読書メーター KADOKAWA Group

2024年4月の読書メーターまとめ

スリルショー
読んだ本
2
読んだページ
896ページ
感想・レビュー
2
ナイス
11ナイス

2024年4月に読んだ本
2

2024年4月にナイスが最も多かった感想・レビュー

スリルショー
乱歩という事や時代性もあって、差別的用語が頻繁に出てくるが、スリル満点のホラー&ミステリー謎解き小説といったところか。乱歩の面白さが余すとこなく書かれた長編小説を堪能できる。 主人公箕浦の恋愛に対する節操の無さには、困惑する。序盤で同性愛者、諸戸の奇妙さが書かれるが、後半は頼りがいのあるナイスガイに変貌、また箕浦の頼りなさが、読んでいて情けない。
が「ナイス!」と言っています。

2024年4月の感想・レビュー一覧
2

スリルショー
大江健三郎の才能がすごいことが、アホらしさとマジメな文章に見ることができる。よくこんな冗談めいた書き方でこれほどの長編小説が書けるなと感心してしまうくらいだ。SF的小説とも言える、話の構成もしっかりしており、うがった見方だが、SF小説の魅力はこの小説にすべて収められている感じがする。100ページすぎまで、森父とゴーストライターの掛け合いが続き、この小説の方向性が読み取れないが、それを過ぎると、森親子の世直し物語であるのが、なんとなくわかってくる。現代の社会において頭に障害を負った者の魂の蘇生が素晴らしい。
が「ナイス!」と言っています。
スリルショー
乱歩という事や時代性もあって、差別的用語が頻繁に出てくるが、スリル満点のホラー&ミステリー謎解き小説といったところか。乱歩の面白さが余すとこなく書かれた長編小説を堪能できる。 主人公箕浦の恋愛に対する節操の無さには、困惑する。序盤で同性愛者、諸戸の奇妙さが書かれるが、後半は頼りがいのあるナイスガイに変貌、また箕浦の頼りなさが、読んでいて情けない。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2017/08/06(2489日経過)
記録初日
2017/07/20(2506日経過)
読んだ本
267冊(1日平均0.11冊)
読んだページ
88430ページ(1日平均35ページ)
感想・レビュー
261件(投稿率97.8%)
本棚
3棚
性別
血液型
A型
現住所
大阪府
自己紹介

趣味は読書、競馬少々、食べること飲むこと、 好きな作家(増える可能性あり) 宮本輝 三島由紀夫

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう