読書メーターあなたの読書量を記録・管理

エドワード
さんの感想・レビュー

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

エドワード
さんの最近の感想・レビュー

月人壮士 (中公文庫 さ 74-3)

月人壮士 (中公文庫 さ 74-3)

澤田 瞳子
日本史の授業での聖武天皇は、華やかな天平文化を生んだ偉大な天皇である。しかし、…続きを読む
小さな場所 (文春文庫 ひ 27-3)

小さな場所 (文春文庫 ひ 27-3)

東山 彰良
5年前に訪れた台北の街。表通りから一歩入ると、カオスな裏通りが広がる。刺青屋の…続きを読む
一橋桐子(76)の犯罪日記 (徳間文庫)

一橋桐子(76)の犯罪日記 (徳間文庫)

原田ひ香
「刑務所から出ても、戻って来る人がいる」というニュースを私も見た。刑務所は冷暖…続きを読む
クジラアタマの王様 (新潮文庫)

クジラアタマの王様 (新潮文庫)

伊坂 幸太郎
製菓会社勤務の岸は、マシュマロに画鋲が混入した事故の対応に追われる。ところが事…続きを読む
はむ・はたる (光文社時代小説文庫)

はむ・はたる (光文社時代小説文庫)

西條 奈加
聡い方は題名は「ファム・ファタル」のことだとわかるだろう。しかし物語は、江戸の…続きを読む
八本目の槍 (新潮文庫)

八本目の槍 (新潮文庫)

今村 翔吾
竹馬の友という言葉がある。羽柴秀吉の元で育った八人の幼馴染たちがまさにそれだ。…続きを読む

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/01/18(4395日経過)
記録初日
2011/01/19(4394日経過)
読んだ本
2011冊(1日平均0.46冊)
読んだページ
647629ページ(1日平均147ページ)
感想・レビュー
2011件(投稿率100.0%)
本棚
12棚
性別
血液型
AB型
自己紹介

 活字中毒を自認する者であります。小学生の頃から図書室が好きで、20代までは、司馬遼太郎、松本清張、横溝正史、五木寛之などをむさぼるように読んでいました。この時期の読書は、ライフスタイルの形成にまで大きな影響を受けたように感じます。
 やがて気がつくと、興味を惹かれる作家の年齢が自分と同輩か年下になり、女性作家に傾いていきます。江國香織、森絵都、角田光代、小川洋子、梨木香歩などは出る本はたいてい読みます。彼女達の作品は、ファンタジー性のあるものからリアルに現在の日本の社会を描きだすものまで様々ですが、今の世の中を懸命に生きている人々の上を吹きわたる風を感じるのが爽快です。辻村深月、飛鳥井千砂、瀬尾まいこ、宮下奈都など、新しい人にも注目しています。歴史ものも好きですが、江戸時代ものよりも、古代、中世、戦国時代ものが好きです。

 前に最近あまり本屋で本を買わなくなったと書きましたが、最近再び本買いの虫が復活してきました。人生において、食品を除いてもっとも頻繁に購入するものは“本”ではないでしょうか。小さな軽い本が、遠い異国へも、過去へも未来へも、見知らぬ感情のうずまく世界へも連れて行ってくれる。何と素晴らしいことではないでしょうか。
 本以外にも、マンガオタク、映画オタク、怪獣オタク、アイドルオタク、歌謡曲オタクでもありました。しかし平成が進むにつれ、私が夢中になったモノたちは総じて懐かしい昭和と称されるようになりました。娘と息子が成長し、もはや彼らの時代であると実感します。二人ともディープに物事を追求すること、誰に似たのかなと苦笑いしつつ、ついていくことを諦めている自分がいます。

 年をとると何事も好き嫌いがはっきりしてきますね。それでも読書だけは冒険をして、今の空気を思いっきり吸って行きたいと思います。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう