読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

しんたろー
読んだ本
15
読んだページ
4427ページ
感想・レビュー
15
ナイス
4672ナイス

10月に読んだ本
15

10月のお気に入り登録
4

  • ロビニスタ
  • わん子
  • そら
  • むらさき

10月のお気に入られ登録
4

  • ロビニスタ
  • わん子
  • そら
  • むらさき

10月のトップ感想・レビュー!

しんたろー
ニートでゲームオタクの男性主人公で話が進み、マニアックな笑いの要素も多いので「いつもの加納さんらしくないなぁ」と思いながら読んでいたが、途中から温かくて優しい加納テイストがグイグイ押し寄せてきた。イヤな登場人物がいなくて、上手く事が運ぶ展開なので「けっ!」と思う人もいるだろうが、人情味多い人の繋がりは勿論、島や猫の描写にも癒された。終盤は加納さんらしい「日常ミステリ」的な種明かしもあって、それがチョットした感動になるのも好みだった。今が上手くいっていない人へのエールが込められた前向きになれる素敵な作品。
♡ぷらだ♡
2020/10/03 13:13

なるほど『ななつのこ』から始まる駒子シリーズですね。こちらも読みたい本に登録させていただきます。貴重な情報ありがとうございます。m(_ _)m

Emirin
2020/11/14 08:45

しんたろーさん♪♪ 読書の時間がとれず放置してましたが、読み出すと楽しくて寝不足気味です(^ー^* )フフ♪ やっぱり加納朋子さん好みだなぁと改めて思いました♪♪ ホント良かったです!

が「ナイス!」と言っています。

10月のトップつぶやき!

しんたろー

9月は残暑&現場疲れで今年最低の読書量(~_~;)それでもウォーキングは100万歩を突破できたので取り敢えず自己満足。涼しくなって読書も頑張りますので、これまで同様にご交流お願いします!TOP3は『お父さんはユーチューバー』『まだ温かい鍋を抱いておやすみ』『事件持ち』でした♬【2020年9月の読書メーター】本の数:11冊 ページ数:3730ページ ナイス数:3884ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→https://bookmeter.com/users/655439/summary/monthly

9月は残暑&現場疲れで今年最低の読書量(~_~;)それでもウォーキングは100万歩を突破できたので取り敢えず自己満足。涼しくなって読書も頑張りますので、これまで同様にご交流お願いします!TOP3は『お父さんはユーチューバー』『まだ温かい鍋を抱いておやすみ』『事件持ち』でした♬【2020年9月の読書メーター】本の数:11冊 ページ数:3730ページ ナイス数:3884ナイス  ★先月に読んだ本一覧はこちら→https://bookmeter.com/users/655439/summary/monthly
しんたろー
2020/10/03 12:45

サスペンスずきんちゃん、歩くのは手軽でいつでも出来るのでオススメですよー😉

しんたろー
2020/10/03 12:49

Masakoさん、皆さん歩くのにムラがあるのは仕方ないですよね~😅農大前は確かにバス停ですが、経堂から歩いて20分、用賀からだと25分なので、🍜食べるのを目的に歩くのもオススメです😉今月も宜しくです🙇⤵️

が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
15

しんたろー
私の楽しみは読書をしながらの土手沿いウォーキングだが、下巻は気が付いたら3時間も歩き続けたほど面白く、至福の時を過ごせたし、読み終えるのが惜しかった。レギュラー陣の見せ所も多く、緊迫感と熱い情が波状攻撃のようにやってきてページを捲る手が止まらない。今までの巻との繋がりも随所に見られニヤリとしつつ、胸が高鳴り、瞼が震える。三世代それぞれの想いが交錯し、受け継がれる魂に感動…群像劇としても一級品で、こんなに面白いシリーズに育て上げた今村さんに脱帽&感謝!そして多くの人に読んで貰いたい見事な名シリーズだと思う。
いつでも母さん
2020/11/06 14:37

受け継がれる魂→私も同じく感じました!✨本当に読み終えるのが惜しい。ずーっと読んでいたい。そんな感じになりましたね。

しんたろー
2020/11/06 16:54

母さん、ホントに面白くてワクワクする作品ですよね!!再読しつつ、新シリーズを待ちたいです♫😉

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
著者がシーズン1の最終章と銘打っているだけに期待が大きく膨らんで読むタイミングを計っていたが、我慢できずに突入…前世代と若き源吾たちを描いた『黄金雛』を前作として置いた深慮が伝わってくる物語で「巧いなぁ」と思いながら楽しめた。伊神甚兵衛という魅力たっぷりの敵役を最大限に活かしながら、各巻を彩ってきた漢たちの見せ場も随所に配置する心憎い展開。憎まれ役の進藤内記の使い方も粋で「このシリーズを読んできて本当に良かった!」としみじみ思いながら噛み締めるようにユックリ読んでいたが、あっという間に読了。いざ、下巻へ!
てっしー
2020/10/31 07:42

我慢できないほどの魅力、しんたろーさんさすがですよね(^-^)

しんたろー
2020/10/31 09:30

てっしーさん、お見事な最終章でしたね!👍

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
貴島刑事シリーズ第2弾。「怪奇と推理の融合」という、このシリーズの狙いとしては1作目に及ばないが、不可解な墜落死~女子大生連続殺人事件はワクワクする謎を盛り込んで本格モノの楽しさを味わえた。丁度良い長さの章立てでテンポ好く進むし、二転三転する終盤の展開も巧い。更に主人公・貴島の過去が描かれたり、相棒になった刑事・西山のキャラ設定が良かったり、読者を惹きつける工夫があって満足できた。著者が後書きで語っているようにエピローグは賛否両論あるだろうが、本シリーズならではの「お愉しみ」と思えた。第3弾も期待したい♬
♡ぷらだ♡
2020/10/30 12:57

「怪奇と推理の融合」というのが興味深いです。シリーズ1作めの『i鏡に消えた殺人者』から読んでみたいと思います。

しんたろー
2020/10/30 13:54

ぶらださん、1作目はオススメですよー!😉

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
市が管理する人工海岸で陥没事故が起こり少年が意識不明の重体に…責任回避の為に特命で動く黒木は、刑事を退職して市職員になった訳アリの男…無気力な黒木に段々と火がついてゆく過程が良い(中盤まで少々緩いが後半はテンポアップ)。伊兼さんにとってデビュー2作目らしいので、若干の雑さと纏まり切れていない感はあるが、登場人物たちの背景や心情は上手く書き込まれていて感情移入し易いのが好き。サスペンスを楽しみつつ「仕事に向き合う姿勢」「信頼できる仲間」などを考えながら熱くなれる部分も多く、やはり肌に合う作家さんだと思えた。
じゃがー
2020/10/30 07:41

なんだかんだ未読の伊兼さんですがやっぱり面白そうですね。『地検のS』からと思ってはいますが…(^_^;)

しんたろー
2020/10/30 10:48

じゃがーさん、伊兼さんは全読する価値がある作家さんですよ!👍

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
近藤史恵さん初読み。「サイクルロードレースをモチーフにしたミステリ」と聞いて「馴染みない世界だし、どうなの?」と登録して放っておいたが、読友さんたちが熱狂しているので手に取った…皆さんが熱くなるだけのことはある!説明臭くなくスッと世界へ入れたし、レース描写も緊迫感があって目に浮かぶよう。何より主人公・白石誓を始めとした人物造形が素晴らしい。ミステリとしてはホワイダニットが主軸なので大きな意外性はないがキチンと伏線は張られていたし、誓の先輩・石尾の秘めた想いが切なく熱く胸を打つ。シリーズを胸躍らせて読もう♬
kasumi
2020/10/27 22:46

近藤史恵さん、面白いですよね!このシリーズの大ファンです。

しんたろー
2020/10/28 05:47

kasumiさん、近藤さんの面白さを知らなかった自分を叱咤したいです😅これからドンドン読みたいです♫😉

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
刀城言耶が活躍する3つ短編と表題作の中編。三津田さんの刀城シリーズは長くて厚いのが難点だが、本作は簡潔なので読み易い。それでいて売り物の「怪奇」は程好く効いていて「推理」も論理がキチンとしていてキレが良い(人名地名が特殊で覚え辛いのは相変わらず…苦笑)。短編の中では『巫死の如き…』が悍ましい真相に唖然としたし『獣家の如き…』は綾辻さんの『館シリーズ』を思い出した。犯人当てを楽しむ表題作は、本作3短編やシリーズとリンクしつつ、二転三転してファンを楽します手腕に感心した。休憩していたシリーズ挑戦を再開したい♬
★Masako★
2020/10/22 18:17

シリーズ全部読んでなくても楽しめたんですね(^-^) 私もシリーズかなり前に途中まで、だったので、いつか再読兼ねて全部読みたい~♪

しんたろー
2020/10/22 18:30

Masakoさん、きっと多く読んだ人ほど表題作を面白がれるのでしょうが、シリーズ2作だけの私でも楽しめましたよ♬('ω')ノ

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
主人公・隆太が定時制高校で出会った同級生・大吾と共に、数々の事件に向き合う連作形式の物語は、11年前に起こった一家惨殺事件に繋がる…著者が陥り易い「盛り込み過ぎて消化不良」になるのを心配したが、巧く構成されていて杞憂に終わった。登場人物の多くが哀しい過去を背負っているので暗い雰囲気ではあるが、瑞々しい青春ものの一面もあって、絶妙なバランスの内容になっていると思えた。隆太が脆弱な理由も最後には納得できたし、大吾の健気さを応援できた。結末も宇佐美さんしては爽やかで『ポニン浄土』に続いて秀作を産み出したと思う。
ケイト
2020/11/05 07:52

しんたろーさん、ホラーかと思いましたが・・未来を感じられた作品でした。比奈子さんの強さに惚れます( *¯ ꒳¯*)✨

しんたろー
2020/11/05 10:32

そうですね!芯のある女性は魅力的ですよねー😘

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
小学校5年生の佐土原クンの目線で、頭脳明晰な水谷クンの名推理を描いた4編+エピローグ構成の連作短編。「あの芦沢さんが子供主人公の話?」と読む前は懐疑的だったが、著者らしいブラック&ビターな味付けで、切れの良い日常&青春ミステリが活き活きと描かれていた。いかにも小5の佐土原クンと小5とは思えない水谷クンの組み合わせも定番ながら効果的だし、同級生・川上さんの儚く切ない存在も効いている。エピローグでドンデン返し的に伏線回収をしているのも良かった。贔屓の芦沢さんとしては「中の上レベル」だが、続編を期待したい佳作。
が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
「続編が出ても読まない…かな」とレビューに書いた『作家刑事毒島』の続編なので迷ったが、読んでみて正解…時系列としては毒島が刑事として現役だった頃で、1作目の前日譚になる5つの連作短編集…それぞれの事件に教唆した黒幕がいるという展開で、20年以上前のテレビドラマ『沙粧妙子・最後の事件』を彷彿させる。ブラックな笑いをまぶした批判小説的な前作よりサスペンスとして面白くなっていて、終盤のどんでん返しも著者らしい。インターネットによる匿名の闇や人間の脆弱性への皮肉を込めた社会派要素も含めて、毒島の舌鋒も鋭く感じた。
が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
童話シリーズ第2弾は、旅をしている赤ずきんが探偵役として『シンデレラ』『ヘンゼルとグレーテル』『眠れる森の美女』『マッチ売りの少女』での殺人事件を解く連作形式のファンタジーミステリ。赤ずきんの明晰な推理は楽しいし、魔法使い、人間の言葉を話す狼、テントウ虫が彼女を助けるので夢があり、それでいて人間の自己本位の欲望には痛烈な皮肉を浴びせていてビター味。前作よりミステリ色は薄くなった気がするが、主人公が続くことで小説としての面白さはアップしたと思う。無垢な子供には向かないが、大人が軽く楽しむには丁度良い娯楽作。
が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
短編の『遺言』と中編の『白蟻女』の2編の新作は、今までとは大きく異なって、クスっと笑えてカッと目頭が熱くなる内容で意外な感じ…『遺言』は毒を吐きまくる話かと思いきや人間描写の妙に笑えたし、ラストはイイ話にまとめてキレが良い。『白蟻女』は幽霊を使ってのファンタジーながら、人情と愛が溢れた優しい話で、主人公の健気さが可愛い…正に『白蟻女』ならぬ『白赤松』…社会派SF的な『アウターライズ』以外の作品で毒気やエログロに痺れたファンには物足りないだろうが、私にとっては嬉しい裏切りで、著者の幅広さを知らされた好作品。
じゃがー
2020/10/14 08:15

白赤松さん、いいですよね!エログロ苦手な自分でもこの作品はよかったです!

しんたろー
2020/10/14 08:39

じゃがーさんが楽しんだレビューで想像していましたが、なるほどって感じでした😉

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
人気シリーズゆえに半年以上の図書館待ちをしてやっと読めたが......ハードルが上がり過ぎていたかも知れない。神奈川県警に移動した竜崎が自身の信じる「原理原則」を押し通し、本音だけで勝負する姿は相変わらず痛快で理想の上司と思える。警視庁との違い、中国との関係はソコソコ楽しめたし、登場シーンの多かった妻・冴子との会話も面白かっただけに、事件自体が弱くてシリーズ中では最も低調に感じたのが残念。新メンバーたちに関しても物足りなくて、魅力が発揮されるのは先々になりそう。好きなシリーズだけに次巻を期待して待ちたい。
しんたろー
2020/10/12 22:58

のりのりさん、竜崎を楽しむ小説なのは判っていますが、今野さんにはもう少し事件も頑張って頂きたいと思います😅辛口ですがシリーズを愛するがゆえの苦言を呈しました。

しんたろー
2020/10/12 23:00

じゃがーさん、コントとして楽しむのもアリですが、今までが質が高かったので残念でもあります。長いシリーズは難しいでしょうが『新宿鮫』のような工夫が足りないと感じました。とは言え、主人公の魅力は素晴らしいのですが😅

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
関東大震災から始まる物語は大正ロマンとヴァイオレンスが織り交ぜられた独特な世界観…スパイ育成機関出身の美女・百合、陸軍の裏金作りをした男の息子・慎太、二人に迫る敵の魔の手が凄まじい。無類の殺傷能力と知恵を駆使する百合が恰好いいし、オシャレを気にする姿が微笑ましい。彼女の相棒である中国女性・奈加のキャラも粋で、敵方にも憎いキャラが揃っている。度々ある緊迫のアクションシーンにはハラハラドキドキ。100ページ程凝縮すれば傑作になったと思える長さが欠点だが、百合のハードボイルド&慎太の成長譚として大いに楽しめた。
ずきん
2020/10/10 13:33

あっ、ごめんなさい。消しますね。ではあらためて、奈加ああああっ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

しんたろー
2020/10/10 16:28

ずきんさん、ボケがみどり虫さんに似てきたような😆

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
殺人現場は密室で、犯人の血だらけの足跡はまるで鏡の中に入ったかのように鏡の前で途切れていた…「怪奇と本格推理の融合」を狙った物語はゾクゾクする出だしからホラーテイストを漂わせつつ終盤の謎解きまで一気に読ませてくれた。これが処女作に近いものだからこそ、その後の今邑さんの活躍があったのかと納得させられる秀作。トリックは良く練られているし、どんでん返しも程好く効いていて、本格ミステリ好きには自信を持って勧められる。刑事・貴島の印象が薄めなのが唯一の弱点だが、彼のシリーズとして続編が2作あるようなので楽しみたい♬
のんぴ
2020/10/09 05:31

私もお裾分けいただいてもいいですか?

しんたろー
2020/10/09 10:32

のんぴさん、もちろんです❗️😉楽しめますように🎵🍀

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
ニートでゲームオタクの男性主人公で話が進み、マニアックな笑いの要素も多いので「いつもの加納さんらしくないなぁ」と思いながら読んでいたが、途中から温かくて優しい加納テイストがグイグイ押し寄せてきた。イヤな登場人物がいなくて、上手く事が運ぶ展開なので「けっ!」と思う人もいるだろうが、人情味多い人の繋がりは勿論、島や猫の描写にも癒された。終盤は加納さんらしい「日常ミステリ」的な種明かしもあって、それがチョットした感動になるのも好みだった。今が上手くいっていない人へのエールが込められた前向きになれる素敵な作品。
♡ぷらだ♡
2020/10/03 13:13

なるほど『ななつのこ』から始まる駒子シリーズですね。こちらも読みたい本に登録させていただきます。貴重な情報ありがとうございます。m(_ _)m

Emirin
2020/11/14 08:45

しんたろーさん♪♪ 読書の時間がとれず放置してましたが、読み出すと楽しくて寝不足気味です(^ー^* )フフ♪ やっぱり加納朋子さん好みだなぁと改めて思いました♪♪ ホント良かったです!

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/02/16(1746日経過)
記録初日
2016/01/07(1786日経過)
読んだ本
884冊(1日平均0.49冊)
読んだページ
306640ページ(1日平均171ページ)
感想・レビュー
884件(投稿率100.0%)
本棚
34棚
性別
血液型
A型
職業
クリエイター系
現住所
東京都
自己紹介

感覚派で何となく気になった本を乱読するタイプですが、好きになった作家は追いかける傾向もあります。(現在、エッセイを除いた森沢明夫さん、横山秀夫さん、恒川光太郎さん、今村翔吾さんは制覇しました)ミステリ、サスペンス、ホラー、ファンタジーなどのエンタメを好んで読みますが、心情が伝わってくる人間ドラマが描かれていれば更に嬉しいです。ドラマ制作の仕事柄、映像化できそうな作品もチェックしています。オススメがあったら教えて下さると嬉しいです。

【ナイスについて】
同じ本を読んだ同志への敬意として、ポチッしています。お気に入りさんに関しては、未読の本でも参考にさせて頂く御礼を込めてポチッしています。ただし、ネガティブな感想に終始しているものや、点数だけ or 星印だけで、感想がないものは、良し悪しを判断できないのでポチッしていません。ナイスを頂いた際は、見逃さない限り御礼ナイスを返すようにしています。つぶやきに関しても、同様の基準でポチッしています。自分ルールでお気に召さない方もいらっしゃるでしょうが、ご了承くださいますようお願いいたしますm(_ _)m

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう