読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

baboocon@積読消化中
読んだ本
96
読んだページ
27859ページ
感想・レビュー
24
ナイス
882ナイス

3月に読んだ本
96

3月のトップ感想・レビュー!

baboocon@積読消化中
待っていた村上春樹の新刊長編。発売日に買ったけれど、他の本を読んだりしていて時間がかかった。読み進めるほどに、村上春樹の小説だなあという感じ。ドキッとするタイトルと意味不明なサブタイトルの意味も、読んでいくと明らかになる。しかし「私」の一連の体験がどういう結末になるのか、いつもながら全く想像できない。
が「ナイス!」と言っています。

3月のトップつぶやき!

baboocon@積読消化中

津波が田畑そして自動車とそれに乗る人達を呑み込んでいく衝撃的な映像をテレビでただ眺めたあの日からまる6年。地震発生時刻には黙祷を捧げました。

が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
24

baboocon@積読消化中
Kindleの開発者が本の未来について語るということで「電子書籍マンセー!紙の本なんて滅ぶしかないよ」みたいな論調かと思いきや、意外にバランスのとれた語り口だった。著者自身も紙の本好きの読書家というのも好印象。とはいえ紙の本がこの先衰退していくのは避けられないし、電子書籍になることでむしろふたたび、本が音や映像のメディアに対抗できるようになるというのはなるほど。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
再読、リフレイン読み5回目。前回からさほど間を置かずに読んだが、新たな気づきがあった。もともと家計簿アプリで過去7年分くらいの支出はほぼすべてつけているのだが、それを活用できていないと痛感した。本に従って、先月あたりから支出を消費・浪費・投資(+出張費)で分けてみたらこんなに浪費していたのか、とか1ヵ月の生活に必要な支出ってこのくらいか、などと直感的に把握しやすくなった。来月からはこの浪費部分を抑えていかないと。
baboocon@積読消化中
2017年03月24日 12時17分

たらちゃんさん、僕の場合は純粋に娯楽として読む本(小説、マンガ)やノンフィクション、雑学の本は「浪費」、学習や啓発目的(この本も)で読む本は「投資」に分類しています。けれど、分け方は人それぞれでいいと思います。

たらちゃん
2017年03月24日 13時17分

babooconさん、ホッとしました。ありがとうございます。本が全て浪費なら、読メは浪費家仲間だなと(^^)。それもいいなと思うから貯められないんですね、反省。

が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
現代日本に暮らしていると、とても現実とは思えない光景が地球には途方もなく広がっているのだということを否応なく感じる写真集。エチオピアの高地の崖の上で佇む修道女の写真が一番心ひかれた。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
何年か前に、バフェットがパートナーシップ(今でいう私募ファンド?)のゼネラル・パートナー時代の手紙を読み、そのうちの一つをブログで翻訳記事にしたことがある。現在のバフェット氏の何兆円規模と比べると微々たる額だが、それだけに13年に及ぶファンドマネージャー時代の運用方針は個人投資家にとってより参考になると感じた。いまこうして当時の手紙が書籍化・邦訳され、日本人投資家にも広く目に届く形になったことは素晴らしい。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
読メのオフ会で町田の旧白洲邸・武相荘に行ったときに買った本。白洲夫妻の娘の桂子氏の両親の思い出や現代社会に対する思いを綴ったエッセイ。旧白洲邸を公開した後、来場者のマナーの悪さに嘆いたり、飲食禁止にせざるを得なかったりというくだりはなるほどと思った(オフ会で行ったときも食事場所は写真撮影禁止だったり、厳しいなと感じたので)。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。けっこう前に買っていたのだけど、パラパラめくってみて文章の読みづらさにずっと放置していた。自己啓発本といえば「人を動かす」などと並んで世界的ベストセラーなのだろうけど、なんというか、全体に胡散臭さを感じてしまうのは自分だけでしょうか?何度も読み込めば為になるんだろうか。
ぱふぇっと
2017年03月21日 07時52分

これ私図書館で読みました。 是非読むだけじゃなく実行して、何か変化があったら教えてください。

が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。超有名な80年代のウォール街、ソロモンブラザーズの内幕を描いたノンフィクション。文章が実にくだけていて小説か?というくらい読みやすい。またじっくり読んでみたい。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。糖質制限ダイエットは数年前から知って試していたけれど、外(or職場)で食べざるを得ない昼食がネックだった。最近はご飯抜きのお弁当を持参したりコンビニで買うにもなるべくたんぱく質と野菜を中心に買うようにいていたけれど…。もっと糖質オフの弁当でバリエーションを増やしたいと思い手に取った。とてもメニューが多彩で、そんなに手も込んでいなさそうなので、少しずつ取り入れてみたい。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。単なるエクセルの関数リファレンスかと思いきや、ちょっと頭をひねらないといけない応用的な使い方もあって参考になった。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
再々読。最初にこの本を読んだ1年以上前から完全無欠コーヒーを継続しています。それでいろいろ自分なりに試行錯誤したりもして体感したけれど、この本のメソッドは確かに効果はある。ただ、あまりにも今までの食と健康の常識と違いすぎている点、また日本人の食習慣とかけ離れているので、単純に誰にもはお勧めできないかなと感じています(以下コメント欄に自分の体験記を追記予定)。
baboocon@積読消化中
2017年03月16日 01時20分

その後、体重もリバウンドしてしまっていたがこの「シリコンバレー式〜」を読み、バターコーヒー(完全無欠コーヒー)を朝に飲み、昼食は低カロリーのスープはるさめとサラダという生活になる。

baboocon@積読消化中
2017年03月16日 09時08分

(続き)完全無欠コーヒー+低カロリー食、これも午前中の空腹感はなくなるし体重も初めのうちは落ちたものの、午後遅くなるとかなり腹が空き、帰りがけについつい買い食いをしてしまうことが多く、なかなか効果は出なかった。

が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。自分も何冊か読んだことのある、ベストセラー本ばかり49冊の書評。辛口コメントが痛快で面白い。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。米国で6畳ほどの小さな家に住む選択をした夫婦の話。著者が典型的なアメリカ人の中流層で買い物依存のクレジットカードによる借金まみれだった所から、徐々に住居をダウンサイズしつつ、タイニーハウスでのシンプルな暮らしを目指していく過程は面白かった。他に何冊か読んだ米国のミニマリスト本より共感しやすい。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
ネタバレオフ会でお借りした、ジョーカー・ゲームシリーズ2作目。相変わらず面白い。D機関に対抗する陸軍内のスパイ要請組織「風機関」が出来たけれど、カマセのにおいしかしない…と思ったら案の定でした。どの短編に出てくるD機関のスパイたちも切れすぎる頭脳とスパイ技術で敵国を出し抜くけれど、最後の「ブラックバード」は完璧に見える仲根のわずかに残った人間らしい感情からの綻びと太平洋戦争開戦による日本の破滅への序曲がかけられていて見事だった。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。チーズの始まりは砂漠で革袋に入れたミルクが凝固したという俗説は嘘だったのか。紀元前数千年からあり、神への供え物にもなっていたチーズ。酒と並んで、人類の発展とともに作られ続けてきた食品のひとつなわけで、チーズの小さな穴を通して文明の興亡が見えてくる興味深い一冊だった(上手いこと言ったドヤァ)。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
わたなべしげおさんの作品もやまわきゆりこさんの作画した作品も子どもの頃に読んだことがあるけれど、この話ははじめて。みつやくんの言いまちがいが幼児らしくてかわいい。題名の「へなそうる」とはなんじゃらほい?と思っていたけれど、もしかして「へんなサウルス」ってことですか。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
かなりの意訳/現代語訳ながら、とても含蓄のある言葉。小池龍之介さんの他著で知識はあったが、ブッダの言葉って宗教というよりも高度なメンタルトレーニングなんだなと感じた。そして現代に残る仏教は、弟子から弟子へと伝わる過程で宗教色が強められてきたんだなあと(少し『かもめのジョナサン』完全版を思い出しました)。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。さっそく、粗大ゴミと段ボールゴミを縛る参考にしました。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
再読、リフレイン読み4回目。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。身体こそ個性であるという主張はベストセラーになった「バカの壁」と変わらない。そして都市化社会ではその「身体」がなくなってしまった、と。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。Amazon上陸以前の前世紀末に書かれた本だけど、今でもうんうんとうなずける箇所が多く、面白かった。著者のいうゴダール式読書法はいま自分のやっている「超速読」とほぼ同じ考え方ですね。読んだらすみやかに忘れ去れ、線など引かず、がんがん読め、本は少ないほど気持ちいい、など今の自分には響いた。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
ネタバレかつての村上春樹の作品のモチーフをそこここに感じながら読了。終盤は現実と非現実が入り混じる世界での冒険。考えるな、感じろの世界。あれやこれや出てきたエピソードが、いつの間にか収束してきれいにまとめられる。ただ終章はちょっと過去の村上春樹作品と違う感触だった。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
超速読で読了。最近ではNHKの朝ドラ「マッサン」で話題になったニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝氏の孫による回顧録。ドラマだけではうかがい知れないリアルの竹鶴とリタの面影を偲ぶことができます。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
オリジナルの単行本シリーズも読んだけれど、マンガ版が出ていたので読んでみた。まず、絵柄がいいですね。マンガのこんまりさんもイメージぴったり。本の主要ターゲットであろう20〜30代女性を主人公にしたストーリー仕立てで、こんまり流片づけの魔法のエッセンスもマンガの長所を活かして過不足なく描いていて面白く読めました。
が「ナイス!」と言っています。
baboocon@積読消化中
待っていた村上春樹の新刊長編。発売日に買ったけれど、他の本を読んだりしていて時間がかかった。読み進めるほどに、村上春樹の小説だなあという感じ。ドキッとするタイトルと意味不明なサブタイトルの意味も、読んでいくと明らかになる。しかし「私」の一連の体験がどういう結末になるのか、いつもながら全く想像できない。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010年02月02日(2641日経過)
記録初日
2009年01月27日(3012日経過)
読んだ本
2168冊(1日平均0.72冊)
読んだページ
624934ページ(1日平均207ページ)
感想・レビュー
1554件(投稿率71.7%)
本棚
86棚
性別
年齢
35歳
血液型
O型
職業
技術系
現住所
神奈川県
外部サイト
URL/ブログ
http://blog.baboocon.com/
自己紹介

神奈川県相模原市在住、30代のサラリーマン。

読書は子どもの頃から比較的好きでしたが、その嗜好は年齢と共に変わって来ています。まあ当たり前といえばその通りですが。

~小学生 怪盗ルパンシリーズや十五少年漂流記などの洋物冒険小説が主。

中学生~高校生 司馬遼太郎などの歴史小説、シドニィ・シェルダンの人気作シリーズ、鈴木光司の「リング」シリーズ、宮部みゆき、吉本ばなな等を読んでいた記憶が。

大学生 なぜか講談社文庫のマークを集めてブックカバーGETに精を出し、手当たり次第に読み漁る(笑)「ハリー・ポッター」シリーズの存在を知り原書にもチャレンジ。

就職~現在 株式投資を始めたのに伴い、小説から投資関連書籍に大幅転換。その後、ビジネス本や自己啓発系に移行。最近では社会・農業・哲学とさらにジャンルは分散していっている気が・・・(笑)

元々あまり読むスピードは早くなく、速読・多読を意識し始めたのは最近のこと。

読書メーターには2008年以前に読んだ本は登録していません。

ブログの変遷:Yahoo!ブログ→FC2→JUGEM→Ruby製の静的サイトジェネレータRuhohを用い、ロリポップ上で独自に構築

現在のブログ http://blog.baboocon.com
JUGEM(ドメイン変更) http://jugem.baboocon.com
FC2 http://stupidinvestor.blog117.fc2.com
Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/baboocon19820419