読書メーターあなたの読書量を記録・管理

読書グラフ

もっと見る

最近の感想・レビュー

データの取得中にエラーが発生しました

最近の感想・レビューはありません

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loading
Loading
Loding meterchan

最近のつぶやき

データの取得中にエラーが発生しました

最近のつぶやきはありません

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loading
Loading
Loding meterchan

読んだ本
322

読んでる本
108

積読本
27

読みたい本
814

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/08/01(1081日経過)
記録初日
2016/08/01(1081日経過)
読んだ本
322冊(1日平均0.30冊)
読んだページ
89591ページ(1日平均82ページ)
感想・レビュー
261件(投稿率81.1%)
本棚
14棚
性別
現住所
神奈川県
自己紹介

司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」の世界を愛する者の一人です。読メネームは、自室の枕元が積読本であふれているのを自戒を込めて命名しました。読みたい本やリアル積読本が累積するのを前に断捨離する勇気のない居候気分の自分を表現したものです。(獺祭魚という言葉は、正岡子規、夏目漱石も俳句の雅号として使用しています)

 司馬氏の「街道をゆく」の舞台となった街へは、その歴史風土への憧憬を胸に抱きながら家内を同行の士として巡礼しています。その地が旅番組で取りあげられるご当地番組では欠かさず視聴し、家内と再訪している気分になりながらリマインドしています。特に「花神」や「坂の上の雲」の舞台である伊予国 愛媛には特別な思い入れがあり、宇和島、内子へも巡礼しました。
人つき合いが得意でない自分の投影として無愛想が故に寿命を縮めた日本陸軍の創設者 村田蔵六(大村益次郎)にとても親近感を覚えています。
 司馬氏の持論である「日本人とはどのような国民なのか」を探るという氏のライフワークの理念に賛同し「名こそ惜しけれ」「進取の精神」など世界に誇れる日本人の美徳が形作られてきた経緯を知るため、様々なジャンルのおすすめ本を濫読しています。

 投稿する際には、255文字以内にまとめるのに苦労し、投稿後に誤字脱字に気がつくことが日常茶飯事で汗顔の至りです。
 つぶやきで読書以外のグルメ、旅行やTV番組の感想を投稿するのも楽しみです。
 

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう