読書メーターあなたの読書量を記録・管理

1月の読書メーターまとめ

Tomo
読んだ本
26
読んだページ
5396ページ
感想・レビュー
26
ナイス
5935ナイス

1月に読んだ本
26

1月のお気に入り登録
3

  • ポップ
  • ゆうき
  • びわこっこ

1月のお気に入られ登録
6

  • Moca Cameron
  • パトラッシュ
  • 成加
  • ポップ
  • びわこっこ
  • ゆうき

1月のトップ感想・レビュー!

Tomo
【読メ登録3000冊目】まるで自分まで蟻地獄に落ち、口や目の中に砂が入った息苦しさと不快感に襲われた。縄梯子や手紙の存在に絶望を覚えながらも男の逃亡を祈ったのは、自由を求める姿に人間の存在価値を重ねたから。予想外の結末と「罰がなければ、逃げるたのしみもない」の言葉の巧さに舌を巻いた。閉じ込められ、監視される男の姿はコロナ禍の私達の姿にも重なる。読者が置かれた立場で幾通りもの解釈ができる深さを持つ作品。サスペンス・逃亡小説としても秀逸。解説でキーン氏が語る「比喩の豊富さと正確さ」もまたこの作品の魅力の一つ。
コットン
2021/02/09 20:35

Tomoさん、遅ればせながら3000冊達成おめでとうございます🎇。逃亡を試みようとする小説でありながら不安感と最後には諦観する複雑な心境の『砂の女』は通好みの本ですよね。

Tomo
2021/02/09 20:58

コットンさん♪ありがとうございます(*ฅ́˘ฅ̀*)コットンさんも読まれていたんですね〜♪名作はいろんな人と感想について話ができて楽しいですね!この本は図書館本で読んだ後に購入したのですが、令和2年で79刷でした。時代を超えて読み継がれる本っていいですね(o^^o)

が「ナイス!」と言っています。

1月のトップつぶやき!

Tomo

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます🎍去年は読書と読友さんのおかげで巣篭もり生活を楽しく過ごすことができました。いつもありがとうございます😊2020年の好きな本ランキング(思い出補正付き)を作りました。今年も20冊に絞れず、25冊になってしまいました😅今年も心震える本にたくさん出会えますように🙏今年もよろしくお願いします💕 https://bookmeter.com/users/284882/bookcases/11659080

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます🎍去年は読書と読友さんのおかげで巣篭もり生活を楽しく過ごすことができました。いつもありがとうございます😊2020年の好きな本ランキング(思い出補正付き)を作りました。今年も20冊に絞れず、25冊になってしまいました😅今年も心震える本にたくさん出会えますように🙏今年もよろしくお願いします💕  
https://bookmeter.com/users/284882/bookcases/11659080
miyumiyu
2021/01/10 23:56

ともちん、鬼滅2位だね。おもしろかったね!今年もよろしくね(^^)

Tomo
2021/01/11 00:03

miyuちゃん♪鬼滅はアニメ、映画、漫画とフルで楽しませてもらったからねー(⁎˃ᴗ˂⁎) 久しぶりい漫画を大人買いしちゃったよ( *´艸`) 今年もそんなにハマれる作品に出会えるといいね。今年もよろしくね〜💕

が「ナイス!」と言っています。

1月の感想・レビュー一覧
26

Tomo
美味しそうなスイーツがずらりと並んだ写真が眼福♡ケーキ、パフェ、和菓子、コンビニスイーツ等、部門ごとに受賞スイーツを紹介。2021年を代表するパティスリー、easeとINFINIが気になる。日本橋の喫茶ぺしゃわーるで小布施堂のモンブランが食べられるとは知らなかった。賞味期限が1時間しかないキャトルセゾンのモンブランも食べてみたい。パフェはなかなかの個性派揃いでお値段もなかなか…。和菓子では亀屋良永の羊羹「そんなバナナ、」に笑った。老舗なのに攻めるネーミング!バナナとチョコと羊羹がコラボした味も気になる。
panashe
2021/02/01 22:40

イケメン💕好き♪

Tomo
2021/02/01 22:46

ネー(〃▽〃)♡

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
本xアート特集に惹かれて。アーティストが紹介する本と、絵画や工芸、建築などのアート本を紹介。必読書150冊のうち既読は13冊と少なかったが、古今東西の名作以外にも『夜の木』『クートラスの思い出』『もりのえほん』等が入っているのが嬉しい。本と出会う場所として紹介されている本屋や図書館、角川武蔵野ミュージアムにも行ってみたい。マハさんと圀府寺司氏の対談も楽しく、ゴッホ研究家なのに(だからこそ?)ゴッホとの共同生活は即刻拒否するという発言に笑った。マハさん連載中のゴッホ&ゴーギャンに関する小説も気になる!
Tomo
2021/01/31 20:25

もんらっしゃさん♪おぉ、共読になりますね〜(⁎˃ᴗ˂⁎) ヤマザキマリさんや森村泰昌さんの壁一面の本棚にも目が行きました!

Tomo
2021/01/31 20:37

シフォンちゃん♪『もりのえほん』は安野さんの訃報の後だから尚更嬉しく感じたよ〜。150冊の中には以前から読みたいと思っている本もあったから、人生の必読書をちゃんと読まねばと思ったよ(^o^;

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
時代小説の手練による江戸のお仕事小説集。舞台が湯屋、三十八文均一の雑貨屋、古道具屋兼損料屋、料理屋、材木問屋とバラエティ豊かで面白い。畑中恵さん『利休鼠』は付喪神達の賑やかな会話が楽しい。西條奈加さん『千両役者』は出てくる料理が美味しそう。私も鰻の茶碗蒸しが食べたい!歌舞伎役者が屋号で呼ばれる理由に納得。宮部さん『坊主の壺』はコロリ(コレラ)が流行する様子が現在のコロナと重なった。怪談のような摩訶不思議な話だが引き込まれる。梶よう子さん(初読み)、西條さん、畠中さんは人情が絡んだミステリとしても堪能した。
桃の節句🍑
2021/01/31 14:54

豪華作家陣だね!少し積読本を減らしてから追いかけるね〜(笑)

Tomo
2021/01/31 16:41

桃ちゃん♪ふふふ、桃ちゃんの積読本は減るかなー?(o´罒`o)ニヒヒ←おまいう アンソロジーってハズレもあったりするけど、これはみんな綺麗にまとまっていたよ〜。

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
作品ごとに印象が変わる奥田さん。今回はほんのりファンタジー要素のある短編集だが、こういう作品も好き!どの話にも霊や不思議な力が登場するが、心温まる展開に幸せな気持ちになった。『海の家』は名のある文学賞を取った作家が主人公で、我が家シリーズの続編かと思ってしまった。こちらでも奥さんの方が逞しくて笑ってしまう。『コロナと潜水服』は第一波の時に書かれたのかな。200人感染でショックを受けていた頃が懐かしい。潜水服を着る心配性の父親が可笑しい。一番好きな話は『パンダに乗って』。思い出の人達に挨拶できて良かったね。
ヒデミン@もも
2021/02/01 08:47

夜中に読み始めて一気読み❣️ おかげで寝坊した(u_u)

Tomo
2021/02/01 20:20

ありゃりゃ、寝坊は大丈夫だったかな?面白い本を書く奥田さんのせいだね❣️(*≧∀≦*)

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
『後悔病棟』続編。患者の心の声が聞こえる魔法の聴診器はルミ子から後輩の摩周湖の手に。(女の子の名前に「摩周湖」ってどうなの…?笑)今回は病気から回復し、人生をやり直す女性達の姿が描かれる。児童養護施設の女子高生が抱える進学のお金の悩みや、DV夫から逃れるために子供が無戸籍となった母親の不安など、生活に恵まれない女性達の苦しさが伝わってきた。お金に困った女性が行き着く仕事が風俗とは悲しすぎる。最後が急展開で上手く行き過ぎに感じたが、みんなが救われてほっとした。後悔ではなく、希望を抱えて生きていけたらいいね。
シフォン
2021/01/29 07:18

早いね〜ポチるよ😊

Tomo
2021/01/29 20:27

シフォンちゃん♪こちらも読みやすかったよー!シフォンちゃんと共読になるのをゆっくり待ってるね♡

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
トライアローグ展の復習として。20世紀の西洋美術をテーマに横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館のコレクションを作家やテーマごとに紹介。特にArtist in Focusのコーナーが面白く、3館が持つピカソを時系列に並べて画風の変遷を紹介したり、クレーの油彩転写の技法を紹介したりと工夫を感じた。公立美術館の所蔵品だけで企画展並みに素晴らしい展示ができるということも新たな発見だった。横浜と富山所蔵のジョセフ・コーネルを見られたことも嬉しい。横浜美術館が改修工事で長期休館となる前に訪れることができて良かった。
ゆか
2021/01/28 08:46

Tomoさんおはようございます。私の中でこの展覧会は、行かなくていいかな~という方にふりわけていましたが(失礼💦)Tomoさんの感想を読んで、すぐにでも行きたくなりました!いつも素敵なレポをありがとうございます。どうしても日時指定だと、迷ってしまいますが、人数制限をしている分、安全性もありますよね。ありがとうございました。

Tomo
2021/01/28 20:14

ゆかさん、こんばんは(o^^o) やっぱり海外の美術館から大物の作品が来ないと集客は厳しいですよねー。平日だったこともありますが、会場はかなり空いていました💦 でも安心して見られて良かったです。愛知県美術館と富山県美術館には訪れたことがなく、横浜美術館の作品も初めて見たものが多かったので、私は楽しめましたよ〜(^_−)−☆

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
垣谷さん12冊目。著者は社会問題をバッサバッサと斬っていく印象だったので、医者が聴診器を当てると患者の心の声が聞こえ、過去に戻って人生をやり直す体験ができるというファンタジー設定に驚いたが、安定の読みやすさでサクッと読了。余命少ない患者が想像の中でやり直した人生は更に厳しく、結果として現状に満足するという展開はすっきりしないが、本人が幸せになれるのならいいのかもね。ルミ子の医者としての成長や恋愛をもう少し見たかった。私も後悔することはあるが、自分が進んだ道で幸せを見つけていきたい。過去には戻れないからね。
シフォン
2021/01/28 20:09

希望病棟を出すにあたって、文庫化なのね😅

Tomo
2021/01/28 20:20

シフォンちゃん♪『後悔病棟』の文庫本は2017年に出たみたい。でも続編を出すつもりで改題したのかもねー。

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
「パパは貴族」で著者の文才に驚いが、この本も面白かった。髭男爵を含め錚々たる一発屋12組の輝かしい功績とその後の様子が紹介される。ジョイマンに波田陽区とは懐かしすぎる。ハローケイスケ(著者曰く0.5発屋)だけ知らないと思ったが、エンタの神様の映像で思い出した。今回も著者のツッコミやオチが楽しいが、同じ一発屋としての愛も感じた。テツandトモは私もイベントで見たので肉眼視聴率一位に納得♪みんな一発上げただけでもすごい!解説の尾崎世界観と髭男爵の共通のライバルはOfficial髭男dismということね(笑)。
Tomo
2021/01/26 12:52

Odd-iさん♪ジョイマンは0.8発屋だって💦でも四捨五入すればみんな一発屋(⁎˃ᴗ˂⁎)

Tomo
2021/01/26 12:53

さおりさん♪尾崎世界観さんの解説、ユーモアもあって面白かった♡天は二物を与えちゃうんですねぇ。

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
【読メ登録3000冊目】まるで自分まで蟻地獄に落ち、口や目の中に砂が入った息苦しさと不快感に襲われた。縄梯子や手紙の存在に絶望を覚えながらも男の逃亡を祈ったのは、自由を求める姿に人間の存在価値を重ねたから。予想外の結末と「罰がなければ、逃げるたのしみもない」の言葉の巧さに舌を巻いた。閉じ込められ、監視される男の姿はコロナ禍の私達の姿にも重なる。読者が置かれた立場で幾通りもの解釈ができる深さを持つ作品。サスペンス・逃亡小説としても秀逸。解説でキーン氏が語る「比喩の豊富さと正確さ」もまたこの作品の魅力の一つ。
コットン
2021/02/09 20:35

Tomoさん、遅ればせながら3000冊達成おめでとうございます🎇。逃亡を試みようとする小説でありながら不安感と最後には諦観する複雑な心境の『砂の女』は通好みの本ですよね。

Tomo
2021/02/09 20:58

コットンさん♪ありがとうございます(*ฅ́˘ฅ̀*)コットンさんも読まれていたんですね〜♪名作はいろんな人と感想について話ができて楽しいですね!この本は図書館本で読んだ後に購入したのですが、令和2年で79刷でした。時代を超えて読み継がれる本っていいですね(o^^o)

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
初めて読む青山美智子さん。緩く繋がる5つの物語は、迷っている人や悩みを抱えている人の背中を優しく押してくれる温かい物語でとても好みだった。そのきっかけとなるのが図書室の司書さんが勧める1冊の本。第一話から大好きな『ぐりとぐら』が登場してほっこり。ケルルンクックも、ああなつかしい!計画通りに人生が進まなくても、不運や失敗と思わなくていい。どんな人生も丸ごと肯定してくれる司書小町さんの言葉が心に沁みた。話に登場する羊毛フェルトを使った装丁も楽しい。表紙と裏表紙のキジトラ猫が可愛すぎる!青山さん、追いかけたい。
しかちゃん@日日是好日
2021/01/21 06:42

次はいよいよ区切り本だね。何を読むのかな?

Tomo
2021/01/21 12:42

しかちゃん♪シゲアキくんは残念だったけど、北方謙三さんの発言のおかげで作家としての実力が認められたみたいで嬉しい❣️次は直木賞取って欲しいね〜。青山さん、やっぱり人気なんだね!道立図書館に早く入るといいね(^_−)−☆しかちゃんの感想もゆっくり待ってるね〜♡そうなの、次が区切りの本なの。候補が何冊かあるけど、この本でも良かったなぁと思ったよ。

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
ネタバレ多くの人が絶賛しているけれど、ハードルが上がりすぎたのか、私には合わなくて残念。神楽坂が舞台になっていることも、本屋と書評家という組み合わせも、大好きな志村ふくみさんの本が登場することも嬉しいのだが、感動を押し付けられている気がしてしまい、琴線に触れることなく読了。盲目のよう子が書く書評や小説の内容が私には素晴らしいと思えなかったことも一因かな。展開が偶然に頼りすぎていることも気になった。読友さん達の感動に一人ついていけないこの残念な気持ちは『君の膵臓をたべたい』を読んだ時と同じ。辛口でごめんなさい。
が「ナイス!」と言っています。
Tomo
タイトルと表紙に惹かれて。ハルオシェフと助手のみかんちゃんが作るハンバーグにはマタタビパウダーがたっぷり(笑)。二人がハンバーグをこねこねふみふみする姿が可愛い♪二人のふくよかな体をむぎゅうと抱きしめたくなっちゃう♡他にもマタタビールやにぼしコーヒー、マグロールケーキなど魅力的なメニューがたくさん( *´艸`) 壁のポスターのねこまんまフェスティバルも気になる!隅々まで楽しめて、オチにもクスリと笑える愉快な絵本♪作者プロフィールに愛猫・春男とみかんの名前を見つけてほっこり。
bluelotus
2021/01/18 06:51

マタタビパウダーは反則!(笑)

Tomo
2021/01/18 08:31

bluelotusさん♪どんな料理も美味しくなる魔法のパウダー❣️(≧∀≦)

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
脳科学者の中野氏が東京芸大の院でキュレーションについて学ばれているとは驚いたが、芸大の熊沢准教授との対談は、博物館の意義からアートの陰(物議を醸した展示と公共性の問題)、お二人の美術館紹介にまで広がり面白い。キリストのフレスコ画の修復失敗例には笑った。皇室所有の文化財は国宝級であっても重要文化財にならないことや、大英博物館の古代ギリシャ彫刻は漂白されていたこと、サウジアラビアの王子が約500億円でダヴィンチ作品を買ったこと等も興味深い。アートは生きるために必要不可欠であり人を耕すという言葉が印象に残った。
Tomo
2021/01/18 23:26

もちろん天才に一票(⁎˃ᴗ˂⁎)

ソラ
2021/01/18 23:30

イヤイヤ、 ないわーw

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
安野さんの訃報を聞いて本棚から手に取った絵本。旅の絵本シリーズ9冊目の舞台はスイス。いっさい言葉がなく風景だけを描いた絵本だが、巻末に安野さんの解説と旅の思い出話があるのが楽しい。セントバーナード犬の故郷やパウル・クレーの生まれた町も描かれている。山や湖と美しい自然が多く、安野さんのスケッチのような優しい水彩画に癒される。いつかスイスにも行ってみたいな。安野さん、素敵な絵本をたくさん残していただきありがとうございます。ご冥福をお祈りします。(蔵書、サイン本)
Tomo
2021/01/17 12:58

ことりちゃん♪安野さんの緻密な絵も素晴らしいよね♡騙し絵みたいな作品も描かれるから、頭がいい人なんだろうなぁと感じていたよ。ほっこりする可愛らしい絵もあるし、絵本や挿絵でたくさん楽しませてくれたね(o^^o)

Tomo
2021/01/17 13:05

Ikuちゃん♪長い間第一線で活躍されていたから、絵の才能があるだけでなく、周りからも好かれていたんだろうね。そういえば、『方言でたのしむイソップ物語』という本もIkuちゃんと共読だったね〜。ちょっと変わったチャレンジもまた楽しかったね(o^^o)

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
昨年訪れた森美術館STARS展の復習として。日本の現代アートのスター6名(村上隆、李禹煥、草間彌生、宮島達男、奈良美智、杉本博司)を詳しく紹介。この本を読み、展示作品の経緯と価値を初めて正しく理解できた気がする。杉本氏のシロクマの写真がアメリカ自然史博物館の剥製であり、最初に売れた作品(MoMAが購入)とは面白い。世界的スター達にも苦しい過去や作品に込めた熱い想いがあるのだと感じた。次のスターとして名和晃平さんが紹介されているのも嬉しい。櫻井翔さんが案内する国立能楽堂(設計:大江宏)の静謐な空間も好き。
パピコ0826
2021/01/19 13:02

翔くんの案内読んでみたいなー♬春に国立能楽堂にお能を見に行く予定があるのその前に(*ฅ́˘ฅ̀*)もしかしたら中止になっちゃうかもだけど…(^^;;

Tomo
2021/01/19 20:25

パピコちゃん♪おぉ、国立能楽堂に行く予定なんだね♡私は2年前に初めて訪れて、静謐だけど威厳がある特別な空間に感じたよ。翔くんの案内も読んでみてね(^_−)−☆ 無事に開催されるといいね!

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
坂上泉さん初読み。戦後の大阪のバラックの匂いや警察組織の圧まで伝わってくるかのような濃厚な世界観に最初は読了できるか不安だったが、読み進める程にハマり、最後は若き警察官二人のファンとなった。国警の東大卒エリート守屋と大阪市警視庁で中卒の新城が次第に信頼し合っていく様子が面白い。一課の斬り込み隊長西村や憲兵の過去を持つ古市など周りのキャラもみな立っていて、これは映像化しても面白くなりそう。何より作者が30才でこの作品が2冊目とは驚き。昨年の『熱源』同様に直木賞候補を機に新しい才能に出会えたことに感謝。
Tomo
2021/01/16 17:52

つきかさん、こんにちは♪好みが分かれる作品かもしれませんが、読み応えたっぷりで面白かったですよ。直木賞アリかも、と思ってます(o^^o)

つきか
2021/01/16 18:32

早く詠みたいです。楽しみです。

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
2005年から2008年に書かれたショートショート集。どの話もさくっと読めてほっこりできる。恋愛や仕事に悩む20代の女性の話が多く、若い女性が読むと元気がもらえそうな内容になっている。婚約指輪が登場する2編は「ゼクシィ」掲載と知り納得。いくつかの話がお台場のコスモス畑で繋がっているのも楽しい。文庫化で追加された『ながれぼし』はアンソロジー『東京ホタル』で既読。マハさんの初期作品になるためアートの話が登場しないのは残念。作家が描くテーマや主人公の年齢は、作家の成長に合わせて変化していくのだと感じた。
しかちゃん@日日是好日
2021/01/19 19:38

本屋さんで見て来たよ。今回は文庫本なんだね。お話しも新しい物も追加になってるんだね。図書館予約したので読んでみるねー。

Tomo
2021/01/19 20:18

しかちゃん♪マハさんの初期の作品はほとんど読んでなかったから新鮮だったよー❣️短い話も上手いよね〜。

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
『八月の銀の雪』から珪藻アートに興味を持ち、伊与原さんが参考にされたこの本を手に取った。想像以上に美しい世界にうっとり。最近よく珪藻土の名前を聞くが、珪藻が0.005ミリから0.5ミリ程の大きさで、ガラスの殻を持つ藻のことだとは知らなかった。顕微鏡で見る珪藻のガラスは自然が作り出すアートのように美しい。まるで万華鏡をのぞいているかのようにときめいた。ミクロの世界のルミナリエにも思えてくる。顕微鏡を見ながら根気よく珪藻を並べて作品を作る奥修さんを心から尊敬。この世界を教えてくれた伊与原さんにも感謝。
Tomo
2021/01/13 12:47

桃ちゃん♪まつ毛を使って作品を作ることとか、この本に書かれていることが小説にも出てきたよ♪どちらが先でも楽しめると思う♡

Tomo
2021/01/13 12:52

愛玉子さん♪おぉ、同じタイミングで嬉しいです♡この本から、『八月の銀の雪』に収められた『玻璃を拾う』という小説ができています。小説も好みだったのでぜひぜひ❣️

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
伊与原さん初読み。5つの短編が収められているが、どれも知性と感性の両方に響く作品で素晴らしかった。東大の博士課程終了という経歴もすごいが、地球の内核、鯨の生態、伝書鳩、珪藻アート、凧、風船爆弾といった幅広いテーマを綿密に調べ、初心者にも読みやすい物語に昇華している点に著者の力量を感じる。各テーマが、仕事や家庭で生きづらさを抱えている人々にとって人生の羅針盤となる展開も好み。著者の他の作品や珪藻アートにまで興味が広がる読書となった。著者の人気と直木賞ノミネートに納得。雪の結晶がキラキラと輝く装丁も美しい。
Ikutan
2021/02/10 16:16

Tomoちゃん、とってもよかったー!!知的好奇心を満たしてくれて、そっと希望を与えてくれるストーリーも好みでした。『珪澡美術館』早速、図書館に予約しました。楽しみ🎵(≧▽≦)

Tomo
2021/02/10 21:36

Ikuちゃん♪共読嬉しいな〜(*ฅ́˘ฅ̀*)♡良よかったよねー❣️これまで知らなかった世界を見せてくれるし、悩んでいる人を勇気づけてくれる物語もいいよね。女性が主人公の話でも違和感なく読めるところも良かった♪珪藻アート、気になるよね♡この小説とリンクする内容も出てくるから、楽しんでね〜(^_−)−☆

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
シリーズ3冊目。8人の作家のうち、小川糸氏、小池真理子氏、山内マリコ氏の作品は既読。NHK国際放送の担当者とは気が合いそう♪中3の国語の教科書に採用されたあさのあつこ氏「みどり色の記録」と高田郁氏「ムシヤシナイ」が特に好みだった。どちらも将来や親子関係に悩む中学生の姿が描かれているが、爽やかなラストが心地よい。沢木耕太郎氏はノンフィクションしか読んでいないので、少女が主人公の小説に驚いた。山内マリコ氏の東京23区を擬人した話も面白いけど、外国人に理解されるのかな?世界17言語の視聴者の反応を知りたい。
Ayakankoku
2021/01/11 15:20

沢木耕太郎さんの、あなたがいる場所という短編小説集めちゃくちゃおすすめです!

Tomo
2021/01/11 19:20

Ayakankokuさん♪オススメありがとうございます♡読みたい本に登録しますね〜(o^^o)

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
柴田ケイコさんの絵本を読むのは10冊目。しろくまくんシリーズが大好きだけど、この絵本も楽しかった♪表紙を見ればパンどろうぼうの正体はすぐに分かるけど、予想外の展開にびっくり!パンどろぼうのシュールな表情が最高(*≧∀≦*)パンどろうぼうが忍び込んだパン屋さんに、しろくまパンとチョココロネがあることにも笑ってしまった。パン屋のおじさんの髪型もパンみたいで楽しい。新作パンの中にねずみパンを見つけたよ♪
しおり
2021/01/10 23:47

面白そうですね!読んでみたいです〜

Tomo
2021/01/10 23:53

しおりさん♪MOEの絵本屋さん大賞の2位でしたよー♪途中に(≧m≦*)ププッってなる場面がある楽しい絵本なのでぜひぜひ(^_−)−☆

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
絵も物語もとても好き。海外の絵本のような幻想的な世界観に引き込まれた。少女トットがおじいさんと住む煉瓦造りの家も素敵。暖炉、大きな椅子、柱時計、木馬と隅々まで眺めてしまう。奇妙な生き物ムーも次第に可愛く見えてくる不思議。最後にムーが見せてくれた優しさに思わずほっこり。文字のないページが効果的に配置されており、絵の世界に浸れるのもいい。銀世界の中でトットの帽子と手袋の赤が印象に残るが、装幀の背表紙を赤にした名久井直子さんもいい仕事をしている。MOE絵本屋さん大賞、新人部門第4位。次の作品を楽しみに待ちたい。
Tomo
2021/01/11 10:13

ソラたん♪うんうん、気長に待ってみてー(^_−)−☆誰かがリクエストしてくれるかも♪

アルテイピア
2021/01/13 00:32

Tomoちゃん、こちらこそ今年もよろしくお願いします😆

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
作家6人が59冊の本を紹介。当然だが、作家は良い読者でもあると感じた。自著を1冊ずつ紹介しており、本人の解説を聞けるのも楽しい。中村文則さん推薦『砂の女』、窪美澄さん推薦『津軽』、円城塔さん推薦『陰翳礼讃』をまずは読んでみたい。名久井直子さんがデザインを手がけた岩波国語辞典も気になる。あとがき代わりのQA集は本音が見えて面白い。中村文則さんが子供に薦める本に『ワンピース』と漫画を挙げているのが意外だった。女性にドストエフスキーの『地下室の手記』を贈って不評だったという話も可笑しい。確かにちょっと困るかな。
ヒデミン@もも
2021/02/17 23:05

このトラップにハマる人は多いでしょう。購入してないから許すけど(⌒-⌒; )

Tomo
2021/02/17 23:58

巧妙なトラップだよね(^^; 購入でなくて良かった❣️

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
クーリエ・ジャポンのインタビュー内容を元に書籍化。『Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔』と比べると内容は薄いが、彼女が語る自由の本質を分かりやすくまとめた良書。ドラえもんを例に日本人向けに分かりやすくAIを語る所も彼女の頭の良さを感じる。年齢やジェンダー、国家や格差から私たちはいかに自由になれるか、様々な壁を超えてきた彼女だからこそ言葉に真実味がある。「リーダーに必要なのは透明性と説明責任能力」。日本の政治家やリーダーにも読んでほしい。セーフティネットのあり方など台湾政府から学ぶことも多いはず。
hasami1025
2021/01/09 20:51

温かいコメントありがとうございます。図書館で探してみます。今年もよろしくお願いします☻

Tomo
2021/01/09 22:13

hasamiさん♪こちらこそコメントいただいて嬉しかったです(o^^o) 今年も素敵な本にたくさん出会えますように♡今年もよろしくお願いします♪

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
殺人事件の謎解きにマジックの要素が入っており最後まで楽しく読んだ。かなりクセがある探偵役だけど、頭が切れるところは湯川先生や加賀刑事と同じ。新しいマジシャン探偵シリーズの誕生になるのかな?相手の心理を読みながら、殺人事件の容疑者や刑事から上手く情報を引き出したり、事件の種明かしをショー仕立てにしているところがユニークで面白かった。この作品もいつか映像化される気がする(個人的には竹野内豊さんを希望)。オンライン葬儀などコロナ前提の内容にも驚いた。先が見通せない中での執筆は作家さんも大変だろうなぁ。
モトラッド
2021/01/10 00:23

マジシャン武史役に、竹野内豊さん、良いセンですね。私的には、マジシャンからの連想は、クリストファー・ノーラン監督の「プレステージ」出演の、クリスチャン・ベールさん。という訳には行かないだろうな。例えば豊川悦司さんは?ちょっとお歳を取りすぎだけど。

Tomo
2021/01/10 00:56

豊川悦司さんも背が高くて影がある感じなので、いいですねー!今お幾つなのかと思ったら56才なんですね。もっと若いイメージでした。映像化されるとしたら、やはり女性に人気の俳優さんが選ばれる気がします。『危険なビーナス』の主人公は原作では苦手なキャラだったのですが、ドラマでは妻夫木聡さんが演じていて悪くなかったです(笑)。

が「ナイス!」と言っています。
Tomo
2021年の1冊目。「朝」から「忘れ物」まで、あいうえお順に並んだ長田さんの詩が優しく心に染みてくる。今日は周りの人に笑顔で「ありがとう」と伝えることができたかな?自然の中の小さな命や季節を感じることができたかな?これから何度でもこの本を開き、長田さんが残してくれた言葉を反芻したい。いせひでこさんのイラストも長田さんの言葉に寄り添い、まるで詩画集のよう。「色」「木」「雲」はいせさんが書いた詩にも思えてくる不思議。ひつじ雲の中にグレイを見つけたよ♪「本を読むって「一人じゃない」って知ることなんだ。」(蔵書)
Tomo
2021/01/10 19:55

みどりちゃん♪わぁ、早速届いたんだねー❣️みどりちゃんも気に入ってくれてすごく嬉しいよ💕どの言葉もストレートに響いてくるよね。大好きな本が共読になって私も幸せだよ〜(*ฅ́˘ฅ̀*)♡

みどり虫
2021/01/10 20:32

Tomoちゃん、レビュー書いてからまたパラパラと読んで、改めてしあわせになってた〜(∩˘ω˘∩ )♡本当に気に入った♡本当にどうもありがとう♡♡私もTomoちゃんとお気に入り本が一緒で嬉しい〜*:ஐ(●︎˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●︎)ஐ:*

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/11/17(3024日経過)
記録初日
2012/11/23(3018日経過)
読んだ本
3038冊(1日平均1.01冊)
読んだページ
573031ページ(1日平均189ページ)
感想・レビュー
3037件(投稿率100.0%)
本棚
33棚
性別
自己紹介

本を読むのも好きですが、読後にレビューを読むのも楽しみの1つです。共感できるレビューを見つけたら嬉しくなりますし、自分と反対の意見にも「こんな考え方もあるのね」とわくわくします。

小説メインですが、エッセイ、漫画、画集、写真集、ビジネス書、IT関連本も読みます。(好きな画家:クリムト、モネ、ミュシャ、東山魁夷、竹久夢二、いわさきちひろ、酒井駒子、星野富弘、好きな写真家:星野道夫、吉村和敏)

読書メーターの温かい雰囲気が大好きです♪

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう