奥さんの方が労働時間が長い。もちろん、家事、育児は私がメインになる。収入は奥さんの方が多い。それで問題ない。ただ、おそらく「自分より稼ぐ妻」を気に入らない男性は多いし、「稼げない旦那」を尊敬できない女性も多いだろう。そこがジェンダー規範にとらわれているところ。

kitten
2024/02/09 22:32

女性の大卒、最初期は日本でいえば津田梅子だし、こないだ読んだ柚木さんの「らんたん」の世界になるな。確かに、結婚なんて必要ない女性だった。ヘレンケラーやナイチンゲールもそうなるのかな。あとは、医師の働き方が日本とアメリカで違いすぎて笑えた。日本では、超がつく長時間労働だよね。賃金格差をなくすには、働き方改革が絶対に必要。

が「ナイス!」と言っています。
kitten
レッドスワン再読ついでに再読。セレストブルー、青森市条の物語。ほぼみんな、マキナが好きなのに、マキナが好きなのは篠宮で、タカキはまた別の人が好き、という報われない関係は、レッドスワンと大差ないなあ。篠宮は高槻監督の指導を受けるために青森市条を選んだってなってるけど、実際のとこどんな感じだったんだろ。この本だけ文庫本もってないけど、文庫本の方の書き下ろしも好きなんだよね。そっちも買うか?
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。お酒がテーマのアンソロジー。織守さんだけお初かな。でも織守さんのが一番お酒の雰囲気なかったな。坂井さんの話はもひとつ。額賀さんのは、農大の醸造学科の話って、もう頭の中「もやしもん」しか出てこなかった。原田さんのは、なぞの定食屋「雑」のお話。手作りコロッケっておいしいのかな?最後に柚木さんは、コロナのオンライン飲み会なお話。あの頃はしんどかったけど、いまだにコロナ続いてるんだよな。評価、星3
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。斜線堂さんの恋愛小説短編集。うわー、これすごいわ。斜線堂さん、やっぱり天才だわ。何一つとしてまともな恋愛?がないのがまた。巻末書き下ろし含めて、この男二人、女一人の三角関係が一番面白かった。いやいや、これはファンタジーでしょ、男女の親友なんてありえないよ、と思うけれど、こういう関係って憧れるよね。もっと、この三人の話を読みたいが、これ、どうやっても最後には破綻する未来しか見えなくて。評価、星4
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。佐野さんの新刊だから予約してみたが、これは何だろう?みんながみんな、中二病拗らせてるような感じなんだが。話としては怖い話だと思うんだけど、主人公の性格というか、性質が全く主人公にむいてないよね。え、あとからその情報足すの?ってのも多くて、ちょっと合わなかったな。逆に、中二病全開の若い人には合うのかも知れないが。評価、星2。
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。似鳥さんのホラーは、マジ怖いんだってば。怪異に対して物理的火力で対応する唐木田探偵社。そして、調査員は変態ばかり、ってんだから、いつもの似鳥さんのようなちょっとおかしなキャラが活躍するんだろうと思っていたら、予想以上にハードでびびった。死と隣り合わせなんてもんじゃないよね、これ。いやあ、怖い怖い。評価、星3
が「ナイス!」と言っています。
kitten
図書館本。海のない栃木の水産高校、ナカスイの二巻。今回は、JKの初恋がテーマになってて、これがまた小っ恥ずかしい。すくなくとも、私のようなオッサンが読む本ではないわ。でも、最初のことを思うと、めちゃナカスイ愛にかわってるよね。青春っていいなあ。評価、星2
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2015/10/28(3163日経過)
記録初日
2015/09/14(3207日経過)
読んだ本
2997冊(1日平均0.93冊)
読んだページ
892560ページ(1日平均278ページ)
感想・レビュー
2995件(投稿率99.9%)
本棚
10棚
性別
年齢
47歳
血液型
B型
職業
専門職
現住所
大阪府
外部サイト
URL/ブログ
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/cat5695745/index.html
自己紹介

 基本は図書館読みですが、
気に入った本は文庫で買いなおすこともあります。

感想に評価も入れていますが、小説の評価基準は、

星5・・・年1位を争うくらい面白い。
星4・・・月1位を争うくらい。
星3・・・同じ作家の本があれば読んでみたい
星2・・・同じ作家の本を読むかどうか分からない。
星1・・・二度とこの作家には関わらない。

 2で普通、3なら高評価です。
評価4以上をつけるのは10冊に1冊もないです。

 自分の読書管理のため利用していますが、
子ども達(中高生)との共読本や、仕事用の学術書もあるので、
あまりまとまりのない構成になっております。

 本気で気に入った本は、ブログの方に感想上げてます。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう