読書メーターあなたの読書量を記録・管理

8月の読書メーターまとめ

すたんど(Showji)
読んだ本
8
読んだページ
1658ページ
感想・レビュー
8
ナイス
257ナイス

8月に読んだ本
8

8月のトップ感想・レビュー!

すたんど(Showji)
【1回目】読み終えてすぐ、もう一度最初から読み直したくなった、愛おしい12編の連作集。「登場人物」が、次の小編でも続けて出てくるリレーの構成が巧みで、特に◯◯って呼ばれているのは、そのうちの誰なんだろうというのが、強い関心を喚起していた。基本的には、「いい人」しか出てこないので、それを甘ったるいと感じる人もいるかもしれないが、私はこれでよいと思った。青山作品は2作目だが、継続して読んでみたい作家さんの一人となった。
が「ナイス!」と言っています。

8月のトップつぶやき!

すたんど(Showji)

しばらく以前から、ブクログさんを並行して利用しています。読書メーターにもブクログにも、それぞれ固有の良さがあって、二択ということはできませんでした。一気に移管ということはありえませんので、今後ともよろしくお願いいたします。

が「ナイス!」と言っています。

8月の感想・レビュー一覧
8

すたんど(Showji)
【1回目】スッタニパータ/涅槃経/ミリンダ王の問い/維摩経/阿弥陀経を手がかりにして、仏教思想と仏教史のエッセンスにアプローチしたもの。改めて、仏教を学んでみたくなった。各派に見られる共通項を、「智慧」と「慈悲」、「今・ここの自分に対して説かれている」との点に見出しているのはよいと思った。
が「ナイス!」と言っています。
すたんど(Showji)
【1回目】読み終えてすぐ、もう一度最初から読み直したくなった、愛おしい12編の連作集。「登場人物」が、次の小編でも続けて出てくるリレーの構成が巧みで、特に◯◯って呼ばれているのは、そのうちの誰なんだろうというのが、強い関心を喚起していた。基本的には、「いい人」しか出てこないので、それを甘ったるいと感じる人もいるかもしれないが、私はこれでよいと思った。青山作品は2作目だが、継続して読んでみたい作家さんの一人となった。
が「ナイス!」と言っています。
すたんど(Showji)
【1回目】数点まとめて買ったものの、長らく積んでおいたもの。もしかすると、読んでいたかもしれないが、記録がない。主人公は、部落出身の小学校教員。子どもたちにも慕われる、理想に燃えた青年である。身分を隠し通すことを強く希望していた父が死去すると、自問自答が激しくなる。やがて、彼を心良く思わない教員がその来歴を知ることとなり、父兄たちにも波紋が広がる。未だ克服できていないこの問題を考える際に、必ず参照したい古典的作品で、マンガ化は大成功だったと言えると思う。
が「ナイス!」と言っています。
すたんど(Showji)
【1回目】2010年受賞作の『日本辺境論』以来注目していたこの賞だが、電子書籍として刊行されていると知って入手。インタビューなどの記事で紹介されている書名と著者名とを中心に、全体を眺めた。既に積読本としているものもあるが、購読すべきものはないかをチェックした。このように、総合雑誌の記事を「切り売り」するのは、ありだと思う。
が「ナイス!」と言っています。
すたんど(Showji)
【1回目】16の文章作法を、「構成」と「表現」の観点から、2つに大別された12章の中で紹介している。そうした作法の適用の前後を比較検討することで、有効性を証明していると言えるのではないか。その「実例」部分については、ついつい駆け足で通ってしまったのだが、文章作法については、常時参照できるような形で転記しておきたいと思う。
が「ナイス!」と言っています。
すたんど(Showji)
【1回目】この重要な作品の存在を、知らずに過ごしていたことを不思議に感じた。番組で取り上がられることで目に止まったのは、幸いだったと思う。様々なキーワードが去来するが、ここで一つ挙げるなら「記憶」にしておこうか。つまり、人が「生きてきた」という事実に、どう向き合うのかということを問うているのではないかと感じている。戦争のような簡単には共有できない体験を、体験したがゆえに生きていけるのか、体験してもなお生きていけるのか。男性性がつきまとう「大きな物語」を突き抜けて語り、聴くということの試みがそこにあった。
が「ナイス!」と言っています。
すたんど(Showji)
【1回目】7月19日から8月9日にかけ、4回にわたってclubhouse内で実施した読書会のテキストとして購読したもの。16世紀のエリザベスとメアリー、2人の女王が「対立」していた時代に迷い込んだペネロピーと、それぞれの時代での人々との交流と生活を描いた作品。読む前には、波乱万丈な冒険譚なんだろうと思っていたが、むしろ静謐な作品だった。16世紀のサッカーズに生きるメアリーやアンソニーの運命を知りながら、それを変えられないことも受け入れつつ、ペネロピーは成長していったのだと思う。傑作。
が「ナイス!」と言っています。
すたんど(Showji)
【1回目】九州のある町に住む男女と近親者たちを中心にした、心温まる物語。自分と、他の誰かを大切にするとはどういうことなのかについて、考えてみたくなる。主人公は32歳の翼。巻頭の表題作の中で、翼は10歳近く離れているレモンと出会う。取り立てて奇抜な設定やドラマチックな展開があるわけでも、皆が皆、とてつもなく「やさしい」というわけでもない。しかしこの、心がほぐれていくような読後感は何に由来するものだろうか。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/04/03(2003日経過)
記録初日
2010/03/12(4217日経過)
読んだ本
728冊(1日平均0.17冊)
読んだページ
157909ページ(1日平均37ページ)
感想・レビュー
717件(投稿率98.5%)
本棚
39棚
血液型
B型
職業
その他
現住所
東京都
外部サイト
URL/ブログ
https://note.com/pinecone0023
自己紹介

★近日中に「自己紹介」を整理いたします(21/05/27)。
★アイコンをTwitterやDiscordなどと統一しました(20/01/22)。
★やたらとコミュを立てるのが悪い癖。現在稼働させているうちで中心的なコミュは以下の3つです。
・文春新書『生きた哲学』を精読する
・「100分de名著」を見る、読む、語る。
・若松英輔を読む。
★入門書、啓蒙書が好きです。なので、新書を読むことが多いです。
★感想・レビューは、「要約」にしかなってないこともありますが、できるだけ分量を多く書きたい人です。
★積読、いよいよ本を置く場所がなくなってきましたので、新しく入手する場合は、Kindleで買うことが多いです。
★双極性障害で精神障害3級の障害者手帳を持っています。
★以前、「荒らし」にあったことがあります。次は晒します。
★2016年3月まで使っていた旧アカウントにログインできましたので、データを随時移管しています。なので、表面上たくさん読んでいるように見えますが、それは古いデータです。コメントにその旨記載はしてあります。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう