読書メーターあなたの読書量を記録・管理

baboocon2019年の読書メーターまとめ

baboocon
読んだ本
126
読んだページ
35176ページ
感想・レビュー
53
ナイス
3003ナイス
月間平均冊数
10.5
月間平均ページ数
2931ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

baboocon
これが平成最後の読了でした。辻村さんの本屋大賞受賞作。かなり長いこと積んでしまっていたが、結果的によかったかも知れない。デビュー作を彷彿とさせるような舞台設定だけど、読み味はかなり異なる。事情は異なれど、学校に行けなくなってしまった7人が集められた1年間限定の「孤城」。「いじめ」という言葉で片づけられたくない同級生からの仕打ち、担任の先生の無理解…ひりつくような10代の感情描写は流石。終盤のトリックには途中から薄々気づいてはいたけれど、もう片方は気づけなかった。
baboocon
2019/05/03 21:14

そしてエピローグで明らかになるあの人の正体。あああそういうことかー!と一番の衝撃だった。不覚にも新幹線の中で涙ぐんでしまった。あまり強い言葉は使いたくないけれど、辻村さんの傑作の一つといっていいのではないだろうか。

ツキノ
2020/01/04 15:16

わたしもこれ、うわぁー!と驚き、涙が出ました。

が「ナイス!」と言っています。
baboocon
ネタバレかなり前に買ってずっと積んでいたけれど、読まないうちに売ってしまった作品。今年の新潮文庫の100冊に入ったので買い直してついに読んだ。なかなかハードな家庭環境ながらそれを感じさせない父子・兄弟の関係。しかし連続放火事件を追うにつれて弟は不穏な行動を・・・。真相はある程度予想はついていたけれど、その是非は当事者の間でしか決められない、軽妙な文体なのにずっしりとした重さが残る余韻。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon
久しぶりのホラー小説。得体の知れないモノがやってくる、呼ばれても決して応えてはいけない…日本の怪異譚によくある設定だけど、物語の展開、構成がとても現代的。特に第1章の展開は読んでいてアッと言わされ、ゾッとした。登場人物達も単にストーリーを進めるためのコマではなく、醜さや自己正当化などの心理描写が秀逸だった。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon
待望の十二国記シリーズ新刊。というかもう続きは読めないのかと半ば諦めていたよ。戴国に戻った泰麒と李斎、行方が知れぬ主を探す旅。荒廃した国と疲弊する国民の描写が印象的。泰麒の行動は意外だったが、どこまでが真実でどこからが虚偽なのか、読み切れないスリリングな展開。
が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

baboocon

ちょっと読書に乗れなかったな。/2019年7月に読んだ本の数:11冊 読んだページ数:2832ページ ナイス数:248ナイス ★先月に読んだ本一覧→ https://bookmeter.com/users/50761/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。
baboocon

新潮文庫の100冊2019の冊子をGETしました。上下分冊は別々にカウントすると全110冊。未読は24冊だった。今年は本音をいうと積読の消化を優先したいけど…どうしようかな。

新潮文庫の100冊2019の冊子をGETしました。上下分冊は別々にカウントすると全110冊。未読は24冊だった。今年は本音をいうと積読の消化を優先したいけど…どうしようかな。
夜長月🌙
2019/06/22 21:02

25冊。8月中には読み終えたいです。

が「ナイス!」と言っています。
baboocon

いつ以来だろう・・・こんなに読めなかったのは。/2019年10月に読んだ本の数:5冊 読んだページ数:2048ページ ナイス数:225ナイス ★先月に読んだ本一覧→ https://bookmeter.com/users/50761/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。
baboocon

2日に1冊もいけなかったけど、まずまずかな。「真のバリュー投資徹底講義」がよかった。/2019年8月の読書メーター 読んだ本の数:12冊 読んだページ数:3260ページ ナイス数:454ナイス ★先月に読んだ本一覧→ https://bookmeter.com/users/50761/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

読んだ本126elkイメージ

1月4

2月12

3月15

4月13

5月12

6月16

7月11

8月12

9月8

10月5

11月8

12月10